美笛の滝に行くには、支笏湖畔を離れ美笛峠の坂にさしかかる手前に大きな駐車場があり、そこから約0.5Km行くと入り口に環境庁が立てた案内看板がある。途中右手の旧千歳鉱山鉱さい堆積場横を抜け、しばらく行くと二股になる。
 左は下川鉱業(株)千歳事業所(今でも金を掘っているのではないでしょうか?昔は金の含有率が日本一だったように記憶しています。)。
 左へ行くとモンルウン美笛川の橋を渡り滝のための駐車場に出る。ここまで国道から1.6Km。

 

 滝はここから歩いて約15分。緩やかな登りで、駐車場からいくらも行かないところで先ほどと同じモンルウン美笛川を渡り、幾本かの沢水をまたぐと滝の姿が見えてくる。
 さして熊の心配もいらないような気がする。しかし、北海道の山の中・・・・。   000618
 


 この滝は、観光ガイドにも載っています。
 元々千歳鉱山が有って、日本最高の金含有量を誇っていたときはかなり有名になったものと思います。
 今も金鉱山として下川鉱業(株)千歳事業所が細々と採掘しているものと思いますが、詳細は不明です。
 途中川を渡りますが長靴はいりません。どなたか川を渡るための手段を手助けしているようです。途中幾つかの湧水の流れを渡りますが、そのまま本流の流れを見るのも見応えが有ると思います。