ふるさと探訪41から苫小牧


  ふるさと苫小牧をなかなか見ることのできない高いところから撮った写真を掲載してあります。
 苫小牧(とまこまい)の由来は、アイヌ語のトマコマナイ ( to mak oma nay ) 「沼の奥にある川」の意よる。

 苫小牧の歴史としては、1873年 勇払郡開拓使出張所を苫細(苫小牧)に移転させる(これが苫小牧市の開基)。• 1874年 苫細を苫小牧と改名する 。 1889年 苫小牧村に、苫小牧外15ケ村戸長役場が設置される 。 1902年 2級町村制を施行し、樽前(たるまえ)、覚生(おぼっぷ)、錦多峰(にしたっぷ)、小糸魚(こいとい)、苫小牧、勇払、植苗の各村を合わせて、苫小牧村とする。 1918年 2級町村制のままで町制施行 。 1919年 1級町村制施行 。 1948年 4月1日市制施行。• 1973年 開基100年

ライオンズマンション付近からの展望
(大町1丁目6番   2002年9月)

住吉町2丁目からの展望
(住吉町2丁目6番   2002年9月)

住吉町2丁目からの展望
(住吉町2丁目6番   2004年1月)

市役所付近からの展望
(旭町4丁目5号   2004年1月)

 宇部三菱セメント付近からの展望
(入舟町2丁目5番   2005年1月)

新富町1丁目からの展望
(新富町1丁目3番   2005年1月)

北星寮付近からの展望
(表町4丁目1番   2005年4月)

陽だまりの樹付近からの展望
(元中野町2丁目3番   2005年4月)

樽前山神社付近からの展望
(高丘6番地   2005年4月)

苫小牧高専付近からの展望
(錦岡443  2005年5月)