バギオのマーケットにて(2001.5)

製作ドキュメント

撮影は、2001年の4月から6月にかけて行われました。5月3日と4日の2日間、撮影隊の動きを追ってみました。

5月3日(水曜日)

クランクインしてから約2週間が経過していた5月3日、トゥエルの山の村からおりて来たばかりの撮影隊は、おびただしい人々の往来で賑わうコルディレラ最大の町バギオでの撮影に取りかかっていた。

午前中は、バギオの小学校で撮影。 夏休み中にも関わらず、エキストラの子どもたちがやってきた。
撮影を終わってお昼のお弁当をもらう子どもたち。 午後の撮影にむけて打ち合わせをする監督と助監督、カメラマン。後ろの建物にプロダクションオフィスがある。
夕方バギオの町の中心部にあるマーケットへやってきた。 バギオ周辺から集まってくる山積みのトロピカルフルーツも撮影。
買い物客の多い夕方、撮影現場は黒山の人だかりになった。
一日の撮影が終わってほっと一息。この日大活躍した子役キャストたちが事務所で夕食を取る。

5月4日(木曜日)

5月4日は、主演のジョエル・トレが初めて撮影現場に合流した。撮影隊はドリームランドと呼ばれるバギオ郊外の丘陵へ移動。朝から暗くなるまで7つのシーンが撮影された。
朝、事務所で衣装のチェック ドリームランドに移動し、機材の搬入する
お昼頃。真っ青な空が大きく広がっていたのに・・
カメラのセッティング場所の検討
夕立ちがやってきた。
キャストもスタッフもセットの小さな家で、雨が止むのをじっと待った。
そして、撮影は夜になっても続けられたのだった。
雨があがって、再び撮影開始。夕日の沈むバギオの町が美しい
 お問い合わせ:「アボン/小さい家」