屋根裏部屋SE > 液晶ディスプレイ(LCD)の傷・汚れの修復法

<トップページに戻る>



液晶ディスプレイ(LCD)の傷・汚れを修復してみる
Wrote:2010/08/23  K2000
くれぐれも自己責任でお願い致します。
何らかの問題が発生しても当方は一切の責任を負わないものと致します。

液晶ディスプレイに取れない汚れが・・・

 私としたことが、レジンキャストの合成前の液缶を液晶ディスプレイのそばで開けてしまい、
 中身が僅かに吹き出してしまいました。(吹き出したことに気付かないくらい小さい)

 これ、実は凝固剤を混ぜなくても、時間が経てば嫌になるくらい強烈な痕を残すので
 レジンキャストの利用は、混ぜる前もじゅうぶんな注意が必要なのですが、
 いやー痛いミスです。

 ▼ 飛散に気付いて拭いたら、伸びてエライことに・・・。
 

 この液晶ディスプレイはIO・DATA製の24インチで、結構大事に使ってきたので傷は無いのですが
 いかんせん、飛散したレジンキャスト溶液の片割れを拭いた痕がしっかりと残ってしまっているので
 気になるったらありません。

 OFFの状態でもじゅうぶん目立つ汚れですが、悲惨なことに有色レジンなので光の透過を妨げ、
 ONの状態の時は汚れの部分が暗くなるんです。

 色々試しましたよ。 水、中性洗剤、アルコール系も全滅。
 指で触れても感触がまるで無いので、液晶ディスプレイの表面に
 癒着してしまってると考える方が正解かもしれません。



 とにかく、画像処理を扱うことも多いので、この状況は致命的です。
 この汚れをなんとかしたい。

 ネットで調べてみると、大半の答えが「修復なんて無理に決まってるだろボケ」的なものばかり。
 LCDパネル交換しろ、買い換えろ、我慢しろ、事前にフィルム貼っとけクズ、みたいな。

 最近のLCDは本当に安いし、買い換えるのはそりゃ簡単ですが(LEDバックライトのに替えたいし)、
 ただ、どうせ買い換えるなら、捨てる覚悟で修復できるか試してみるのも悪くない。

 ということで、いつもの人柱いってみます。

 あ、必ず自己責任で行ってください。
 いかなる損害も私は負うわけありません。
 



修復開始

 まず言っておきますが、この方法は液晶ディスプレイの本来の効果や機能を
 ダメにしてしまう可能性があります。

 たとえば表面に低反射加工が施されているとか(まあ殆どそうでしょうけど・・・)
 そういった場合は、間違いなくその機能を失います。

 だって、これから液晶ディスプレイの表面を「削る」んだから。



 なにはともあれ、鏡面用の液状コンパウンドで ディスプレイ全体を均等に 拭きます。
 汚れや傷が目立たなくなるまで地道に続けます。

 

 なかなか頑固で、20分くらいかかりました。
 あとは綺麗な布で乾拭きや、水で絞った雑巾などで
 表面を綺麗に拭き取って終わり。

 さて、どうでしょう。

 

 ほら。 小傷も酷い汚れもなくなり、綺麗な表面に戻りました。
 ただ――。

 

 まあ、やる前から当然わかってたことですが、反射率が若干上がってます。
 見る角度によっては、まるで鏡のようにツルッと――。
 鏡面仕上げ用のコンパウンドですから当然ですけど(^_^;

 ただ、想像していたほど低反射機能は失ってはいないな、というのが、もう一つの感想。
 どうしても気になるなら、こういった低反射機能をもつ液晶保護フィルムを貼れば済んじゃう話なので
 (というか、これ本当にイイかも。 光沢仕様の低反射LCDに早変わりやん!)



 それと、もう1点。

 なんか、研磨前と比べてディスプレイ表面の黒さが増してる気がするんだけど・・・。
 試しにPCと接続して映しても、やはり黒レベルが上がっているような気が――もしかして表面を研磨した関係で、内外から乱反射する要素がなくなったせいか? とにかく黒が綺麗。 明暗の差が以前よりも増してる。

 

 なにはともあれ、作業完了ということで。
 おかげさまで、元通り使うことができるようになりました。
 低反射機能の低下も、正直こうして使ってると全然気になりません。

 いやー儲けた。
 やってみるもんですなw



 2013/03/05追記。

 ちなみに、この時に使用したコンパウンドは自動車用の鏡面コンパウンドなのですが、
 最近、また傷が付いて(屋内ヘリのプロペラがヒット!w)、試したのがこちら。

 

 

 ピカールのグラスターポリッシュ。 ガラス製品にも使用できる研磨剤です。
 普通のホームセンターで298円なり。

 自動車用のコンパウンドではなかなか落ちませんでしたが、
 これで磨いたら、一瞬でプロペラによる引っ掻き傷が消えてしまいました。
 車体用コンパウンドよりも研磨剤の量が多いのかもしれません。(含有率10%)
 わずか2〜3分で綺麗な表面に元通り。

 こいつの注意点は、研磨が終わったあと、ディスプレイの枠など縁部分は
 しっかり拭かないと、固形物化した研磨剤が隙間に白く残ります。


 もうキズ、いくらでも来やがれって感じです。
 電気的に映らなくなるまでずっと使えるやんディスプレイ。
 



<トップページに戻る>

データの無断転載/無断使用を禁じます