翠明橋から湖畔に向かって約300mの所に右に鋭角に曲がった未舗装の道があり、ここから約6.2Km先に「支笏ようぎの森」が有る。未舗装の道に入ると300mで最初の営林署のゲートがあり、ここから1.7Km先に恵庭営林署との境にもゲートがある。
 さらに3.2Km進むと本線をはずれる右折の道にもゲートがあり、このゲートを越え1Km行ったところが「支笏ようぎの森」の杭がある。この杭の左側に滝の入口が有るが、なかなか見つけずらい。
  トリップメーターと道路の形状をもとに判断するしかなく、入口を間違うと崖の上に出て滝壺までは降りられない。入口らしいのは10mほどで、この先道はない。とりあえず最短距離で川に降りるのが一番と思うが、これから先は行くことを推奨できかねる。熊に会っても当たりまえ。なお、危険な崖を降りなければならず、さらにその先にも危険が潜んでいた。ちなみに、私は臑に負傷をしました。滝そのものは、さすがに人の来ないとこ?行けない所に有るせいか汚れのない秘境の滝です。滝の名前は不明です。近くにあった天理教の杭から付けたものです。  000625


   翠明橋近くから入る林道の入口から6.2Kmの所に「支笏ようぎの森」の杭がある。この杭の左側に滝の入口が有るが、なかなか見つけずらい。
 トリップメーターと道路の形状をもとに判断するしかなく、入口を間違うと崖の上に出て滝壺までは降りられない。
   入口らしいのは10mほどで、この先道はない。とりあえず最短距離で川に降りるのが一番と思うが、これから先は行くことを推奨できかねる。
 


 滝に行くには、上の崖を降りなければならないがここが近いところでは一番安全と思われた。しかし、ロープを使わずに降りるのはとても危険です。