これは、ELECOMのFixell-HG(500M)とIOのHDVS-2G/98VPの外付けSCSIのハードディスクです。これから分解してみようと思います。もったいないですけれども。
 
とりあえず、IOの2Gのハードの分解です。なぜ500Mをやらないのかって。
それは、このハードディスクはクラッシュしているからです。
これは、単純に12Vの電源
供給とPower.Accessランプ
のための基板です。
 
IDEのハードディスクとSCSIの基
板の部分を分解したところです。
さすがにadaptecでね。こんな
ところでadaptecのSCSI用チ
ップに会えるとは思いません
でした。
IDEのハードディスクは、このごろ見なくなったNEC製でした。めずらしいと言ったら怒られますね。この間ジャンパーピンがいっぱい付いた20Gのを見ましたから。