一級建築士設計事務所 CEM椎原総合設計
   →最初に →プロフィール →幼稚園&保育園&小学校 →住宅・その他 →お問い合わせ →リンク
■「幼稚園・保育園・小学校」に建物写真を追加しました(2012/6月)
→過去のお知らせ一覧
建築家・椎原毅プロフィール cemの理念
旭ヶ丘学園 旭ヶ丘学園千一分園 古川園 長池幼稚園 あけぼの保育園 分園施設 あけぼのドロップス きりん夜間愛育園 日吉幼稚園 雲雀丘学園中山台幼稚園 千里丘愛育園
かわにしひよし保育園 青い鳥学園 第二愛育園 東野田ちどり保育園 梅の里保育園 古市たいよう保育園 認定こども園 日吉幼稚園 ひよしおひさま保育園 高羽六甲アイランド小学校 保育園千里山キッズ 吹田くすのき保育園
横山きのみ保育園 くぜにし保育園
雲雀丘学園・告天舎 桜湖の里 ギャラリーアイ大阪 吹田市K邸 神戸市K邸 出口梅田ビル 奈良Y邸

≫最初に

 ようこそC・E・M椎原総合設計のHPへ。

 私たちは現在物質的に豊かな社会の中にあります。
 この社会は合理性や性能性、効率、効果を追求する科学万能の近代合理主義に徹して物事を考え、全ての問題を解明し、解決できるという考え方でなりたっています。
 しかしながらこの社会の豊かさの中から取り返しのできない現象が地球規模でまた身近な問題として起こりつつあり、もはや近代科学では解決不可能な状態でもあります。
 私は現代の建築もその中に浸かり非常に大切なものを失ってるように感じてなりません。そこには人間不在であり、生命との関わり合い感じられないことです。

 私は建築をつくる基準として次の項目を考えています。

1.グローバルな視点でとらえ、グローバルマインドで創る
2.建築は機械の入れ物ではなく生命の宿るところである
3.建築は理性と感性が豊かに育まれるところである
4.全包括的に考えて個々に分割して考えない
5.直感力を大切にする
6.周りを生かし生かされることを考える
7.バリアも必要である
8.性能や効率よりも意味や価値を考える

本当の豊かさと文化に基づいた新しい社会のシステムとライフスタイルが創出することを願っております。


株式会社C・E・M椎原総合設計 椎原 毅


▲トップに戻る

≫「C・E・M椎原総合設計」に関して

建物のデザイン設計や工事監理などを行なっています。
最近は幼稚園・保育園の設計に力を注いでいます。

C・E・Mとは現状の文化(Culture)を考え、感動(Emotion)を糧とし、心(Mind)をもって設計の仕事にたずさわることを示しています。

詳細


▲トップに戻る

≫「C・E・M椎原総合設計」の幼稚園・保育園の設計〜新しい感覚で子どもたちが正しく感性豊かに育つ施設を求めて

私たちは幼稚園・保育園の計画で建築の基本である安全性、合理性、機能性、経済性、耐久性の重視や環境との調和、優れた内外空間のデザイン、通風、採光、換気等の快適な居住性の追及のみならず、次のような事項を重要視しています。

・子どもたちの理性と感性が正しく、豊かに生育する環境を創造する。(現在の子どもたちを取り巻く家庭環境、社会環境、自然環境等は物質的な豊かさには恵まれているが、子どもたちが正しく感性豊かに育つ環境としては非常に貧しい状況に置かれている。そして多くの弊害が起きている。)
五感を隔たりなく刺激する。(音、響き、形、色、光、陰、感触、匂い、肌に感じる、味)
・建築に日本の木を多く持ちいる。(日本の文化、健康、暖かさ、優しさ、匂い、感触、視覚など)
・素材は質素でも本物を用いる。イミテーションは用いない。
優しさと厳しさを表現する。
・子供にはバリアも必要である。(バリアを乗り越える力の育成が大切)
・おとぎの国をつくるのではなく、現実の世界で素敵なものを創りだす。
・快適ではなく心地よさ。(肉体の快適さよりも心の気持ちよさ)
・ものの背後にある見えないものを大切にする。
・合理的機能性を最優先しないで、意味や価値を重視する。
・多くの要素で構成し、一つの統合されたものを造る。
・子どもたちが社会と初めて関わり合い、出会う場所であるので、よい社会のあり方を表現する。(よい社会とは多種多様な考え、もの、こと、人、それぞれ価値を認め合い、尊重し合い、なおかつ統一された社会)
・子どもや保護者におもねらない。(ディズニーランドはつくらない)
日本の文化を大切にし伝える。
自然のエネルギーの活用。(太陽光発電、太陽熱の利用、屋上緑化など)
・自然環境、社会環境、周囲の環境を重視し、その環境のもつエネルギーを損なうことなく互いに活かしあう。(現在の土地の形態をできるだけ生かした建物とし、周りの環境の質を高め、そして生かされる)
・地域社会に対して影響力のあるものとする。(デザイン、考え方、造り方など)
・集う人々・職員・子どもたちが健康で生き生きと、仕事をし、遊び、育つ場つくりを目指す。

今までの幼稚園・保育園の設計施工例を見る


▲トップに戻る

(C)2004-2012 CEM椎原総合設計 All Right Reserved.