丸山遠見の滝は、勇払川に有る3つの滝のうち唯一国土地理院の5万分の1に記載されている滝です。
 入口の表示は無く、国道276号線の丸山T字路から2250m、同じ国道の口無沼入口の看板から1kmの所を国道を横断するように丸山9号線林道が通っている。この林道をP214から東に入る 。
 この道はサイクリングロードと交差し 終点の駐車場までは約950mとゲートがなければここまで車で入る事ができる。駐車場は広く、円を描いて方向転換できる十分な広さを持っている。滝へ行く には、スイッチバックするように細めのはっきりとした道へと入っていく事になる。道が狭くなり適度な下りを進むと勇払川の支流が見え、3回の 渡小渉で滝の右側に出る。そこには「丸山遠見の滝」と書かれた鉄板の看板が有った。
 ここまで国道から約1650mで、歩いて30分ほどで着く。 自転車でサイクリングロードから入る場合は、サイクリングロードと平行して設置されている「王子特設電話41」の電柱から入る。この辺はさほど熊の心配は無いが、北海道の山なのでホイッスルを吹きながらどうぞ。駐車時用までは自転車で苦労なく行けるので、サイクリングの時は挑戦を!

                                                                                                                             20000625-20040518-20040522
 

00kanban.jpg (4149 バイト)








途中に有った看板

 


国道入口

 


サイクリングロードからの入口

 


 黄色線は国道から駐車場へ。赤線は駐車場から滝への入口です。
 
 細い道に入り、しばらくすると勇払川の支流が見えてくる。川との交点で道が無くなり、川の中を上流へ進むとまた道が有る。  このように川の中を3回渡ると左手に滝が見え、川の流れも激しくなってくる。