この日は、夕張岳ヒュッテに泊まり夕張岳に登る予定でした。しかし、前線が北上し、明日の天候が芳しくないため急遽変更です。現地到着が昼頃になることからこの山に決めました。烏帽子岳まで行きたかったのでですが残念です。烏帽子岳まで行かなかったのは、時間だけの問題ではなく、大変なものが道ばたに有ったからです。
 この登山コースは、百松沢林道と烏帽林道を歩きますが、車で林道終点まで入っているようです。林道は一カ所を除き乗用車でも大丈夫のようです。      010702
 


 国道230号線を定山渓に向かい、黄金湯温泉を通過し左にカーブする。右手にわかりづらい林道入口を入ると百松橋があり、橋を渡りきると右手に入林者名簿を備える百松沢小屋がある。駐車場は、林道ゲートの手前に結構な広さである。
 林道ゲートは、どこにでもあるおにぎり型の鍵が付いていました。左側に登山者の踏み跡が付いていました。
 

 右手に砥山ダムを見ながら百松沢林道を約1300m進むと橋の手前に案内板があり、林道から離れ短絡路(右上写真は、短絡路出口)に入るが20分ほどで烏帽林道を進むこととなる。この林道を1100mほど進むと林道が終わり、ここが神威岳の登山口となっている。