個人契約と派遣会社利用の比較

家庭教師を探す方法としては、家庭教師派遣会社(家庭教師センター)に依頼する方法と、個人の先生を探す方法があります。いずれの方法が良いのかを様々な角度から分析したいと思います。






料金比較

個人の家庭教師の相場は、大学生が時給2500円、プロ家庭教師が時給3500円~5000円と言われています。(指導歴・学歴などにより違います) 一方、家庭教師センターの場合は、料金やシステムが業者によりかなり異なります。入会時に色々な名目で5万円以上を請求する業者や、高額教材を販売している業者、高額チケットを一括で購入させる業者など問題のある業者も多いのが現状です。 そのような家庭教師センターとは、このサイトをお読みの方は契約されないと思いますので、ここでは、「標準的(良心的)な業者」と「個人契約」を比較してみようと思います。 「標準的(良心的)な業者」の場合、1時間あたりの単価は学生講師で3500円程度、プロ講師で5000円~6500円程度です。

・週に1回(月4回)で、1回の授業が二時間の場合の月額

<大学生講師と個人契約>
2万円前後が相場
<大学生講師派遣をセンターに依頼>
2万8千円~3万円前後が相場
<プロ講師と個人契約>
3万4千円前後が相場
<プロ講師派遣をセンターに依頼>
4万円~5万5千円前後が相場 ただし、元予備校教師などトップレベルから単なる社会人まで教師に幅がある為、比較困難

※これ以外にセンターにより入会金が0~2万円程度の入会金がかかります。
※個人契約サイトを利用する場合、手数料が0~2万円程度かかります。ちなみに当サイトは無料です。

料金的には、大学生講師を比較した場合、「2時間×週に1回」で月に1万円程度、個人契約のほうが安くなります。料金だけを考えると直接契約が良いと思われますので、ご予算に余裕のない方は個人契約をお奨めします。 一方、センターを通した場合(まともなセンターという意味ですが)、差額分以上の付加価値がある場合があります。よって、1万円の差額をどう考えるか次第といえます。差額相応かそれ以上の付加価値のある業者ならお買い得ですし、まったく付加価値のない業者なら損をしたことになります。



内容比較~面談編

まともな家庭教師業者の場合は、教師選抜の前に社員が自宅を訪問して親と子供と面談を行うはずです。 一方、良くない家庭教師センターの場合は、「体験授業」などの名目でいきなり先生を派遣したり、学生のアルバイトが面談にやってきたりします。 中には教師との対面での面接さえせずに、生徒・教師双方とのコミュニケーションを全てネットや電話だけで済ませている業者があるので注意が必要です。 そのような業者は「他社より安い」ことをホームページなどで宣伝文句にしていることが多いのですが、実態としては「個人契約」と変わらなくなりますので サービス内容の割に「非常に高い」といえます。

ちなみに、良心的な家庭教師センターが面談を行う目的は以下の三点です。
1.子供に実際に会って、子供に合う先生を選ぶ為
2.子供の状況を、ベテランの「教務員」が判断・分析し、指導方針と指導方法などを決める
3.ルール説明

家庭教師センターを通す事のメリットは、「1」と「2」です。経験豊かな指導員が、子供に合う先生をみつけてくれる点や、指導方針を決めてくれる事は、個人契約に比べて高い料金を支払うだけの付加価値があるといえるかもしれません。



内容比較~教師選抜編

家庭教師センターを通した場合の教師選抜には一長一短があります。 良い家庭教師会社の場合は、面談を参考にベストな先生を、経験に基づいて探してくれますので、安心ですし親にとっては楽です。又、先生が合わない場合は、センターに言えば無料で先生を替えられるのもセンターを通すメリットです。 一方で、先生を面接・選抜するのは、「親」ではなく「業者の人」になりますので、実際に沢山の先生を面接して先生を選びたい親には、家庭教師センターを通した教師探しは向きません。

尚、教師との対面での面接をせずに、全てネットや電話だけで済ませている業者がありますので注意が必要です。そのような業者はネットで登録してきた教師を対面面接をせずに、いきなり「体験授業」に送り込んできます。 会社が関東や東海地区にしかないのに北海道や九州に派遣している場合などはその可能性が高いでしょう。 又、アパートや私書箱を利用して拠点が全国にあるようなフリをしている業者もいます。住所に拠点が存在するか否かは、現地に出向いたり、グーグルのストリートビューなどで確認しましょう。



内容比較~トラブル編

個人契約をする場合は、派遣会社を通すのに比べて様々なリスクが高くなることを認識しなければいけません。間に入る業者がいないので、全て自己責任となります。特に多いのが金銭トラブルです 一部の悪質なプロ家庭教師が「前払い」を要求して未消化授業分を返金しないケースがあるようですので、くれぐれも個人契約する場合は、身元・学歴確認と後払いを徹底して下さい。 又、個人契約に限りませんが、女子の生徒には女性教師をつけるようにしましょう。



内容比較~授業開始編

まともな家庭教師センターを通した場合は、センターの担当者が、指導方法や指導方針を面談の結果に基づいて決定し、教師へ指導が行われている為、スムーズにスタートできます。 一方で、個人契約の場合は、「先生次第」といえるでしょう。先生の性格や指導経験により、授業の組み立てが出来る先生と出来ない先生がいると思います。 「生徒の横に座って分からないところを教えるだけ」の先生では家庭教師を頼む意味がありません。 個人契約の場合は、沢山の先生を面接し、指導能力や計画立案能力のある先生を探す必要があります。



内容比較~授業内容編

良心的な家庭教師センターを通した場合は、担当者が先生の良きアドバイザーになりますが、個人契約の場合は、あくまで先生次第となります。ここでも、教師の選択眼が親に求められる事になります。



内容比較~受験情報・模擬試験編

良心的な家庭教師センターなら、模試の実施や受験情報の提供を行っているはずです。個人契約の場合は、情報はインターネットや情報誌に限られます。 しかし、インターネットや情報誌の情報は、塾や(まともな)家庭教師センターから提供される情報に比べ、遅く内容も限られます。 この点がネックになる方は、センターを通す方がよいかもしれません。



内容比較~教師交代編・臨時講師編

教師が子供と合わない場合や、先生の都合が悪くなった場合に、交代人員をすばやく見つけてくれるのも、家庭教師センターを通すメリットの一つです。 個人契約の場合で、教師が子供に合わない場合は、「直接先生に解雇を言い渡す」必要性が出てきます。

又、一人暮らしの大学生を教師として選ぶ場合は、夏休み(大学は約二ヶ月間)などの実家への帰省の有無と期間が問題になります。 家庭教師センターを通した場合は、ピンチヒッターを準備してくれるはずですが、個人契約の場合は、採用時点でルール作りをしないといけません。



以上、いくつかのポイントについて「家庭教師派遣会社を通す場合」と「直接契約」の場合を比較しました。 結論としては、月々の両者の料金差額分を支払う余裕があるか、差額分の付加価値が業者にあるか、付加価値が必要かどうかという事が、選択のポイントとなるという事です。