風不死岳の登山道は、樽前ヒュッテ・大沢ルート・北尾根コース・ロックサムルートとあり、その中で一番新しいコースです。一番最後のロックサムルートは、通常の登山ルートではありませので、登らないようにしたほうが賢明です。また、大沢ルートは経験者の動向が必要なルートですし、積雪期は雪崩の危険が大きいです。
 北尾根コース の入り口は、大沢登山口から100m少々西に有ります。入り口には鎖がかかっていて車で入ることはできません。登山道は、C450付近まで林道がありバイクで上がることができます。ここに「北尾根登山口」の看板があります。  
                                                                                                              010509
   

 ここからの登山道は、整備され、何合目の表示もあり、残雪期でも尾根筋を離れない限り迷うことはないと思います。国道から約2時間で東側の大沢から上がってくるコースと合流します。下山時安易にここから降りないで下さい。怪我のもとです。山頂はここから約20分ほどで到着しますが、今までの尾根歩きとは少々様相が変わり、岩も出てきますので、注意が必要です。
 
 大沢ルート
 との合流点
 大沢遠望→