1.構え

○力を抜いてバットを肩に

力を抜いた状態でバットを肩に載せ、10センチ程浮かす。(1)
この時バットを立てると余分な力が入り、始動が遅くなる。
左肩にあごを載せるようにする。(2)

2.ステップ

○始動は下から

左足のかかとを軽く浮かせて体重を右足に載せる。
左のつま先を投手方向にずらしてステップする(地面をこする感じ)。(3)
このとき大きくステップしたり、足をあげすぎるとバランスを崩す。
左膝を内側に締め込むと力が蓄えられる。(4)
この左膝の締め込みに耐えられるよう右膝が踏ん張らねばならない。(5)
このときテイクバックが行われるが、左膝の締め込みで自然に上半身が右に捻られるだけである。
テイクバックを大きくとると速球についていけない。

3.ひねり

○ポイントは右膝の締め込み

左膝の締め込みでトップ(テイクバック)が作られると今度は反対に左捻りが行われる。
これも上半身からではなく、下半身の右膝を捻り入れるようにする。(6)
そうすると、左膝も元へ戻る。
これによって、腰が捻られ、上半身が左回転する。
この時、右の肘が鋭く脇腹をえぐるように右脇を締められる。(7)
この時のバットは肩から降りてバッターボックスの線に平行となる。(8)
この時バットが体から大きく離れないように気をつける。
これによってインサイドアウトのインサイドが作られる。


4.インパクト
10 11

○鋭く最短距離で

これまでに蓄えられた力を一気に解放し、ボールにバットを当てる。
図7の状態から最短距離で手首を中心にバットを回転させ、腕を伸ばす。(9・10)
この時がインパクトである。
体重は左足にのるが、右足に残す必要がある。(11)
右膝は折り込み、左膝は伸ばす。(11)
右足がこのモデルでは斜めになっているが、垂直に立つと更によい。
左膝は低いボールを打つときやチェンジアップを打つときはやや曲がる。

5.フォロースルー
12 13 14 15

○大きく力強く

インサイドアウトのアウトを作る。
インパクトの時もそうであるが左半身で壁を作るようにする。(12)
左壁が崩れると体重が載らず腰が入らない。
右肩を中心にバットで大きく円を描くように振る。(12〜14)
手首を中心に回転させるとこねてしまうので注意。
構えの時には左肩の上にあったあごは、フォローの時には右肩の上にある。(15)


次へ        メイン