特集など


田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@大阪の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@福島の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@京都の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@浜松の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@札幌の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@岡山の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@神戸の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@東京公演(2日目)の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@東京公演(1日目)の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@名古屋公演(1日目)の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@栃木公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@川口公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@広島公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@仙台公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@新潟公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@福岡公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@熊本公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@松本公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@金沢公演の模様
田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*@静岡公演の模様


09月15日(水曜日)


本日未明、新しいiPhone、iPhone 13が発表されました。

私の使っているiPhoneは3年前に購入した「8」。
「X」が発表され、Face IDが搭載されたのを見て8に変えた人です。

iPhoneでやることと言えばSNSの閲覧、ゲーム、音楽。たまに(食べ物か仕事の)写真撮影といったところ。
なので8でも不満はありませんでした。つい最近まで。

なんか落ちるようになったのは先月辺りから。
バッテリーの残容量:50%くらいから急に電源が落ちるようになりました。今ではその症状は更に進行し、60%は危険領域です。

何かしら変えることは確定。
新機種には少なからずの期待がありました・・・が。

Lightning維持はどうでもいい。Face ID認証もまあ許そう。
ただマスク着用に対応してないのはどういうことか。
今のご時世だけでなく冬は予防のためマスクを着用しているので、対応は必須事項なんです。

かなり落胆し、SEに手を出しました。(^^;;
256GBモデルが生産終了らしく、早めに動いた方が吉と判断しましたが、どうなることやら。

これであと2年は保ちますが、その間にマスク対応しなければiPhoneから離れることも・・・

声帯摘出者に“自分のAIボイス”を無料提供 「CoeFont」運営が支援策

『ガンダム』7年ぶりとなる新作テレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が2022年に放映決定! 映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』など3作品が2022年に展開

福岡に実物大「νガンダム」立像、22年春公開

タニタ「サイトつながりにくかった」と謝罪 「アイマス全キャラ190モデルの歩数計」にアクセス殺到

TVアニメ『異世界食堂2』舞台挨拶付き先行上映会に諏訪部順一・上坂すみれ・大西沙織・安野希世乃・東山奈央が登壇


09月12日(日曜日)


今日は堀江由衣さんのファンクラブイベント「黒ネコ集会 Vol.20 消えた黒ネコ2〜借りてきたネコ〜」に参加しました。

ファンクラブイベントは年にそう何回もあるわけではありませんが、ナンバリングとして「20」は積み重ねてきた年月を感じさせます。
ちなみにタイトルが「2」となっていますが、Vol.10で「消えた黒ネコ」というイベントをやっていて、その続きではないかと想像できます。

で、今回のイベントはご時世を反映して配信も行っています。
なのでレポを起こす必要も無いかもしれませんが、後の自分に「参加したよ」と言わせるため、一応書いておくことにしました。
自分の粗が分かると思います。ああ恥ずかしい・・・

---
日時:2021年09月12日(日曜日)17:45〜20:33
タイトル:黒ネコ集会 Vol.20 消えた黒ネコ2〜借りてきたネコ〜
場所:LINE CUBE SHIBUYA
内容:ファンクラブイベント

入場は身分チェックと体温測定。1人ずつ厳密に行います。
入場時にはスイッチを押すと声の出るグッズを自分で取ります。細かいけどきちんとしてます。
このグッズ、「ハイッ!」とボタンに書いていて、ほっちゃんやミス・モノクローム、エコーちゃんからクマスター、果てはDJ Zの声まで登録されています。(^^;;

座席はフル座席。
ステージには全面にLED?のスクリーンがあり、今公演の諸注意が表示されていました。さすが新しい会場。
そして会場の何処にもエイプリル男爵はいませんでした。

ステージが暗くなって出てきたのはエコーちゃん。
でもいつもと様子が違います。酒瓶を持って、目が据わっています。(^^;;

なんでも「仕事無いんだもん。無職。」とかなりやさぐれています。
声を出さない応援をすること、と念押しし、最後に「何でもいいから」と客席と乾杯します。どうやら「声が出なくなる薬」を飲まされたようです。
ということで、今日の“劇団堀江”は「声を奪われた人の役」ということになりました。

そしてステージ中央からほっちゃんが登場。黄色のドレス姿です。

「ラララ愛の歌」
「The♡World's♡End」
「バニラソルト」

3曲歌って、ここまではいつもの黒ネコ集会。
拍手の中、挨拶に。

堀江「昨年は出来ませんでしたが、年に1回って感じでもないですし。1年に2回あったし。(^^;;
 2年振りってことで・・・ですよね?おっきく「○」か「×」かしてください。(^^;;」

客席とのコミュニケーションには苦戦しているようです。

「(声が出せない)代わりといってはなんですが・・・」とグッズ紹介。
特にプレート型ライトは「この色合いはク○ーミーマミちゃんを思い出して。17歳ですが。(^^;;」(堀江)

さて次の曲へ・・・と、Vol.10で出演した喋るお花ちゃんたちが登場。
昔話や童話から色々なものが盗まれたようです。なのでほっちゃんに物語の中に入って取り戻して欲しい、とのこと。
ここでほっちゃんもエイプリル男爵がいないことを発見。
ほっちゃんはエイプリル男爵および盗まれたものを探すことになりました。

「浦島太郎」

1つ目の世界は「浦島太郎」。ここでは“玉手箱”が無くなって、乙姫が探しているとのこと。
竜宮城が混乱しているので、ほっちゃんには乙姫の代わりに宴を盛り上げてもらいます。
ここに登場するは“クマスターダンサーズ”。青・ピンク・青の3体です。(麻雀の面子ですね)
客席からも宴を盛り上げて欲しいと振り付けを練習します。

「秘密〜プロローグ〜」
「光の海へ」

乙姫役となったことに感動するほっちゃん。和テイストのドレス姿です。
脳内に響く「回ってー」に応えて回ります。「可愛い」「みんなの方が可愛いよ」まで聞こえたようです。(^^;;

「day by day」

ここでは歌詞に合わせて傘を持って踊ります。
ところが宴の客(ここにもクマスター)には不評で「前の乙姫はもっとダンスできたぞ」と言われてしまいます。
「傘、重かったんだからね。」(堀江)

「キミイロ」
「星空に願いを」

踊りは「キミイロ」でした。これは記憶に新しいです。
宴の客は踊り疲れて寝ちゃったようです。と、亀に感謝され、“重箱”をいただきます。
竜宮城、亀、重箱とくれば・・・「もしかして・・・海鮮丼!あとで食べる!」と意気揚々なほっちゃん。次の世界に向かいます。

「不思議の国のアリス」

ここで無くなっているものは“ティーセットとお菓子”。これではお茶会が開けません。
再び出てくるクマスターダンサーズ。「分かったら踊ってくださいー」。

「マッシュルームマーチ」

ほっちゃんは青のアリスで登場。よく似合ってます。また、アリスと言えばこの曲が思い浮かびます。
と、帽子屋が困っています。「どうしたの。聞かせてよ。」と歌詞に合わせて次の曲に。

「Get up and Go」

すると、ほっちゃんがお菓子を盗んだ犯人に?!
即座に裁判が行われ、ほっちゃんは「17歳卒業の刑」に。「逃げるしかないー!」(堀江)

「ミステリー・・・」

曲の間はあっちこっちと逃げ回ります。
曲が終わる頃には弁明して、誤解がやっと解けます。

誤解が解けたところで、ほっちゃんは前の世界で貰った“海鮮丼”を振る舞うことに。
慎重に箱を開けると・・・海鮮丼でした!(^^;;
お茶会から海鮮丼パーティーに早変わりです。

「Secret Garden」

踊りはここでした。お盆やデッキブラシの印象がありますが、今日は海鮮丼。
お礼に“小さくなる薬”を貰います。そして次の世界に。

「人魚姫」

お花ちゃんたちに寄ると、他の世界でも色々な物が無くなっている模様です。
桃太郎の“桃”、シンデレラの“ガラスの靴”、ジャックと豆の木の“豆”、赤ずきんの“カゴ”、etc。
さてほっちゃんの役割は「ワカメ」。緑色の全身タイツです。
「そんなの嫌だ!私も人魚姫になりたい!」と人魚姫になるほっちゃん。この世界では人魚姫が2人に!?衣装は貝殻?!(こっちの方が気になる)

「スコールクロール」

貝殻ではありませんでした。残念←
さて人魚姫と遭遇するほっちゃん。“人魚を人間にする薬”が無くなったようです。

でも「人魚姫」の話の顛末を思い出すほっちゃん。
予め王子様のところに行き・・・「あーアイツダメ。他に女いるわ。」(堀江)と人魚姫に伝えます。
とても凹む人魚姫。「きっとよっぽど好きだったんだろうな・・・」(堀江)

「秘密〜君を見てた〜」

人魚姫を慰めるほっちゃんですが、何らかの薬を持っていることを気付かれます。
「あー!それは・・・」とほっちゃんの静止を聞かず薬を飲むと・・・結果にコミットする音楽が流れ、スリムになっていました!
ダイエットの薬だった!それなら私が飲めば良かった・・・」(堀江)

「Happy End」

ここでほっちゃんにお花ちゃんたちから緊急連絡が入ります。
物語がグチャグチャになって、出番の無くなった悪役が暴れているとのこと。「戦って!」
そして襲われるほっちゃん。何も持っていないほっちゃんは為す術無く倒れます。

堀江「私・・・ライブ中なのに・・・また・・・斬られた・・・」

「Adieu」

何とか立ち上がるほっちゃん。助太刀に人魚姫がやって来ます。(意外と強い)
すると頭上から光が降ってきて・・・ほっちゃんの手に緑色に光る剣が!

「ヒカリ」

ヒカリの舞によって悪者は無事に成敗できました。
ちなみにこの剣は“ヒカリの剣”ではなく、ライト○ーバーとのこと。「ヒカリの剣、倉庫にも無いらしい・・・」(堀江)
権利的に厄介な剣は“ぽい”します。(何かの伏線になりそうな予感・・・)

ここでエイプリル男爵が姿を現します。
黒ネコ集会 Vol.20に合わせてイベントのロゴを集めてくれていたとのこと。そう言えば見覚えのあるものばかり・・・??

「Puzzle」

ともあれこれにて大団円。ほっちゃんは元の世界に帰ります。
そしてエンディングロール。エイプリル男爵のロゴ集めの様子が流れます。
全部を持ってきたわけでは無く、ライトセー○ーは権利的に危ないから途中で落とした(それをほっちゃんが拾った)、声の出なくなる薬はエコーちゃんが回収した、等々。
これにて本編終了!

で、ぬるっとほっちゃんが登場します。

堀江「はーい。ということでみなさん、今回の黒ネコ集会いかがでしたでしょうか?
 この中にVol.10の時にいたって人いる?・・・あー、結構いますね。
 急に花が喋ってビックリしたと思うんですけど。」

堀江「20回目・・・10回目がそうだったから、そのパロディーにしようと。
 私、長い“天丼”好きじゃないですか。(^^;; だから続編を作ればと思い、こういう形になりました。」

堀江「今日声が出せないライブということで、劇団堀江って色々やってもらうことが多いじゃないですか。
 普通の(ファンクラブ)イベントでも「太鼓叩いて」とかあるじゃないですか。
 ということで「“声の出せない役”にしよう」となりました。」

堀江「(イベントの内容は)分かりました?
 エコーちゃんが「乾杯!」って言って飲ませたあの薬、人魚は人間になって声が出なくなるんですけど、人間が飲んでも声が出ないだけ。(^^;;
 それぞれがお家に帰る頃には戻るので。(^^;;」

堀江「エイプリル男爵はロゴを飾るもの、若しくは金目のものを集めてくれた。
 伏線があるようなお話になってました。
 曲調も・・・“通”じゃないですか。(^^;; ファンクラブイベントでしか出せない選曲かなと。
 シングルが殆ど無いという。」

堀江「いつもなら「ハイ!ハイ!」とか「一番好きだよ!」とか。(^^;;
 今回はそういうのが入らないものにしようと。
 あとシーンに合う曲にしようと。“海”が2つもあるんですよ。私、そんなに海推しでも無いですし。(^^;;
 「光の海へ」で「よし、行ける!」と。」

堀江「アリスは「マッシュルームマーチ」で登場して、疑惑として「Get up and Go」。あの曲って潜入するとか逃げるとかのイメージが。
 「ミステリー・・・」の追っかけっこは見てる方はそうでも無いと思いますが、めちゃくちゃキツいからね。
 あと「Secret Garden」。(客席は)よく踊ってくれましたね。」

堀江「人魚姫はどうしようかと。「スコールクロール」を見つけたときは痺れましたね。(^^;;
 ピンクマちゃんを連想しますが、失恋曲として「秘密〜君を見てた〜」を。」

堀江「そして謎の敵に斬られ「Adieu」。
 1回斬られたけど、でも負けない!と。分かりましたかね。あのヒカリの剣は2〜3,000円なので、お買い求めいただいて楽しんでいただければと。(^^;;」

堀江「はい、ということで海の世界のエンディングとして「Puzzle」。
 今回盛り上がってもらうこと、そういうよりも、配信でお芝居を観てて、盛り上がっても「ウェーイ」ってしないんですよね。
 だから今回は曲のテンポよりお芝居で埋めて行くことを中心にしてみました。」

堀江「あと、私噛みまして。(^^;;
 変になる?ならない?・・・(客席の反応を見て)いや、傷つくからいいです・・・
 みなさんが楽しんでいただいたようで良かったです。」

一気に本編の解説をしてくれました。
とここで改めてグッズ紹介。
PCケースやパスケースは「大人女子にいい色合いじゃないかと。」(堀江)

堀江「こういうライブをするとMCをしないじゃないですか。
 だから溜まっちゃって。『天たま』もそうですかね。」

本編明けのほっちゃんのMCはこんなものだと慣れているので、全然平気です。(^^;;
ここでお知らせとして「虹の架かるまでの話」の同盟限定CDのお話。
そして次にこの新曲を歌います。

堀江「私、新しい曲出したといって直ぐに歌うとは限らないじゃないですか。
 ある意味レアじゃないですか。最初で最後かも知れません。そういう気持ちで。(^^;;
 でもそんなに注目されたくない。(^^;;
 今までいっぱい歌ってきて声が出なくて、だからそこそこの注目具合で。なんでしょうね。この言い訳するの。(^^;;」

「虹の架かるまでの話」

前置きはありましたが、本当に透明感のある歌声で素敵でした。
「もしかしたらレアな曲なるかも知れない「虹の架かるまでの話」でした。直ぐに歌ったらごめんね。」

とここでもう一つお知らせ。
New album制作決定!!!!

堀江「制作陣が今日の公演の準備をしていたので、まだ全体的にふわっとしてます。(^^;;」

それでも期待大、です!
拍手もなかなか鳴り止みませんでした。

堀江「長々やって来たこのイベントも終わりが近づいてきて・・・本当なら「えー」って声がかかるんでしょうが、まあまあ長くやってますよね。
 ソーシャルディスタンスな時代なので、自分で取りに行くんですよ・・・」

と一旦ステージを捌けるほっちゃん。手にはブーケが。

堀江「黒ネコ同盟として、誤解しないで。20“年”は目じゃないです。20“回”目です。
 最後を飾るのはこの曲!」

「Happy happy*rice shower」

ブーケは持ってますが、ブーケトスは?と思っていたら、投げたらほっちゃんの手元に戻ってくる仕組みでした。(^^;;
曲が終わり、ダンサーさん達に「セクシー可愛いポーズ」をさせつつ紹介。
再びステージ上にはほっちゃんのみに。

堀江「最後まで役を全うできてありがとうございます。
 ではいつもの・・・いきたいですが、声が出せないのでエアーで。
 黒ネコ同盟、ニャー!
 以上、堀江由衣でした!」

とほっちゃんはブーケで遊びつつ退場。(^^;;
これにて節目となる20“回”目の黒ネコ集会が終了しました。

どんな感じなるかと思っていましたが、通な選曲に魅せる演出、「堀江由衣のライブ」を久しぶりに堪能できました。
やっぱりほっちゃんの声は素敵ですし、曲も好みのものが多いです。
次のアルバムがいつ、どうなるかは分かりませんし、今後情勢がどうなるかは未知数ですが、改めてライブを期待してしまいます。

それはさておき、20回目のイベントも楽しめました。
21回目もよろしくお願いします!
---


09月11日(土曜日)


今日は劇場版「BanG Dream! FILM LIVE 2nd Stage」の舞台挨拶に行ってきましたー。

今日は2回公演で上映後・上映前といったいつもどおりの感じ。
最初にスタッフの挨拶がありましたが、どちらもMCは三澤さんでした。当然というか、他の2人には任せられないのか。(^^;;

まず1回目・上映後の挨拶。ネタバレOKなので、本編に関わることが多かったです。
ただ前半までは。
後半からは「自由課題」となり、文字どおり自由な内容となりました。以下箇条書き:

  • 「周りの反応はどうでしたか?」(三澤)→「回答に困るよな質問しないで!」(秦)
  • そわそわしているゆーきち。「楽屋に美味しいものがあるから早く帰りたい。」
  • 「学生の頃バンドをやっていた」(三澤)→「どっちが嘘かな?」(吉田)
  • 大阪弁を喋ると感情が無くなるしゃわこ
  • 「私はキタだからこっち(なんば)のことはよく分からない。キタとミナミは違う。」(秦)
  • 「キタは梅田で事足りる。」(秦)→「それなら新宿で良くない?」(吉田)

もちろん本編の話もあって、アンコール3形態の話を聞くことが出来ました。
ハロハピ×RASは「なんじゃこりゃ」(吉田)だったり、アフグロ×Roseliaは「バチバチでコーラスも戦ってる」(三澤)

さて2回目は上映前。なので(いちおう)本編に触れないように気を付けつつ。
しゃわこがちょっと触れて「ネタバレ×!返金問題になる!」(吉田)なんてことも。(^^;;(既に公開されている情報だったのでセーフでした)

大阪らしいトークに心掛けて、551のCMを客席含めてみんなでやったり、「日本文化センター」のCMをしゃわこが歌ったり。
ただしゃわこは日本文化センターのCMを関西ローカルと思っていて、名古屋・山梨・佐賀であることが確認。
それを知って愕然とするしゃわこでした。
(最後の挨拶も「3日後に33になる私ですが、まだ知らないことがあると知って動揺しています」と言っていました)

どちらの回も“バンドリ愛”というより“笑い”に特化した内容で、終始笑いの絶えない期待どおりの内容でした。(^^;;
3人という人数も、しゃわこが真ん中で締めているような締めていないような感じがとても相性が良かったと思います。

Apple Music「不可能とされていた」制作者向け支払いシステム

重さが変われば味も変わるか? 東大、飲料の重さが味に与える影響を検証

データ管理しにくい「キラキラネーム」も議論 戸籍の読み仮名、法制審に諮問へ

「送電線の下はチョウの楽園」 農工大などの調査で明らかに

声優・森川智之の声をAIで再現、オーディオブックの一部を無料公開 小学館など2社


09月05日(日曜日)


今週末はシンデレラガールズの10周年記念イベント「M@GICAL WONDERLAND TOUR!!!」に参加予定でしたが、このご時世の煽りを受け公演延期に。

非常に残念ですが、中止にならなかっただけ良かったと思うようにしています。
ぽっかり開いた時間で録り溜めたアニメを観たり、シンデレラの1stライブを観たり。(初日は忘れてました←)

おかげで最新話まで辿り着けたり、1stの初々しい姿を見ることが出来ました。
こんな時間でも無いと出来ないことなので、ある意味助かりました。

助かったと言えば、ここ数日はとても涼しく、家で過ごすにも半袖では少し肌寒いことも。
暑くてもクーラーを付けて寝ていたので、寝る時に大きく変わることはありませんが、クーラーより自然風の方が私は好きです。

9月早々に“秋”を感じています。
はてさて今年の秋はどれくらい感じることが出来るやら。

27時間で完売! ダイヤルを回すだけで温めることができる「レトルト亭」が面白い:週末に「へえ」な話

電池いらずの「プラレール」登場 62年の歴史で初

Spotify、声優や制作陣からアニメの裏話が聴ける「ANIZONE」


09月02日(木曜日)


気が付けば8月が終わっていました。

8月は“夏”の代名詞のようですが、それを後押しするように今週は涼しい日が続いています。
特に今日は上着があってもいいレベル。
何となく半分、準備が整っていない半分で上着は着ませんでしたが、室内が逆に(蒸し)暑かったので、ちょうど良く過ごすことが出来ました。

ちょうど良いと言えば、ここ数日家の通信速度をまとめています。
夜になると通信速度が遅く、まともに配信が見られないこともしばしば。

そんな折、ちょうど良くドコモが「home 5G」のサービスを始めました。
あまりに遅い時間が長ければ導入を本格的に検討してもいいし、思ったほどでも無いならスマホのテザリング(LTE)で済ませることも考えられます。
(なんだかんだで5,000円/月は軽くないです)

ちなみに調子がいい時は下りで200Mbps以上、遅い時は10Mbpsも出ません。
いくら集合住宅だからといって・・・
贅沢は言わない、せめて20〜30Mbpsが安定して出てくれればいいんです・・・

Twitter、不快なユーザーを自動ブロックする機能を実装へ。収益が得られるスーパーフォローも

テレビ東京グループ、AT-Xを完全子会社化

冴えるヒロインを作り上げるために、AIがセリフ制作の現場をどのようにサポートしているか。自然言語処理AIによるキャラクター性の抽出と反映の事例を紹介【CEDEC2021】

昭和のビクター製品がミニチュア化。VHSデッキなど5種類

『機動戦士ガンダム』ジオン公国軍の補給物資をイメージした“ジオン公国軍 食糧カンパン”が登場。“プレミアムバンダイ”にて予約受付中


08月28日(土曜日)


今日はゆかりさんのツアー@大阪公演に参加しました。

5月の連休明けからスタートしたツアーも9月の追加公演はありますが、本日で一旦終了。
始まりがあれば終わりはあるものですが、振り返るとあっという間の3ヶ月ちょっとです。

そして大阪公演を祝うように青空が眩しいです。
もちろん暑い・・・
8月の終わりだから少しは、と淡い期待を抱いてしまった自分が愚かです。orz

ということで今日は初めからネタバレしようかと思いましたが、まだ追加公演がありますし、MCだけに留めておきたいと思います。
トップページから去ってリンクだけになったら、曲の構成から中の演出まで書きたいと思います。
そんな感じでよろしくお願いします。m(_ _)m

---
日時:2021年08月28日(土曜日)18:00〜20:59
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:フェスティバルホール
内容:ライブ

座席は右or左が空席となり、必ず横が空いていました。(張り紙などは無し)
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、一つ目のMCへ。

田村「えー、こんばんは、田村ゆかりでーす。
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 20、21 *Airy-Fairy Twintail*、大阪、フェスティバルホール
 これツアーファイナル?って言い方合ってるかね?」

田村「大阪は2年振り。(スタッフからのモニターを見て)グランキューブ大阪?
 ああ、前回のツアー「*Twilight ♡ Chandelier*」ではグランキューブでしたね。
 今日、ここに来たのは“フェスティバルホール”。ここに来るの、ゆかり初めてなんだよね。」

田村「なんというか・・・やっと来れた。大阪やっと来れた。
 ちょっと冷や冷やしたけど良かった。嬉しいな。
 ゆかりフェスティバルホール大好きだ。

田村「声優的なことはアミュレートで、それ以外は自分のとこでやってるんだけど、スケジュールを同期してて。
 アミュレートの人はツアーやってることも分かってて、でもそんなに興味無いみたいで。(^^;;
 今日急に突然ね、「28日 案件 大阪フェスティバル」って、だいぶ大きな祭りみたいな。自分だけふわふわしてる。」

田村「なんか久しぶりに新幹線で(大阪に)降りて、車に乗るために広いとこに行くんだ、あー高速みたいなとこ乗るんだなって。
 今日めっちゃ混んでて。工事があった?
 ゆかりは車が遅すぎれば遅いほど(ポケモンの)モンスター捕まえられる。(^^;;」

田村「(ドラムのエンゼルさんとベースのよしおさんを向いて)ポケモンフレンドになって。
 まあそんな感じ。始まるまでも・・・ずっとポケモンの話しちゃう。(^^;;
 今日も一日よろしくお願いします。最後まで楽しみたいと思います。」

と、大阪からのポケモントークと、いつもの軽快なトークでした。
それにしても“大阪フェスティバル”っていいですね。(^^;;

幾つなコーナーがあり、次のMCへ。

田村「  やっぱさー、今日地方(公演)最後で、一曲目から、まだ横浜公演あるからさ、同じセットなんだから見える景色は同じなんだろうけど、地方のアットホームな感じは力が入る感じになってしまう。
 もう(余計な)力入ってないけど、とはいえ大きな会場で・・・ここだって小さいわけじゃないけど・・・2,000くらい?
 でも空間が広いとクラップ音も同じように聞こえないんだなと。
 ・・・ごめん、お腹空いた話する?(^^;;」

見ている感じは力が入ったようには見えませんでしたが、感慨深いものはあったんですね。
個人的には一曲一曲噛み締め・・・るはずが、席運の良さに圧倒されていました。(^^;;

田村「じゃあ、大阪の人のフェイバリット・パンが(楽屋に)置いてあって。
 み・・・神戸屋さんかな?
 クリームの中に申し訳程度のチョコが入ってて、見たら「はーあの味ね。」って。」

田村「大阪のスタッフさんから「是非食べてください」って言われて、「真ん中の方ください」って。クリームが多そうだから。
 (食べたら)あ、予想どおり。
 予想どおりだけど、それがいいのよ。3種類の味が楽しめるから、さん、さん、さん〜♪
 サンミー!あー!なんかそんなんだった気がする。」

田村「“4”もあるの?そっちの方が高級そう。なんの味なんだろう。」
ノリ「甘くないやつかなぁ。」
田村「えー。甘いやつじゃない?
 「大阪の人はみんな大好き」って書いてた。でもみんな・・・(客席の反応を見て)そうでもなかった。
 (サンミーを教えてくれた人に)ちょっと固まってた。電波の状況が悪いみたい。ネットワークエラーって出てた。
 電波の状況が悪いので、次の曲を聴いてください。(^^;;」

ということで次の曲に行きました。(^^;;
それからちょっとして、次のMCへ。

田村「はー・・・(ノリさんを見て)ギターのチューニングをしてます。」
ノリ「してません。」

多分していたと思います。(^^;; 仲の良さ、極まれり。

田村「はー、なんか刻一刻と時間が過ぎていきますなぁ。
 今日はスタッフさんの家族が来てて、あんまり関係者来ないんだけど。私が呼ばないから。
 数百人呼ぶ人いるよね?私、数人。片手で数えられる。(^^;;
 私にそんな興味無いでしょ?って。多いのが悪いわけじゃない。」

田村「今日たまたまスタッフのご家族がいらっしゃって、じゃがビーのたこ焼き味を貰ったんだけど・・・10個くらい貰っちゃって。
 そんなに食べられないからあげるね。」
ノリ「でも一箱に5個(袋)入ってたら、50個ありますね。」
田村「!?やっぱりあげない!
 いっぱいあり過ぎると思ったら適正だった。
 番号書いとくから。まあ(取られたら)犯人分かるけど。「Next Conan's HINT」のやつだよ。「犯人はノリ!」
 箱からバラしてナンバリングするわ。楽しみできちゃった。

食いしん坊キャラですっかり定着していますね。(^^;;
そんな楽しいMCでしたが、時間に。

田村「あーやりたくないわ。でもケツが決まってるから、行かなきゃ。」

と惜しみつつ、しっかりと曲で締めます。
そして本編終盤のMCへ。

田村「はーい。あー、楽しい時間がどんどん過ぎて行ってしまうー。いやじゃー。
 どんどん進みますねぇ。」

(ここからちょっとネタバレ入ります)

田村「あの、メンタルのやつ。(※催眠術のこと)100回かかっても、私は絶対かからないと思う。
 すごく長くやってて、それを10分にまとめてて、ゆかりは「これめっちゃ面白いやん」って思ったけど使われなかったのが、指を引っ付けるやつ。
 「指が磁石になります」って言われて、「何極と何極ですか?」って聞いて。だってN極とS極だったら引っ付くけど、N極とN極だったら離れるし。
 でも、かかんないわーって。「うわ、この質問おもろない」って思ったら使われなかった。」

田村「「そんなはずない」って思っちゃう。でも見てる分は楽しいからいいや、って。
 ノリさん無理だと思う。」
ノリ「偏屈ですから。」
田村「ちょっと待って。(催眠術にかかってた)佐々木さんはバカじゃ無いから。
 じゃないとローションであんなに喜ばないから。
 “デビット・ボウイ”のことも言いたい。ゆかりが書いたのは“デビッ“ド”・ボウイ”だからね。」

これは映像で確認したいっ!(けど無理そう)

田村「あー終わっちゃうなー。
 こんな裏話も言いたいけど「夢は夢のままで」って言われたことあるし。(^^;;」

田村「(客席を眺めて)今日も元気そうで。
 ・・・みんな(胸に)“ゆかり”って。書いてて。何アピールだよ。ゆかりアピールだけど。(^^;;
 前の方の人は、こう(浅く)斜めに座ってるけど、斜に構えてるんじゃなくて、見えやすいようにしてるんだよね。
 本当は斜に構えてるのかも。(^^;;」

私は後ろの人に寄ります。
お子様なら考えますが、おっさんなら無視です。心がおっさんな人も。(^^;;

田村「はーなんだろー。
 おじさん達の顔、この日のおじさんはこの日だけ。
 だって一ヶ月経ったらもっとおじさんじゃん。ゆかりだってそうだよ。おばさんになってる。」

田村「よしおさんは今日まで。もっちー(=ラビさん)も今日まで。」
(手で全力で否定するラビさん)
田村「なんか人のいる方に行って、円陣とか組んでたんでしょ。
 メイツちゃん達も・・・本当は・・・あ、来た!(次の曲で入るので、いつでもいいとは言ってました)
 腹立つわー。(フリで)ボケたのにボケを返されたから、「あ、ゆかりのボケを殺された」ってなったから・・・さよなら・・・」

田村「じゃあ、最後のステージ行きますか・・・
 なんで(ダンサーさん達)ザワザワしてんの?
 ・・・“最後まで”。ほら、これは決まり文句だから。「最後まで楽しんでください」(^^;;」

これまた仲の良さが伝わってきます。(^^;;
そして盛り上がって、アンコール明けのMCに。

田村「はーい、アンコールどうもありがとうございます。
 ついに来てもーた、アンコール。楽しい時間が終わってしまうなー。
 ゆかりは大阪行きたい。でも大阪がゆかりを拒否する。
 ・・・だから、またフェスティバルホールに行きたいです。」

田村「さっき気付いたんだけどね、そこ(バルコニーボックス席)に席あるんだよね。あんなところまで来てくれてたんだ。
 本当はさ、前回来たときにつう・・・てんかく。徒に入ったわけよ。その時は徒に行けたのよ。
 串揚げを食べようと調べてたんだけど、知らない人に「うちに来て。美味しいよ。」って言われて、行ったら本当に美味しかった。
 名前も何もを覚えてないんだけど、また来たいなと思ってる。」

田村「今回はツアーの思い出無いけど、2年前・・・ずっとポイフル探してたな。」
ノリ「夜中に回りましたね。」
田村「今度がいつになるか分かりませんが、とにかく美味しいものを食べたいよね。
 その時までみなさんお元気で。・・・また締めの挨拶みたいになった。(^^;;」

そして本当に最後のゾーンを(躊躇いつつ)締めて、本当に本当に最後の挨拶へ。

田村「ありがとー。本当に今日は来てくれてありがとう。
 何度目かの正直か分からないけど、状況は寧ろ良くなってないかもしれないけど、今日でみんなの顔が見れなくなって、独りぼっちのゆかりんに。(^^;;
 まあみんなも独りぼっちのオタクに戻るわけで。(^^;;」

田村「我々みたいな人類・・・にも?
 楽しいなって思えることが共有できるんだなと思います。」

田村「元気な方は、そのままで。
 元気じゃない方は、何かの折に今日のことを思い出して、元気になってくれたら嬉しいです。
 またみんなに会いたいです。
 追加公演もありますが、まあニュートラルな気持ちで。(^^;;」

田村「あー名残惜しいなぁ。
 あと2分あるからグダっているんだけど。(^^;;
 終わりがあれば・・・いや、次は分からないんだよなぁ。
 まあ、生きてる間に、いつかまた、会いに来てくれたら嬉しいなと思います。」

去り際にいつもより多めの投げキッスをしつつ、ゆかりさんが退場して、大阪公演が無事に終了しました。
前半はいつもどおりの感じでしたが、中盤からは名残惜しさが炸裂していましたね。

今日は個人的に席がかなり前の方だったので、いつもは大きく見えるゆかりさんが小さく見えて、近づくと「・・・はぁっ・・・」としか言語化できませんでした。語彙力。(^^;;
本当は一曲一曲噛み締めたかったのですが、終わる寂しさより前の感動が勝っている感じです。
それでも曲中にバンドメンバーが跳んだり、アレンジを加えて遊んだり、ダンサーさん達もフリに変化を付けたり、もちろんゆかりさんも色々と変えてきて(いい意味で)遊んでいるのが垣間見えました。

で、ツアー全体を振り返ると、“田村ゆかり”としてシンプルな構成となっていて、個人的な好みでした。
昨今は色んなキャラクターが生まれましたが、ゆかりさん単体で光っているのだから、それを活かせば・・・が現実になった気分です。
なので20公演参加しても、飽きの無いツアーになったのではないかと考えています。
また、曲中にゆかりさんが声だけじゃ無く表情も変えていて、それももっと見られたらいいのにと自分の席運を恨んでいます。(^^;;

ともかく、まずはみなさまお疲れさまでした。
また元気な姿でお会いできることを祈りつつ。
---


08月22日(日曜日)


今日はゆかりさんのツアー@福島公演に参加しました。

天候がやや心配されましたが、雨はそんなに降らず、お日様もそんなに照らさず。
ジメッとした暑さはありましたが、そこそこの天候となりました。傘が鞄の奥にしまったままになったのは助かりました。

さておき。
変わらずネタバレを激しくしない形で、MCを中心に書いていきます。よろしくお願いします。m(_ _)m

---
日時:2021年08月22日(日曜日)18:00〜20:53
タイトル:田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*
場所:とうほう・みんなの文化センター
内容:ライブ

座席は右or左が空席となり、空席には「この席は使用しないでください」的な張り紙がありました。
諸注意で「過度なジャンプ行為」は久々に聞いた気がします。過度、とは・・・(ぉ
開演前のBGMは今までの公演と同じ。
ライブが始まり、一つ目のMCへ。

田村「えー、こんばんは、田村ゆかりでーす。
 田村ゆかり LOVE♡LIVE 2021 *Airy-Fairy Twintail*、とうほう・みんなの文化センター、福島県、やって来ましたー。」

田村「初めて来る会場で、かつ福島来るのも初?
 多分近くに来たことあるんだろうね。仙台?いわき?
 福島より上に宮城あるわけだ。」

田村「でも駅着いてバス・・・デカイの。護送車みたいのに乗って。
 いつもはカーテンが閉まって、外が見えなくてブーブー言ってるけど、今日は携帯見るのが忙しくて。ポケモンが忙しくて。
 でも東北やって来たんだなと、福島やって来たんだなと思いました。」

田村「ずーっとその時間も・・・」
ノリ「“Pokemon GO”ってやつ?」
田村「ガラケーできないでしょ。・・・ほら、(客席から)溢れる失笑。(^^;; みんな我慢してるのに分かるよ。
 え、よしおさんやってるの?友達なろうよ。
 デイリーのミッションがあって、友達ならないとできないのあるから。日が変わったらすぐ送るよ。」
ノリ「みんなやってるでしょー」
(ラビさん、一点を見て動かない)
田村「こんなに見てない人いる?

話を振られても微動だにしていませんでした。(^^;;

エンゼル「ログイン出来ない。」
田村「分かるー。久々に始めたらGoogleと結びついてて、別のアカウントになっててログイン出来ないの。
 そんな・・・ポケモン。みんなもモンスターに見えるから。(^^;;
 簡単に捕まえられそう。(^^;; あとCP低そう。(^^;;」

前はやってたんですけどねー。いつの間にやらやらなくなって、アイコンが消えていました。(^^;;
自分のCP(個体値)は・・・自信無いですね。(^^;;

さて次のMCへ。

田村「そっち暑くない?
 今日天気雨だったよね。来るとき。みんな何してたの?・・・あ、言えないか。」

田村「桃が有名でしょ。
 (Twitter?)桃買ってる人見たんだけど。箱で。その人どうしてるのかなと・・・座席の下とか・・・
 あと常温にしてないと熟さないけど、熱気にやられて完熟しそう。」

田村「岡山の時、久々に(桃を)剥いたけど、めっちゃ勇気いるよね・・・
 この・・・バーミヤンのとこ。(^^;; バーミヤンじゃなくても分かるって。割れてるところあるでしょ。勇気がいるのよ・・・
 力の入れ具合が難しくて、ぐしゃってなりそう。
 帰りに売ってればいいんだけどね。売ってないか。さっき桃買った人のこと笑えないわ。笑ったのか。(苦笑)」

田村「(福島は)のり弁有名なの?」
(客席、拍手)
ノリ「それはとても美味しいってこと?」
(客席、無音)
田村「何の変哲もないけど美味しいってこと?」
ノリ「でも変なことしたら嫌じゃないですか。」
田村「分かるー。卵かけご飯で、ご飯と醤油でいいのに変な具を入れてたり。
 最悪なのが醤油じゃなくて特製の汁。

田村「白身を別にして泡立ててホイップにしたやつは美味しかったんだけど、それを名物になったみたいで、白身を別に用意してて生臭くなっちゃって。
 ゆかり“しるっしる”にしたいの。卵っ気が多いのにしたいの。
 だから最初にご飯食べて我慢してるんだけど。」
ノリ「トッピングやるなら大盛りにしたい。」
田村「ノリさんアイスのトッピングで「ラムレーズン2つ」って言ったもんね。確かにシングルで2個はないけど。
 それでラムさん・・・間違った。(^^;; ノリさん。」
ノリ「盛り上がってしまった。」
田村「楽屋かって。

こんな楽屋みたいな雑談が聞けるのはとても楽しいですし、貴重だと思います。
ちなみに僕は卵かけご飯そのものがあまり好きでは無い派です。(^^;;

ちょっとしてから次のMCへ。

田村「思い出したんだけどさ、楽屋にパンあったでしょ。
 有名だからあるのかな?白いのがべっとり塗られてるのと、茶色いのがべっとり塗られてるのがあって。
 一枚は入らないから四分の一にしてもらって。食いしん坊だから見ただけで味の想像つくの。はいはい、こういうやつ、って。
 でも違うの。ザラッとしてるのかと思ったら、食べたら割としっかりしたクリームなの。
 もう一つはピーナツバターかと思ったらコーヒー味なの。この食いしん坊に分からないものがあるとは・・・

田村「意外としっかりした濃厚なやつ。
 上の袋にクリームが付いて、外だからやらないけど、家ならこそぐやつ。
 一枚はいけないけど食べたい。」

“クリームボックス”という商品らしいですね。
時間が無いので食べられませんでしたが・・・

田村「もっちーは感情を何処かにやってきたの?
 ・・・あ、無理やり笑ってる。(^^;; ほら。(^^;;
 それでも踊ったりしてるんだよね。袖で八の字の踊ってて。
 ゆかりがそれ見てて「先生、男子が暴れてます。」ゆかりも踊ってることがある。(^^;;」
ノリ「ステップ好きだよね。」
田村「(ラビさんは)注目されるとダメだから、じゃあもっちーの華麗なピアノで。(^^;;
 腕は確かだから。」

笑顔の絶えない楽しい職場のようです。(^^;;
確かにラビさん(もっちー)は微動だにしないことが多いですが、クラップだったりのっているときはのってます。
ツアーも長くなって、色んな所に興味が沸くようになって来ました。目が忙しいです。

さて本編終盤のMCへ。

田村「あのさぁ、このコーナーに来る前に映像が流れてるじゃん。
 何が流れるかチェックしてないんだけど、「ぱぁ」で思い出したわけ。
 (前回の)福岡の時に家族が来てたわけ。その時ばかりは確認したよね。健全だなと。
 甥っ子が「ぱぁ」ってしたら嫌でしょ。」

田村「(映像Pの)ローション芸って昨年のクリスマス(配信)から?もっと前か。
 ローション占いはお父さんとお母さんが配信で見てたわけよ。「良かったよー」って。
 どうすればいいかと。
 甥っ子に見られるのも嫌だけど、弟に見られるのが一番嫌。やっぱ格好付けたいじゃん。」

田村「みんなの反応を見ると、やっぱみんな「ぱぁ」が来ると喜ぶんだなと。(^^;;
 深夜のテンションだし、音声調整したんだろうけど、後ろに入ってたマイクのスイッチ下がってたし。
 もうあんなテンション出来ないでしょ。
 でもなんか、楽しいよね。変な感じになっちゃうから次行こうかな。
 ローション降ってこないかなー。

それは大事件です。(^^;;
幕間の映像コーナーは幾つか種類がありますが、ローションは2回出てきます。
これはゆかりさんというより映像の佐々木Pの影響が大きいかと。(^^;;

さて早いものでアンコール明けのMCへ。

田村「アンコールどうもありがとうございます。
 なんか、あっという間だな。楽しかったね。
 楽しかったけど、みんなには関係無いけど、もう終わるんだな。
 やりたくないの。やったら終わっちゃうでしょ?」

田村「歌う人だったら次の公演があるんだろうけど、ゆかり別に歌う人じゃ無いし、そんなに年がら年中やってないでしょ。間とか開くし。
 それに来年がどうなってるか分からないし。
 そう思うとおじさん達が見れないんじゃないかと。
 (ネット上で)語らってるの見るけど、アイコンが女の子だったり動物だったりで違うじゃん。おじさんがおじさんでやってないのよ。
 今日の一期一会のおじさん達、ありがとう。(^^;;」

田村「みんな楽しいのかなー。」
(客席、拍手)
田村「ありがとう。名残惜しいなーって。
 始まらなきゃいいのに。」
ノリ「越えるか。」
田村「てっぺん越えで料金払えばいい時期はあったけど、今はダメ。」

田村「寂しいけど、もう、お終いだね。(^^;;
 ずーーーっとおじさん達とぴょんぴょん跳んでいたいなと。ゆかりより若い人がいるのも知ってるけど、みんなおじさんだから。(^^;;
 はーーーやりたくないな。
 おじさん達の話しかしてないけど、最後行っちゃうよ。」

後ろ髪を思いっきり引かれながら、最後のパートに挑みました。
曲の終わりでも「ありがとう」という言葉がいつもより多く聞かれました。
そして最後の挨拶へ。

田村「えー今日は本当に会いに来てくれて、ありがとうございます。
 本当にあっという間だったなぁ。
 “おじさん、おじさん”言ってるけど、おじさんじゃない人がいるのも知ってるし。」

田村「みなさん、元気で・・・長生きしてください。(^^;; そんな歳じゃないか。
 また何かあったときは・・・その時はマスク取れるといいねぇ。
 本当にみなさん、元気に気を付けて、帰路について下さい。またね。」

去り際に投げキッスをしつつ、ゆかりさんが退場して本公演が終了しました。
ツアーの終盤だからなのか、今日は本当に短く感じられました。
そしてホールとしての公演が少なくなっていることも、一曲一曲を聴きながら噛み締めていました。

曲中ではメンバーが遊んでいるところも多く見られ、(気のせいかも知れませんが)照明もちょっと変わった気がします。
ゆかりさんの振り付けも変わってきて、今ツアーの成熟度を感じられた公演となりました。
そんな公演も来週の大阪で一旦締め・・・まずは無事に終わり、いや始まりますように。
---