はじめのページに戻ります
ラブ魔女ララとおかしの国
ラブ魔女ララとおかしの国のプリンセス


魔法が使えたらいいなと願っていたララは、ある日ふしぎな魔女の人形に、ラブ魔女になることを命じられました。
ラブ魔女の究極の魔法は、グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』にでてくる、おかしの家に住む魔女を救うこと。
そして、ララはオーク魔女の力によって、『おかしの家の魔女物語』という本の中へ……。(PHP研究所こどもブックランドのページより)

かわいい、でも、甘くない!おはなし。
舞台も設定もファンタジックでファンシーで、ものがたりのことばもとても可愛らしい感じなのですけど、
むかしの童話がちょっとびっくりする要素(シンデレラの復讐とか…)をそなえているみたいに、
夢の世界のまんまじゃありません。そこがすごくすてきで惹かれます。

自分もみんなも痛まないようにするためには、どうだったらいいのか
ふわふわと感じるままに幸せだったり、うまいこと都合がついていったりすることじゃあないのです。
とってもおとなっぽいお話。すてきな女の子になってね、という藤先生のことばが聞こえてくるみたいです。


のプリンセスたち
こちらは背表紙。
今回背景の壁紙みたいなのもつくりました。わたしのなかの可愛いはこんなかん…じ!
作業中はお菓子の写真をいっぱい見ていたので、ついついおやつが増えてしまいました。


前のページへトップページへ拍手を送る