樽前山の伏流水を集めた勇払川には3つの滝があるそうです。
 その中でも七条大滝は、苫小牧市と千歳市との境界近い丸山地区の国有林にあって、高さ16m、滝幅2.3m、推量は12500立方mと大きいものです。
 滝の名前は、近くにある「南七条林道」にちなんで1980年営林署の職員が名付けたものらしい。
 この滝を落ちた清流は、下流で取水され おいしい苫小牧市の水道水として、市民に親しまれている。   
001026
 
   
 
 国道276号線からの入口(左写真)は直ぐわかりますが、自転車専用道路を横断し ますので、十分注意が必要です。
 滝への入口は、国道から第1縦断林道を2.7km進むと左手から北5条林道と出会う。この三叉路から100mほど第1縦断林道を進み右手を探して下さい。入口を見つけると後は道なりに遊歩道が 滝まで続いています。この道には左下の看板があり、ここから木製の階段がついています。
 木の階段を下り始めると目の前に思った以上の光景が広がります。