宇宙と人間     TOP


「存在する宇宙」と「存在しない宇宙」

 「宇宙」という言葉が初めて出てくるのは、中国・漢の時代に書かれた「准南子」という書物だが、そこには「宇」とは空間であり、「宙」は時間であると説明されている。「宇宙」とは時間と空間のすべて、というわけである。
 今日、物理学では、アインシュタイン博士以来、時間と空間を一つのものとして扱うようになった。いわゆる「時空」だが、まさに宇宙は、時間と空間が一つになった連続体であるわけである。
 さて、私たちはふつう「宇宙(universe)と言うとき、時空、及びその中にある銀河、星、太陽や地球など、全てのものをさして言っている。「宇宙」とは、存在するものの全てである。だから「宇宙」は、一つしかない。しかし最近の科学者は、宇宙はじつは一つではなく、いくつもあるのではないか、という議論をしている。私たちの宇宙の他に、「他の宇宙」があるのではないか、というわけである。
 もちろん仮に「他の宇宙」があったとしても、私たちの宇宙から「他の宇宙」に行くことが簡単にできるわけではないし、「他の宇宙」の様子を知ることができるわけでもない。また「他の宇宙」というものが本当に存在する、と言っているのでもない。しかしここで、私たちが住む宇宙は一体どんな宇宙なのかを知るために、ちょっとここで次のような思考実験をしてみよう。
 これは「宇宙の謎」(青春出版社)という本に記されている思考実験だが、たとえば二つの宇宙がある、と頭の中で想像してみてほしい。一方の宇宙は、銀河も太陽も惑星もみなあるが、人間がどこにもいない。生命もいない。物質だけの世界である。もう一方の宇宙は、私たちが今住んでいる宇宙である。そこには人間という、知的生命が存在している。
 さて、これら2つの宇宙は、どちらも「宇宙」には違いない。しかしその存在意義は、全く違っている
私たちの住んでいる宇宙において、人間は様々な知的探求により、宇宙の存在や様子を認識している。天文学者は星を探究し、理論物理学者は宇宙の起源を考え、工学者は星に探査ロケットを送っている。人間は宇宙に対し、様々なかかわり合いを持っているのである。
 ところが知的生命の全くいない宇宙では、その宇宙は誰によっても認識されない。認識されないということは、その宇宙は「無きに等しい」ということである。いかに広大で美しい宇宙であろうと、誰によってもその存在や様子が認識されなければ、そのような宇宙は「存在しないに等しい」。「あってもない」のである。「認識」ということを基準にすると、知的生命のいない宇宙は、たとえ存在しても「存在しない宇宙」である。一方、知的生命のいる私たちの宇宙は、「存在する宇宙」ということになる。実はこうしたことが、今、科学者の間で盛んに論議されるようになっているのである。


宇宙は絶妙な知恵によって造られた

 私たちの住む宇宙は、なぜ知的生命のいる宇宙であって、なぜ物質だけの宇宙にならなかったのか。これについて多くの科学者は最近、宇宙は知的生命の存在しうる宇宙となるように、誕生の際からあらかじめ「プログラムされていた」と考えるようになっている。
どういうことかというと、たとえば「自然定数」というものに着目するとよくわかる。私たちの宇宙には、たとえば光速、電子の質量、重力定数、プランク定数といった、ある「決まった値」がある。これが「なぜその値」なのかを考えると、それはあたかも「知的生命を存在させるべくその値をとった」としか考えられないほど、絶妙にコントロールされている。
 たとえば京都大学の佐藤文隆教授によると、電子の質量がわずか1%違っただけでも、人間はできないという。1%くらい違ったっていいじゃないか、と思いたくなるが、たった1%でもダメなのである。それほどこの宇宙は、絶妙にコントロールされて「知的生命のいる宇宙」となっている。また、中性子の質量がわずかに0.1%違っただけでも生命はできない、という研究結果が出ている。もしそれが0.1%多ければ、宇宙の中に生命が必要とする重元素(炭素、酸素、カルシウム、鉄など)が形成されない。反対に0.1%少なければ、宇宙のすべての星がすぐ中性子星またはブラック・ホールになって、崩れてしまう。いずれにしても、生命は誕生し得ないのである。
 原子核内の力−「核力」には、「強い核力」と「弱い核力」があることが知られている。もし「強い核力」の定数が2%違っただけでも生命はできない、という研究結果が出ている。「弱い核力」もそうである。それが数%違っただけでも、生命はできない。そのほか重力定数、電磁力定数、光速等がほんの少し違っただけでも生命はできない、ということがわかっている。
 一方、ヘリウム、べリリウム、炭素、酸素などの核の基底状態のエネルギー・レベルも、驚くほど微調整されていることがわかった。それがわずか4%違っただけでも、生命体に必要な炭素と酸素が生じ得ないことになるのである。
 現在の宇宙は膨張しつつあることが知られている。この膨張率も、絶妙にコントロールされている。それがもしほんのわずか・・・・アラン・グス博士の計算によれば10の55乗分の1・・・・大きければ、銀河系も星も形成されなかったであろうという。反対に同じ割合小さければ、太陽のような星が形成される前に宇宙が崩れ落ちてしまうシナリオとなった。いずれにしてもそのような宇宙は、「知的生命のいる宇宙とはならなかったであろう。
 ほかにも多くの研究結果が出ている。宇宙の何をとっても、それが絶妙にコントロールされ、微調整されている事実が浮かび上がってきた。つまり宇宙は細かい個々のこと、および総合的なことの両面において、神がかり的なバランスのもとに造られている。
 だからこれを研究した人々の多くは、たとえそれまで無神論の立場をとっていたような人であっても、なにか宇宙を超越した知的実在者の存在に、思いを向けざるを得なくなったと告白している。たとえばポール・デイヴィス博士は、

その裏に、黒幕的な何かが存在している強力な証拠が見えます…宇宙を作り上げるために、まるで誰かが自然界の定数を微調整したかのようです。…すべてがデザインされている、という印象は強烈です

と語った。フレッド・ホイル博士も、宇宙の形成において「超知性」の働きがあったように見える、と書いている。ジョージ・グリーンシュタイン博士は次のように述べている。

「すべての証拠をながめながら、何かそこに超自然的な存在者がかかわっている、という思いが絶えず浮かんできます。そういうつもりではなかったのに、私たちは、知らないうちに絶対的実在者の存在の証拠を、発見してしまったのでしょうか」

 宇宙がこれほど絶妙にコントロールされ、微調整されて造られているという事実は、無神論の立場からはどうしても説明しにくいことである。しかし、宇宙の創造者を認める有神論の立場からは、きわめて理にかなったこととして受け止められる。
 たとえば、ここにテレビがあるとしよう。技術者はテレビを作るときに、ブラウン管の電圧を何ボルトにするか、スピーカーに流れる電流をどのくらいにするかなど、様々な値を決める。テレビ内部の各部品にかかるいろいろな電圧や電流、抵抗の数値などを定めて、テレビを作りあげる。それらの数値をもし一つでも間違えて作ったりすると、テレビは用を足さない。画面が映らなかったり、ギーギー、ガーガーいうだけであろう。
 この宇宙が見事な形で「知的生命のいる宇宙」となっているのは、神が物質界の様々な数値を最も適切な値に定められたからである。様々な自然定数を、最も都合のよいように定められたからである。1台のテレビやラジオを作るときでさえ、多くの優れた人々の知性と、長年の研究、また努力が必要であった。そうであれば人間という最も複雑で高度な生命体、またこの偉大な宇宙をお造りになった方は、一体どれほど優れた知性を持つ方であろうか
 アメリカ航空宇宙局(NASA)の1部であるゴダード宇宙研究所の所長R・ジャストロー博士は、かつては不可知論者として知られた人であった。だが彼は、今や科学の発達に伴い、「神が宇宙を創造したと信じるよりほかにない」状態に来ていると述べた。宇宙は、それほどによく造られているのである。
 かつて古代イスラエルの王であったダビデは、こううたった。

「主(神)よ。あなたのみわざはなんと多いことでしょう。あなたは、それらをみな、知恵をもって造っておられます。地はあなたの造られたもので満ちています」(詩編:104.24)

宇宙が神がかり的なバランスのもとに造られていることを考えると、私たちもダビデとともに、創造者なる神の英知をほめたたえずにはいられない。神は人知を超える偉大な知性を持って、「知的生命のいる宇宙」を創造されたのである。


地球磁場は有害な太陽風から私たちを守っている

 太陽は、私たちの地球にサンサンと光を注ぎ、地球を明るく照らしてくれている。地球上の生命にとって、太陽の光は欠かせない。しかし太陽からやってくるのは、そうした有益な光線だけではない。有害なものも、やってくる。その一つに「太陽風」と呼ばれるものがある。これは「風」と言っても、空気の風ではなく、放射能を持った危険な微粒子の高速の風である。だから、たとえばアメリカのアポロ宇宙船の飛行士たちが月で活動していたとき、太陽風が強くなることがないか心配して、その最中ずっと、太陽の観測が注意深くなされていた。太陽表面で「フレア」と呼ばれる爆発が起きたりすると、太陽風は異常に強く吹き出し、強い放射線のために、宇宙服を着ていても生命の危険があるからである。このように恐ろしい太陽風が、もろに地球表面に吹きつけてくるとすれば、地球上ではとても生命は住めない。
 ところが幸いなことに、地球の磁場や大気が、それを防いでいる。誰でも知っているように、地球は一つの巨大な磁石になっている。現在の最も有力な説によれば、地球が磁場を持っているのは、地球の内部に一種の巨大な電磁石ができているからだと、考えられている。 地球の内部の「核」では、高温のために鉄が溶けている。鉄は電気を通しやすいので、地球の自転に伴ってグルグルまわることによって、一種の発電機のようになっているのである。電気が流れれば、そこに磁場ができる。つまり地球内部で電流が発生しているので、地球は磁石となり、地球のまわりに磁場ができているのである。
 この磁場が、太陽から飛んでくる危険な放射線粒子をつかまえ、閉じ込めてくれている。実際、地球のまわりには磁場によって捕らえられた放射線粒子が、ドーナツ状になってウヨウヨしている所がある。そこは「バンアレン帯」と呼ばれているが、危険なので宇宙船もそこを通るのを避ける。このように地球磁場は、危険な放射線粒子から、地上の生命を保護する働きをしている。同様に大気も、粒子をつかまえて、地上に届かないようにしている。
 聖書によると、創造第1日にすでに地球上では、「夕があり、朝があった」と記されていることからもわかるように、地球はすでにその頃から、自転していた。そしてその自転に伴って、地球内部には電流が発生し、地球磁場が造られたのである。このように、地球が生命の住める適切な場になるために、様々な配慮がなされていることがわかる。


人体は「土」に等しい

 私たち人間の体は、約80%は水で、あとはタンパク質や、カルシウムなどの物質でできている。水は、水素と酸素から成っている。またタンパク質は炭素、水素、窒素、酸素、硫黄から成っている。人間の体には、ほかにもナトリウム、カリウム、マグネシウム、塩素、リン、また微量の鉄、銅、マンガン、ヨウ素、亜鉛、コバルト、フッ素などの物質が含まれている。
 人間の体は、これらの元素が、有機的に結合してでき上がったものである。これらの元素は、すべて地球の地殻(地球の一番外側の層)中に見られるもので、ごくありふれた元素である。つまり人体を構成している元素は、すべて「土」の中に含まれている。聖書によれば、最初の人間アダムは、「土地のちり」から造られた。

「神である主は、土地のちりで人を形造り…」(創世記:2.7)

この聖書の記述は、人体を構成している元素がすべて「土」に含まれていることを考えれば、きわめて当を得ているわけである。人体は、構成している元素だけを考えれば「土」に等しいからである。
 神の創造のわざには2種類あって、1つは″無から有を生じさせるわざ″、もう1つは「有から有を造るわざ」である。前者は何もない所に物を造り出すこと、後者は、すでにある材料を用いて物を造り上げることである。「土地のちりで人を形造り」の場合は、「土地のちり」の中の様々な元素という材料を用いて、それを有機的に構成し、人体という高度な機能を備えた生命体に仕立てた、という意味なのである。このように人体は、もともとは「土」に等しい。実際、人間は死ぬと、肉体は朽ちて、やがて土に帰る。

「ついに、あなたは土に帰る。あなたはそこから取られたのだから。あなたはちりだから、ちりに帰らなければならない」 (創世記:3.19)

 という聖書の言葉通りである。肉体は死とともに腐敗し始め、分解作用によって、土に帰る。アダムの肉体の創造は、おそらくこの分解作用と全く逆の過程を経て、なされたに違いない。しかしアダムの肉体が「土」から造られたとき、彼はまだ、いわば「人形」或いはただの「物体」にすぎなかった。彼にはまだ、「生命」が吹きこまれていなかったからである。そこで神は、「その鼻にいのちの息を吹き込まれた」(創世記:2.7)
「いのちの息」とは「霊」のことである。(イザヤ書:57.16)神は鼻から「いのちの息を吹き込まれ」、霊が体に宿るようにされた。「霊」は人間の生命活動・精神活動の主体である。人間に宿っている「霊」に、人間の生命がある。
 もし肉体を車にたとえるなら、「霊」は、運転手にあたる。あるいは車を動かしているエネルギーにあたる。人間の内にあって生命活動を営み、生命現象を引き起こしているのは、目に見えない「霊」なのである。人間の知・情・意(知性・心情・意志)の活動を営ませているのも、「霊」である。決して脳の物質自体が、心や精神を生み出しているわけではない。霊は、ある意味で空気に似ている。空気がある所に、風や雨などの気象現象がある。同様に、心や思いといった精神現象が存在するのは、そこに目に見えない無形の「霊」という実体があるからである。霊が脳において活動するために、それが精神現象となって表れる。
 人間の肉体のうちに無形の実体が宿っているに違いないことは、今では多くの科学者も認めるようになってきている。たとえば1963年にノーベル賞を受賞したジョン・エックルズ卿は、公然と唯物論的な考えに挑戦し、人間は肉体組織と無形の霊の両方からなる、と主張した。そしてこう述べた。

「もし人間の自己の独自性が、遺伝法則から説明できないとしたら、また経験から由来するものでもないとしたら、これは一体何から生ずるのだろう。私の答えはこうである。それは神の創造による。それぞれの自我は、神の創造なのである」

女性はいかにして造られたか

 聖書によると、最初に造られた人間は、男性であった。女性はあとから造られたのである。最初の女性エバは、最初の男性アダムの「あばら骨」(肋骨)から造られたとされている。女性は、男性のように直接「土」から造られたのではなく、男性の一部を用いて造られたわけである。「神である主が、深い眠りをその人(アダム)に下されたので彼は眠った。それで、彼のあばら骨の一つを取り、そのところの肉をふさがれた。こうして神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造りあげ・・・・」(創世記:2.21〜22)
 アダムのわき腹から、エバを造るために「あばら骨」の一部が取られた。とすれば、アダムはその後死ぬまで、あばら骨の一部が欠けたままだったろう。しかしこれは後天的なものだったので、あばら骨の欠損が、子孫に遺伝することはなかった。 エバが「あばら骨」から造られたという記述について、群馬大学医学部の細胞学の権威、黒住一昌教授はこう述べている。

「"あばら骨"のような比較的短い骨の骨髄(骨の芯のやわらかい部分)は、赤色骨髄であって、盛んに細胞分裂をして、急激に増殖する骨髄細胞を含んでいる。神はアダムからエバを造るときに、この骨髄を用いられたに違いない。・・・・骨髄細胞は盛んに分裂増殖するので、細胞培養によってモノクローン抗体を造るときに利用されている。この細胞を培養すれば、人ひとりの数の細胞ぐらい、わけなく出来る」

骨髄細胞は、細胞培養にきわめて適したものなのである。男の体の一部から女を造る際に、「あばら骨」は、きわめて適切なものだった。「生物の体から細胞を少し取って、それを母体と同じような生命体に成長させる」ことは、植物の場合ならきわめて簡単で、日常的に人々の間で行なわれている。「挿し木」がそうである。たとえばバラの枝を少し切り、土に挿しておき、適当な環境下におくと、数週間後にはそこから根が出、葉が出、やがて母体と同じようなりっぱなバラに成長して、花を咲かせる。挿し木という技術によって、私たちは生物から取り出した一部の細胞を、母体と同じ生命体に成長させているのである。
 これは、動物では簡単にはいかない。しかし今日の遺伝子工学では、動物の細胞(の核)を一つ取り、それを培養して、母体と同じ生命体に造り上げる研究が進められている。実際、たとえばカエルの体から細胞の核を一つ抜き取り、それを受精卵の核と置き換えたのちに発生させて、元の核をとってきた個体と同じ遺伝資質を持った生命体に成長させる試みが、成功している。今日ではもっと高等な生物でも成功している(クローン動物)。
 けれども神は、人間の遺伝子工学よりもっと優れた方法を用いて、男の一部から、男とは違った、愛すべき「助けて」(創世紀:2.20)を創造された。神は、男から「女」を造られたのである。なぜ、「男から女」なのか。女から男を造らなかったのは、なぜだろうか。じつは男と女の違いは、細胞学的に見ると根本的には「性染色体」の差である。人の染色体(細胞中にあって遺伝をつかさどる)は、1細胞中に46個ある。そのうち44個は「常染色体」と呼ばれ、2個ずつ対になっている。つまり「常染色体」は、22対ある。これら22対44個は、男女に共通である。46個の染色体からこれら44個を引いた残りの2個が、「性染色体」である。性染色体は、男はXY 女はXX の組み合わせになっている。女はX染色体だけである。Y染色体は持っていない。だからもし、女から男を造ろうとしたなら、新たにY染色体を創造しなければならない。しかし男から女を造るなら、XYの染色体からXだけを取り出して、それを単に2倍にすればよかった。染色体のコピーをつくることは、今日もすべての生物の細胞分裂の際になされていることだから、簡単なことだった。だからX染色体を2倍にすることは、きわめて容易であった。
 細胞学的に見ると、このように男の中に、女の基本的特質がすでに含まれている。それで神は、男から女を造られたのである。また、もう一つ大切なことがある。男の染色体がXY、女がXXだと、それら4つの染色体がかけあわされた後に生じるものは、やはり、必ずXYかXXである。そしてXYが生じる確率、およびXXが生じる確率は、ともに2分の1ずつである。つまり人口の半分は男で、半分は女になる。黒住教授の言っているように、「神の創造のみわざは、まことに妙にして、完全」 なのである。


創造論的思考による科学上の新発見

 聖書の記述を信じることは、しばしば新たな科学的発見をもたらす。その幾つかの例をみて、本書のしめくくりとしたい。
私たちは、海には親潮(千島海流)とか、黒潮(日本海流)、メキシコ湾流など、「海流」というものがあることを知っている。そして海流にのれば、船は早く目的地に達することができることも知っている。その海流の通り道は、船にとっては航路となり、「海路」となっている。しかし海流、海路の様子は、19世紀のマシュー・モーリー以前には、よく知られていなかった。彼はどのようにして海流、海路を発見したのだろうか。じつは彼は、聖書の言葉をもとに、その存在を予測し、その後詳しい調査の上に実際にそれを発見したのである。聖書の詩篇8篇8節には、次のように記されている。

「・・・・・・空の鳥、海の魚、海路を通うものも」

 マシュー・モーリーはこの言葉から、海には「海路」、すなわちそこを通れば早く目的地に行けるような路がきっと存在するに違いない、と考え、魚たちもそれを使っているに違いないと考えたのだ。そして彼は航海日誌その他の資料を念入りにチェックし、海流を調査して、ついに最短時間で目的地に行ける「海路」を、海の中に発見したのである。
 これは、聖書の記述を真実と受け取って、その結果新たな科学的発見がなされた一例である。米国バージニア州の記念碑には、こう記されている。

「マシュー・フォンティーン・モーリーは、海路の発見者、海洋と大気から初めてその法則の秘密を引きだした天才、彼のインスピレーションは聖書から得られた。詩篇8篇8節、107篇23、24節、伝道者の書1章6節」

 聖書の記述から新しい科学的事実を見いだしたという例は、ほかにもある。先に少しふれたが、ラッセル・ハンフリーズ博士による天王星の地場の強さに関する予測も、そうである。博士は、創造論の考えに基づき、天王星は創造されてから何十億年もたっていないと考え、その磁場の強さは2〜6×10の24乗Am2と概算した。一方、このとき進化論者は、天王星の磁場はもっとずっと小さいか、全くないだろうと予測していた。これが実証される日が、ついにアメリカの惑星探査機ボイジャー2号によってもたらされた。(1986年)ボイジャー2号は天王星のそばを通過するとき、天王星の磁場が3×10の24乗Am2であることを示すデータを送ってきたのである。これは、まさにハンフリーズ博士の予測の範囲内であった。また、ボイジャー2号が1989年に海王星の近くを通過したときに送ってきた磁場データも、彼の予測とピタリ一致した。このことも、聖書の記述をもとに新たな科学的事実が予見された実例である。私は、創造論の研究がもっとなされていけば、さらに多くの科学的事実が発見されるであろうと信じている。