はじめのページに戻ります
せまりくる〜
妖怪道中三国志 四「幻影の町から大脱出」

蒼太たちは、「赤壁の戦い」を起こして歴史を守るため、孔明・張飛とともに旅を続ける。通りかかった町が「死者の暮らす町」だと知った一行は、
馬面鬼や鬼卒たちに追われることに。そんなとき、張飛の体が半分「死体」化…!?
動けない張飛を抱えて、蒼太たちは、町から脱出することができるのか…?(あかね書房HPより)

はじめての真っ黒ベースの表紙です。インパクト出せたでしょうか。
角のはえた仮面は、「鬼卒」のかぶる面です。中国芸能の「変面」や雑技団の化粧などのデザインを参考にしました。
日本にはないデザインセンスで、描いてみるとあらためて面白かったです。

本文イラスト

前のページへトップページへ拍手を送る