苫小牧水道水源流
 

 

 
 苫小牧市の水道は、東側を幌内川と勇払川を源流にする高丘浄水場が、西側を錦多峰川を源流にする錦多峰浄水場が受け持っている。
 高丘浄水場は、「緩速ろ過方式」でろ過池の砂表面に繁殖する微生物の力を利用して水をきれいにする方法で、ろ過自体にはほとんど労力がかからないが、維持のために多大な労力と費用がかかる。また、施設面積も多く必要。
 錦多峰浄水場は、「急速ろ過方式」で薬品の力を利用して水をきれいにする方法で、施設面積が少なくて済み、施設の維持にあま
り労力は必要としないが、浄化するためには凝集剤を加える必要があり、水温やpH等で注入量も加減しなければならない。
 今回は、苫小牧水道水の中でも自然に近い水を供給している高丘浄水場の源流(勇払川)をボーイスカウト苫小牧第2団のカブスカウトとビーバースカウト総勢26人が探検をしてきた。
 高丘浄水場の水源は、高丘の地下水・北大演習林を流れる幌内川・苫小牧市字丸山付近を源流にしている勇払川から供給され、この三種類をブレンドして美味しい水を市民に提供している。
 高丘浄水場は勇払川から大きく離れているが、Cの勇振取水場から導水管によりDの高丘浄水場にポンプアップされている。
 この勇払川には、三つの滝(上図@七条大滝 A丸山遠見の滝 B勇振の滝)があり、時間が有ったら探検してみるとよい。
 


 今回の探検は、樽前国道の丸山から源流1を目指した。二回の下見をしたが、残雪が多く雪原を利用してのアタックは、時間がかかるので川床を利用しての遡行となった。
 参加は、幼稚園年中から小学5年までの21人と大人5人の合計26人。
 川床は岩盤のためすべることがあるためストックを利用し、浅いところを歩くように注意をしたが・・・・・・・