特集など


(調整中)


09月26日(月曜日)


今日はデレステのイベント最終日!

今回のイベントは“P.C.S”、しかもランキング報酬が“島村卯月”ということもあり、上位の激しさは熾烈を極めているとのこと。
うじゅきが1枚手に入る12万位以内に入ればいいや、とサボるわけでもなく、そんなに力をいれずに励んでいましたが、どうやら下位も危ない雰囲気。

てことで、ちょっと頑張ってみることに。
スコアで“S”が取れるMASTERをひたすら回す回す回す。スタミナ回復アイテム(90個以上溜まっていた)を使いつつ回します。

面白いもので、あるときにどんな曲でも上手にできる瞬間があって、そこから調子は下降線を辿り、どんどんボロボロに。
まーあそこそこのポイントが取れたので、大丈夫かなと。
そして今、眼精疲労か非常に頭が痛いです。ひぃ。

radikoが“タイムフリー聴取”対応。1週間限定で後から番組が聞ける新機能

Pogoplugのクラウドストレージが9月28日に終了

VR作品としては史上初! Oculusの短編ムービー『Henry』、エミー賞受賞

目薬で有名な「参天製薬」がアニメを公開!? 有効成分を擬人化

『ろこどる』声優8名登壇の「ロコドルフェスタ」公式レポ到着


09月24日(土曜日)・25日(日曜日)


イベント三昧の週末になりましたー。

まずは土曜日。
プレミアムイベント〜ロコドルフェスタ〜に参加しました。

ここ何日かは天気が悪く、この日も晴れ間は見えず厚い雲が空を覆います。
そして物販開始の30分前くらいからポツポツと降りだし、直前には本降りに。この時に(前回売れ残った)傘が売れれば良かったのに、と思いました。(^^;;

その後は雨は降ったり止んだりで、開場時間を迎えます。
ロビーには出演者への花と共に、出演者の意気込みが書かれた“寄せ書き”的なものがありました。
このイベントに対する意気込みが伝わってきます。

---
日時:2016年09月24日(土曜日)18:00〜20:19
タイトル:ロコドルフェスタ
場所:市川市文化会館
内容:ライブ&ゲームなど

ステージ中央にはイベントロゴが映し出されたスクリーン、左右に3つずつ、金属の柱があるくらいのシンプルな構成。
ただよく見ると、ステージの先端に紙で作られた花などが飾られていました。

BGMは【ろこどる】のカラオケがずっとかかっていました。
正直、いい予習になりました。(^^;;

時間になり、西深井(下田麻美)さんによる、諸注意というか生ドラマが始まります。
それは魚心くん's(吉岡・水瀬)も含め、ちゃんとした諸注意にもなっていました。
徐々に会場が暗くなり、イベントが始まります。

トップバッターで出てきたのは、伊藤美来ちゃん・三澤紗千香ちゃんの“流川ガールズ”
テレビ最終話と同じステージ衣装での登場です。

「レインボーバトン」(伊藤・三澤)

何回か歌われているだけあって、会場のノリは万全。
ステージでのフリは、今までにプラスされていた感じでした。歌詞の「Jump」に合わせてジャンプする2人が印象的でした。

曲が終わって、“流川市”の青いハッピを着た下田麻美さんが、西深井さん同様司会として登場。
まず紗千香ちゃん、みっくが挨拶して、その後に魚心くん'sの吉岡麻耶ちゃん、水瀬いのりちゃんが登場。流川ガールズと同じ衣装です。
いのりんは「千葉で一番楽しい日にしましょう!」と挨拶しました。

下田「さて、舞台袖で緊張している人々を呼びましょう。」

と呼ばれたのは、【ろこどる】イベントでは初登場となるAWA2GiRLS今井麻美・黒沢ともよ・新田恵海(敬称略)の3人。
3人もそれぞれ、劇中のAWA2GiRLSと同じ衣装でした。
あさぽんの「緊張した?」の問いに「緊張した〜!」と答える3人。息はぴったりのようです。

今井「取り敢えずみんなが可愛すぎて。
三澤「AWA2GiRLSは(劇中と)同じ衣装を着こなしてすごい!」
新田「パンフレットも同じ衣装ですが、「AWA2GiRLSは格好付けてください」って注文がありました。(^^;;」
黒沢「えみつんはボス感が強い。

と、初めから和気藹々とした雰囲気でした。

・秘密のロコドルSHOW!

このコーナーは、自分の地元を自慢するコーナーです。
「どこかで聞いたことあるタイトル?」(下田)なのは気のせいということで。(^^;;

○なんでもある、なんでもできる→伊藤
伊藤「東京都出身で、東京は何でもあるんですよ。
 何か買おうと思ったら買える、遊ぼうと思ったら遊べる、電車もいっぱいある。誰も困らないって書きました。ネットに書いてました。(^^;;」

○いつでも本格的サウンド→下田
下田「父がオーディオ好きで、すごいセットを組んでて、窓も防音で。
 照明もあって、家でいつでもカラオケができるんですよ。」
今井「だからあさぽんって年期の入った感じがするんだ。」

○とっても美味しいミソポテト→黒沢
黒沢「埼玉秩父出身なんですけど。」
下田「“あの”秩父ですね。」
黒沢「“あの花”が咲いてる秩父です。
 ミソポテトが美味しいんですが・・・凄いローカルな話になるんですが、“ヤオヨシ”という地元のスーパーのミソポテトが一番美味しい。
 だからみんなあそこの味に近づけようとしている。
 あと、ゆるキャラで「ポテくまくん」ってのがいて、その声は残念ながら大御所さん(※茅野愛衣さんですね)がやられていて・・・」

○無言清掃→新田
新田「長野県長野市・・・全県?いや、長野市?での文化。
 掃除の時間に無言なんですよ。無言だから、机を動かすのもこう(ジェスチャー)で、めっちゃ効率悪いんですよ。」

○「餅まき」への情熱→今井
今井「小学二年生の時に山口県に引っ越しまして。お家建てたときに・・・(みっくに向かって)知らないだろうな。
 家を建てたときにみんなへの感謝へということでお餅を投げるんですが、山口県は「餅まき」の情熱が凄すぎて。
 紅白饅頭なんですが、乾燥させて結構堅くて。ガンガン当たる。そこで私が考えたのが、パーカーを着る。
 ・・・今朝調べて、本物(県○SHOW!)でこれが取り上げられてて。
 私、ライブでアンコールの時にみんなへ感謝するためにお菓子を投げて、怒られました。私にも「餅まき」の精神があるんだなって思いました。」

○ファン1号&2号ここにあり→水瀬
水瀬「どうしよう、面白くなくて・・・
 私もみっくと同じく東京で、家族の自慢をしようと・・・父と母なんですけど。
 母は私のイベントを全部知ってて、「明日は遠いから泊まりがけね」って用意してくれて。
 父は寡黙ですけど、「アニメを観たよ」ってメールをくれて。ネットで書くときはもっと盛って書いてください。(^^;;」

○桃は硬いまま皮付きで→三澤
三澤「秋の果実と言えば“山梨”。桃を県の人が食べるときは硬いまま、皮付きで食べるんです。」
下田「え、でも桃って皮に毛があるよね?」
三澤「それはわしゃわしゃ洗って、そうすると毛が取れる。
 玄人の玄人は、枝から取った直後をそのまま食べる。」

○●●が舞う節分→吉岡
吉岡「私の家の風習ですけど、お金を撒くんです。」
三澤「どうなの?お金持ちなの?」
吉岡「窓を閉めて、シャッターも閉めて、アルミホイルに500円玉とか1,000円札を入れて、投げるんです。
 子供たちがうわーっとそれを集めるんです。たまにダミーの豆を拾ったり。子供にとってはお小遣い稼ぎでした。
 真っ暗闇だから、野生が溢れるんです。(^^;;」

最後になるにつれて、どんどんネタとして完成されていたと思います。
みんなで話に突っ込んで、全員で話に参加していた雰囲気がしました。

・ロコドルビーチボール対決

アニメでは、流川ガールズとAWA2GiRLSはビーチバレー対決をしましたが、これも対決ものです。
流川チーム(4人)とAWA2GiRLS(3人)でビーチボールを交互に投げ合い、的(子供用プール)に入ったら加点、というゲームです。
ちなみに的は3つあって、近い方から10点、30点、50点となっていました。

補助のバドミントンのラケットを使って、思いっきり当てるいのりんは「嫌なことでもあった?」(下田)と突っ込まれたり。
えみつんはゴルフのように風を読み、まぁにゃはすんごい助走を取り、ミンゴスは後ろ向きで投げたりと色々ありましたが、3人終わった時点で流川チームが有利に。

AWA2の4人目は、キャプテンのミンゴスが2回目を投げる予定でしたが、“あさみ”繋がりであさぽんが投げるも失敗。
もう勝利は決まった流川チームでしたが、最後に投げるみっくに「焼き肉奢る」(今井)「寿司奢るから」(下田)と様々な誘惑が来て、2つのボールを一気に投げるみっくでしたが、どちらも決定打にはなりませんでした。(^^;;

結果は「90対40」で流川チームの勝利。
負けたAWA2には、罰ゲームとしてグッズ紹介が待っていました。えみつんは通販乗りでやたらと上手かったです。(^^;;

・生アフレココーナー「ロコドルフェスタやってみた。」

いつもの生アフレココーナーです。今回はAWA2GiRLSも参戦。
舞台は「ロコドルフェスタ」が行われる流川市に、AWA2GiRLSが到着することから始まります。
AWA2GiRLSを呼んだことで予算がなくなり、他のロコドルは呼べず、飾り付けも自前で用意している始末。
見るに見かねてAWA2GiRLSも手伝う、という内容でした。ゆかりさんのなにゃこちゃんへの“愛”も、いつも以上表現されていました。(^^;;

(久々のアフレコ)
伊藤「楽しかったです〜。」
水瀬「魚心くんはAWA2GiRLSとは絡みがあまりないので、嬉しかったです。」

等々の感想を挟み、ライブパートへ。
準備のために出演者は一旦退場しますが、代わりに現われたのが魚心くん。しかも客席に登場、撮影OKです。
魚心くんの大きさもあり、客席を横切るだけになってしまいましたが、ほんわかした時間になりました。

・ミニライブコーナー

まず登場したのは、みっくといのりん。赤と青で対になっています。
2人が歌うのはもちろんこの曲。

「2 the Dream」(伊藤・水瀬)

大いに盛り上がった中、曲が終わって紗千香ちゃんとまぁにゃが登場します。

三澤「ライブで見たかったー。私たち、(袖で)フリをやってたんだよ。」

そして先輩組の2人が歌うのは、もちろんこの曲。(以降も同じ流れです)

「4 the Dream」(三澤・吉岡)

三澤「先輩ソング、歌えたよ。」
下田「この組み合わせが見られるなんて、いいですね。」

「ふるさとのうた」(下田)

続いて登場したのは、吉岡・水瀬の魚心くん's。2人に抱きつくあさぽんでした。
「私、千葉で一番幸せ!」(下田)

「Action!!」(吉岡・水瀬)

そして、いよいよAWA2GiRLSが登場します。
「(AWA2GiRLSには)マネージャーいるけど、初ライブです!持ち歌一曲です!」(今井)

「ミス・マーメイド -The Myth Mermaid-」(今井・黒沢・新田)

いや、歌もダンスも素晴らしかったです。
流川市民にはあまり耳馴染みがないかもですが、会場は大いに盛り上がっていました。さすがアイドル稼業をしている方々です。(^^;;
そして流川ガールズの2人が登場。

三澤「かっこいいー。」
伊藤「良かったですー。」
今井「初ライブなんですけど。(^^;;」
三澤「他のグループが来ても盛り上がるのは、流川市民の民度が高い。(^^;;」
伊藤「みんな流川市民なのに・・・」
三澤「移動したのかな?」
伊藤「みんな、戻ってきてー!

歌う前に魚心くんがステージに呼ばれます。ということは・・・

「流川ガールズソング」(伊藤・三澤)

後ろにはアニメのライブ映像が流れる中でのパフォーマンスです。
スクリーンから飛び出たような2人+魚心くんには、感動すら覚えました。
そして最後に4人になり、この曲へ。

「青春 Say Cheese!」(伊藤・三澤・吉岡・水瀬)

この曲はゴールデンウィークに行われた「課外活動報告会その2」で初披露でしたが、振り付けが完全に変わっていました。
4人で息がぴったり揃っていて、完成版を見た感じです。

吉岡「みんなの声が聞こえた!「Say Cheese!」って!」
三澤「打ち合わせしてないのに!」

ここで全員がステージに再登場します。

今井「本当にあの曲、難しかったけど、皆さんに届きましたでしょうか?」
新田「一番緊張していたのは私たちでした。(^^;;」
黒沢「ステージ袖でもすごい練習してた。」

ここで【ろこどる】Blu-rayBOX【AA】』が発表されます。
会場で予約すると、キャスト全員の複製サインが入ったポスターが付く、とのこと。
ちなみにこの会場予約。とんでもない人数が集まり、閉場になるまで時間がかかったのは、【ろこどる】人気の底堅さを感じました。
そして最後に一言ずつ。

今井「この話をいただいたとき、「AWA2GiRLSの3人が揃わないと嫌です」って言ったら、2人も同じこと言ってて。
 3人の絆の深さを感じました。」

水瀬「私の役は“みらい”ちゃんって言うんですけど、歌詞の中でも“未来”って入ってて、今度は(Blu-rayBOXで)があって。
 未来の話が言えるのはいいことです!」

最後はみっくの挨拶で締め、ですが、感極まって涙を浮かべるみっく、紗千香ちゃんでした。
2人にとって大きな作品であることが分かる出来事でした。

---アンコール
アンコールの拍手、そしてコールが沸き上がり、短い時間で全員がステージに戻ってきます。

伊藤「やっぱり、この曲を歌わないとね。
 タイトルは、みんなで言おうか。・・・では、「あぁ流川」!

「あぁ流川」(全員)

この全員は、ステージと客席含めての“全員”です。
流川ガールズ・AWA2GiRLSとステージを右に左に、最後は中央で肩を寄せ合って歌っていました。

伊藤「これにて、閉園?・・・閉会・・・終わりでーす。(^^;;」

最後の最後で締まらないところが“なにゃこ”ぽっくもあり。
横のミンゴスからは「GOOD!」のサムズアップが出ていました。(^^;;

新しい曲も、今までの曲もあり、ライブは充実していました。
ここまで来たらライブだけのイベントがあっても、と思わずにはいられませんでした。

AWA2GiRLSが初登場でしたが、とても和気藹々とした雰囲気でした。
下田<>今井の“麻美”ラインもなかなか面白かったです。(^^;;
終演後のBlu-rayBOX予約に長い列ができていたので、これからの展開にも期待したいと思いますっ。
---

そして久々の晴れ間が見える日曜日。
午前中に野暮用を済ませ、午後はほっちゃんの『キラキラみつばちをめぐる冒険2』発売記念サイン会へ。
ファンクラブイベントは外れましたが、こちらは奇跡的に当たりました。±ゼロかな。(^^;;

私が参加したのは3回目。
会場のとらのあな秋葉原C店はイベント会場として何回か行ったことがありますが、席があったのは半分の50席くらい。
4回回しらしいですが、参加人数の少なさにびっくりしました。

ほっちゃんは別部屋にて待機していて、順番に呼ばれるスタイルです。
部屋に入ると、ほっちゃんがちょこんと座っていました。
ほっちゃんがサインをしている間、少しお話できました。何より目の前にほっちゃんがいるのが、いまいち実感が沸きません。
とても気さくに話してくれるのですが、不思議な人です。

ある程度の流しもありましたが、結構長い時間だったと思います。
ラジオを聞くと8年ぶりのサイン会とか。そんな貴重な機会に立ち会えて、本当に良かったと思いました。

そんなイベント三昧な週末でした。
明日のことは考えず、寝るまでは幸せな記憶に浸りたいと思います。(^^;;


09月23日(金曜日)


連休の谷間の谷間。

一時期は係に自分を含め、出勤する人は2人の予定でした。
急な案件はなく、休もうかと思っていましたが、誰もいなくなるのもいけないので、止む無くの出勤です。

ところが蓋を開けてみると、休みやら出張やらの人が出てきていて、自分の存在意義がありません。
・・・黙って休んでおけば良かったかな・・・後悔先に立たず。

後悔といえば、デレステで滑るiPhoneケース。
100円なので後悔も少ないですが、勿体ないものは勿体ない。

ところがネットを見ていて、単純な解決法がありました。
それはiPhoneの下に輪ゴムを2つ置くこと。これだけでかなり改善されました。

ちょっとした移動先でできないのが難点ですが、外でデレステをプレイするときは、安心安全のPROがほとんどなので、あまり問題はありません。
当分は輪ゴムで凌いで、様子見する予定。このまま一年経ちそうな気もしますが。(^^;;

米Yahoo!、5億人のユーザー情報が流出、国家がらみの攻撃か

電通、ネット広告で過剰請求など「不適切な業務」 広告主111社・約2億3000万円

「郵便受けにUSBメモリ」がマルウェアの新たな感染経路に

君の名は。:累計興収100億円を突破 宮崎駿作品以外の日本アニメで初の大台

i☆Ris:人気声優アイドルユニットが“マンガ化” 日常を暴露 キャラ崩壊も

小倉唯、たかはし智秋が出演決定&コメント到着!TVアニメ「sin 七つの大罪」キャスト情報第4弾が発表

水樹奈々、女性ソロアーティスト初の阪神甲子園球場でのライブを開催!

『リゼロ』最終回を観て小林裕介さん、高橋李依さんが思ったコト


09月22日(木曜日・祝日)


今日は暦どおり祝日。
これといった予定は無かったので、家事と買い物の日になりました。

まず家事。
風呂場とトイレを入念に。丁寧にやるのは久々だったので、汚れがこびり付いていて苦労しました。もっと小まめにやらないと・・・

そして買い物は、iPhoneのフィルムとケースを新調。
丸一年経って、あっちに傷が、こっちにヒビがと痛みが見えるようになって来た今日この頃。
ちゃんと本体を守ってくれた証ですが、ちょっと目立ってきたので、もう一年頑張ってもらうために新調してみることに。

フィルムは目に優しい「ブルーライトカット」系で。
ケースは悩んだ結果、すぐ換えてもいいように100円ショップのものに。(^^;;

フィルムを貼るのはかなり手こずり、何回か張り直し、結果埃が入ってしまいました。
自信を失ったので、次回は店にお願いしてみようかと。金で解決ですっ!

そしてケースは100円にしてはいい感じでしたが、しばらくして問題が発生。
デレステをやる際、滑るんです。フリックでは本体ごと移動してしまいます。
ちょっと大変なので、これは買い直しを検討です。滑るとは思わなかった・・・

他にも買い物をしましたが、これはまたの機会で。

こち亀:最終話掲載の週刊少年ジャンプが完売状態に 増刷予定なし


09月21日(水曜日)


今日は小松未可子ちゃんのCDImagine day, Imagine life!』発売記念イベントに参加してきました。

場所はタワーレコード新宿店。
ここは会場がオープンなので、例え抽選でハズレても、外から見ることはできるので、いい会場です。

そんな軽い思いのせいか、『e'tuis』『Latimer road』『群青サバイバル』と三連続でハズレ。
今回も・・・と挑戦すると、四度目で初の当選。しかも番号がかなりいい!一生の“みかこし運”を使い果たした心持ちです。(^^;;

時間になり、「小松未可子、『Imagine day, Imagine life!』発売記念イベント!」と、本人の声でイベントタイトルが叫ばれます。
そこに登場したのは、TOY'S FACTORYの高橋氏。自己紹介を終えてから、みかこしを呼びます。

高橋氏は早々に立ち去ろうとしますが、みかこしが引き留めます。
折角なのであだ名を付けよう!と考え、“ブロンディ高橋”に決定しました。(カタカナ+名前にしたかったらしい)

それから高橋氏が去って、一人になったみかこし。
(『群青サバイバル』以来)一年ぶりのタワレコ新宿。「こんなんだっけ?」とステージを右に左にとぱたぱたと動きます。

小松「久々ですけど、緊張して歌詞が飛ぶのは変わらないと思うので。(^^;;
 どうしたらいいか(Q-MHzの)田淵さんに聞いたんですよ。そしたら「斜め前を見る。」って。
 私も緊張したら、斜め前を見ようと思います。(^^;;」

なんて話をして、曲へ。
「Imagine day, Imagine life!」「だから返事はいらない」「エンジェルナンバー」と一気に新曲3曲を歌います。
どれも合いの手が入りやすい曲ですが、「エンジェルナンバー」は盛り上がりが分かりやすい曲になりそうです。

小松「「だから返事はいらない」は、歌詞がぐさぐさ刺さりますね。
 特に2番初め。「忘れたらごめんって言うのは 忘れると決めたときだね」。(作詞の)畑さん、すごいです。」

特に「歌詞的な」意味で言っていました。(^^;;
「エンジェルナンバー」の盛り上がりは、みかこしもご満悦の様子。まだまだリリースイベントは続くので、ハピこし!ライブまで予習して欲しい、とのことです。

間近で見るみかこしは・・・変わらずみかこしでした。(^^;;
レーベルも変わって約一年ぶりのリリースイベントでしたが、みかこしらしいフレンドリーな距離の近さは変わらず発揮されていました。

後のポスターお渡し会は、そこそこ高速でしたが、1.5言くらいは言葉を交わせました。
最後の挨拶まで見届けて、イベント無事終了。
自分にとっても久々のみかこし単独イベントでしたが、曲もノリも良かったので、ハピこし!が楽しみに思えました。

「My Yahoo!」が来週サービス終了、RSSデータのエクスポート機能を提供中

2万円の食玩が登場! ガンダムZZ「クィン・マンサ」

水樹奈々:東京ドーム公演のライブBDがオリコン1、2位独占


09月20日(火曜日)


かなり出遅れましたが、

堀江由衣ちゃん、お誕生日おめでとうございます!

年々、“年齢”を概念化する貴女には尊敬の念を抱かざるを得ません。
今年も貴女にとって素敵な一年になりますようにっ。ミス・モノクロームもいいけど、本人名義も期待しています。(^^;;

そんな今日の通勤は、ほっちゃんの曲で。
一曲目が「It's my style」なんて、iPodに使い手の気持ちが伝わっているのでしょうか。(^^;;

午前中は外での仕事。
今日だけのパートナーがいるはずですが・・・まさか相手の名前が「ホリエ」さんとは。(※おっさんです)

そして、少し手伝いに来てくれた人の名前は「ミサワ」さん。(※これまたおっさんです)
他にも探したらいたかも?

そして、今日は何といっても雨、雨、雨。
その雨に助けられたりもしましたし、ズボンの裾がびちょびちょになることもありました。
総じて大きな被害にならなかったのは、幸運でした。
明日一日頑張ればまた休みなので、雨が降ろうが槍が降ろうが大丈夫・・・でもお手柔らかに。

“Amazon読み放題”で個人作家はこれだけ稼いだ 1カ月の収益、鈴木みそさんが公開

「さようなら天さん……」、「餃子のリュック」発売決定

君の名は。:興収91億円、観客動員698万人! ジブリ以外で初の100億超えも射程内に

聲の形:初週動員20万人、興収2億8300万円の好スタート

「日清ラ王」カップ麺の擬人化キャラクターによるARボイスドラマが公開。キャスト:内田真礼・早見沙織・洲崎綾・松田利冴・松田颯水

宮野真守、福山潤、櫻井孝宏、洲崎綾ら出演!アニメ「亜人」スペシャルイベントよりコメント到着!