mark2.gif (525 バイト)  簡単なアイスホッケー用語集(ハ〜ン)  

バー 2本のゴールポストの頂点にわたされた横棒のこと。ゴールポスト同様に赤く塗られている。
バックパス 後ろへのパス。
バッティングシュート スラップショットの俗称。
バットエンディング スティックの柄の端で相手をついたり、こずいたりすること。マイナーペナルティ。ゴールクリーズ内のゴールキーパーにこれを行った場合は、メジャーペナルティ。
パワーオフェンス チームのうち、ゴールキーパーを除く5人がすべて攻撃する強攻法。5人攻撃、ファイブメンアタック、パワープレーなどともいわれている。
パワーショット スピードとパワーのあるスナップショットまたはスラップショットのこと。
ハンドリング パックを手であつかうこと。空中にあるパックを手でたたき落としたり、氷上のパックを手で押すことは反則ではないが、ゴールキーパー以外のプレーヤがパックの上に手を伏せたり、ゴールキーパーがパックを3秒以上持つことは反則である。これはマイナーペナルティが科せられる。
ヒップチェッキング パックキャリアに対し腰を中心に体当たりするチェック。
ピリオド 競技時間の単位。1ゲームは20分のピリオド3つからなる。各ピリオドには15分の休憩時間がある。
ヒールガード スケートのブレード後ろ端に装着する危険予防防具。これを付けなければならない。
ファイブメンアタック 5人攻撃。パワーオフェンスともいう。
フォアチェッキング 攻撃が成功せず相手にパックを取られたとき、すぐに自陣にもどらず敵陣でなおチェックをつづけ、相手に反撃のチャンスを与えないこと。
フォーリングオンザパック ゴールキーパー以外のプレーヤーが、故意にパックの上に倒れたり、倒れているときにパックを体の下に入れたりすること。マイナーペナルティ。パックがゴールクリーズ内に有るときに、ゴールキーパー以外のプレーヤーがこれを行うとペナルティショットが科される。
フォロー 攻撃側のプレーヤがパックやパックキャリアに後ろからついていくこと、またはデフェンスのプレーヤーが攻撃側をマークしていくこと。
フッキング スティックで相手を引っかけて妨害すること。マイナーペナルティ。相手が負傷すればメジャーペナルティ。
フライングショット パックが空中を飛ぶショット。スライディングショットと反対である。
ブレード スティックの先の曲がった部分の呼称、または、スケートの直接氷に接触する鋼の部分。
ポークチェッキング スティックを突き刺すようにして相手のパックを阻むこと。
ボディチェック パックキャリアに対し、胸・肩・腰などで体当たりして攻撃を防ぐこと。2歩以内の助走なら認められるがそれ以上は反則。
ボード リンクを囲むフェンスのこと。氷面からは1.22m以下、1.2m以上の高さでなければならない。
ホールディング 手やスティックで相手を押さえつけること。マイナーペナルティ。
ライトウィング 3人のフォワードのうち右翼に位置するプレーヤー。
ライトディフェンス 2人のディフェンスのうち右側のプレーヤー。
ラインズマン 普通ゲームは2人のレフェリーで行われるが、時には1人のレフェリーと2人のラインズマンによっても行われる。ラインズマンの任務は、ブルーライン、センターラインでのオフサイド、およびアイシングザパックを判定するのが主なものである。
レックガード すねを保護する用具。すねあてのこと。ゴールキーパー以外はストッキングの下に着用する。
レフトウィング 3人のフォワードのうち左翼のプレーヤー。
レフトディフェンス 2人のディフェンスのうち左側に位置するプレーヤー。