恵庭岳は、標高1320mでハイキングとして登る山ではなく、登山として登る山です。今回のポロピナイコースは、登り210分・下り160分も有れば女性でも大丈夫でしょう。 
                000829
 


 恵庭岳は、山頂北西部分の落石危険と山頂部爆裂火口側の崩壊が進み、第二見晴台から先への登山を規制している。くれぐれもトラロープをくぐっての登山は控えましょう。
 恵庭岳の登山道は、他に滝沢(岩ルート)・西沢(経験者向)・北東尾根ルート(冬)とバリエーションが豊富ですが、これらは気軽に登れるコースでは有りません。必ず経験者との同行が必要です。
 

 
 砂防堤上にある結構な広場を横切るとしばらく林のコースとなり、ロープ場までに展望の有るところは上中写真の場所だけです。
 右上のロープ場はかなりの勾配になっていて沢山のロープが張ってありました。ここを過ぎると見晴台(右下)まではすぐです。
 下中の写真は、見晴台から見た噴煙の上がる爆裂火口と山頂です。下から眺めるとかなり上に見えますが、60分程度で山頂に着くと思います。
 
 


 左上の写真を見ると、どうやって頂上に登るのかなと悩む山頂岩頭部です。
 下りで旧登山道を間違って降りてしまい、出たところがが危険すぎて降りられませんでした。結局引き返して現在の道を下りました。
 山頂付近は岩場となり、危険性があります。オコタンペ湖を右手にして、突起部を一周すると頂上に出ますが、十分気をつけてください。小学生には無理な山と考えて下さい。
  右上は山頂付近を登山道から見上げたところですが、ほぼ垂直で、落石が有ったら逃げられません。