家庭教師派遣業界の「5大悪徳商法」

家庭教師派遣会社の5つの問題点とは?家庭教師センターを比較し選ぶ際の注意点。 「このような家庭教師センターとは絶対に契約してはいけない」という「家庭教師業界の5大悪徳商法」を家庭教師の口コミ掲示板にお寄せ頂いた情報を元にまとめました。





悪徳商法1:高額教材の抱き合わせ販売

消費者センターへの問い合わせ・苦情が最も多く、掲示板への書き込み数が最も多いのが、教材販売がセットとなった家庭教師センターです。

家庭教師センターの中には、「家庭教師を派遣する」ことを餌にして、高額な教材を売りつける業者が多く存在します。 この手の家庭教師センターは教材を売れば「終了」ですので、その後のサポートなどは一切期待できません。 又、「家庭教師」を辞めても契約は別ですので「高額教材」のローンのみが残ります。

高額教材系悪徳業者は、以前は「○○大学の学生で集まって家庭教師をしています」「学生による自主運営サークルです」などという良心的な家庭教師を装った電話勧誘を 営業手段としていましたが、特定商取引法の改正で「電話営業の際に勧誘の目的と本当の業者名を告げなければ契約が無効」となりましたので、 家庭教師サークルを装った電話勧誘は少なくなりました。「やらせ口コミ・ランキングサイトの運営」や「手作り風チラシのスーパーなどへの設置」 がそれに代わる営業方法として目立つようになりました。



悪徳商法2:料金非公開

家庭教師センターの中にはホームページやチラシに料金の記載がない業者が多数存在します。 又、掲載していても「●●円~」と「~」がついている場合があります。良心的な業者なら必ず料金を公開していますので、料金非公開の業者には注意しましょう。

中には、電話で聞いても「自宅にお伺いしてから」と、強引に話を進める家庭教師業者があることも掲示板には報告されています。必ず電話では「総額」を確認しましょう。



悪徳商法3:異常な激安料金

昔はタウンページや新聞広告が家庭教師センターの主な宣伝方法でしたが、最近は、ネット広告が主な宣伝方法となっています。
ヤフーやグーグルの検索連動型広告に「月々5千円の家庭教師」などと激安をうたった広告を目にしますが、そのような激安料金はありえませんのでご注意ください。

家庭教師センターが契約するアルバイト講師の時給は首都圏で1500円~1800円、その他地域で1200円~1500円程度が時給の相場です。 時給1500円で月に8時間(120分×週1)指導した場合の教師の報酬は、12000円となります。通常、家庭教師センターは安いところでも月に8千円~1万円の 粗利を乗せますので、どんなに安くても(120分×週1の場合)2万円以上はすることになります。

激安料金をうたっている業者は、「授業料以外に様々な項目で課金する」「30分×週1などのありえない時間設定である」「高額教材を販売している」「そもそも嘘の広告である」 などのカラクリがある筈です。騙されないように注意しましょう。



悪徳商法4:教師の面接をしない

昔は、どんなに悪質業者であっても教師候補者の対面による面接は必ず行っていました。ところが最近では教師募集も生徒募集もネットだけで出来てしまうので 教師候補者の対面による面接を行わずに先生を派遣する新種の悪質業者が出てきました。「全国共通のフリーダイヤルの電話番号」さえ手に入れれば拠点がなくても 面接さえしなければ、全国エリアで生徒を募集することが簡単に出来てしまいます。

そのような業者はネットで登録してきた教師を対面面接をせずに、いきなり「体験授業」に送り込んできます。 会社が関東や東海地区にしかないのに北海道や九州に派遣している場合などは「対面による面接をしていない」可能性が高いでしょう。 又、アパートや私書箱を利用して拠点が全国にあるような偽装工作をしている業者もいます。住所に拠点が存在するか否かは、現地に出向いたり、グーグルのストリートビューなどで確認しましょう。



悪徳商法5:ステルスマーケティング(やらせ)

悪質な家庭教師業者が宣伝手段として行っている行為の一つがネット上での「やらせ(ステルスマーケティング)」です。

最近よく目にするのが「家庭教師の口コミランキングサイト」です。当サイトを運営して10年以上経過しますが、その間に沢山の家庭教師系ランキングサイトを見ましたが、 「やらせ」ではないランキングサイトは一度も見たことがありません。ランキングサイトは、特定の家庭教師業者もしくは特定のグループに誘導する為の「やらせ」である と考えて無視して下さい。中にはグループの高額教材系ばかりがランキング上位に並ぶ悪質なランキングサイトもあります。そもそも家庭教師業界は非常に小さな業界で 大手の数社を除いては、口コミを集めること自体が困難です。有名掲示板や有名家庭教師系サイト以外で口コミが集まるはずがありません。

又、「口コミ掲示板」「評判掲示板」の中には特定の業者が運営しており、その家庭教師センターに誘導するために設置された掲示板もあります。 最近は、「ヤフー知恵袋」や「教えてgoo」などに「やらせ」投稿をしている業者もよく見ます。

悪質業者は「やらせランキングサイト」や「やらせ口コミ掲示板」で自社誘導すると同時に、ネット上での悪評隠しに必死です。中立な掲示板に書かれた自社の悪評を 脅迫行為や裏社会を利用するなどの悪質な手段で掲示板管理者に圧力をかけて消させるのは日常茶飯事です。又、「家庭教師の○○○ 口コミ」や「家庭教師の○○○ 評判」 などでヤフーやグーグル検索しても悪評が目立たないように、やらせサイトなどを検索結果上位に表示させ悪評を目立たなくする行為(逆SEO)を行っている専門業者と 契約している悪質家庭教師センターは多数あります。

結果として、多少悪い業者の悪評だけがネット上に残り、超悪質な家庭教師業者の悪評は探しても見つかりにくくなっています。そして、家庭教師業界のことをあまり知らない 一般消費者が悪質業者に引っかかってしまうというケースがよくあります。



全国の家庭教師センターの比較と一括資料請求

先生ナビから全国の主な家庭教師センターの資料一括請求ができます。10年以上のサイト運営の中でお寄せ頂いた情報を元に、掲載会社を厳選しています。毎年多数の掲載依頼を受けていますが、 その殆どはお断りしています。教材販売を行っているセンター・できたばかりの家庭教師センターで存続性が疑わしいセンター・特定商取引法逃れの悪質なテクニックを使っているセンター・反社会的勢力が関与しているセンター などの掲載は全てお断りしています。

以下より、最大3社の資料を一括で請求できますので、お子様の家庭教師探しの際にご活用ください。

特徴

全国の家庭教師センター


↓都道府県別の家庭教師センター比較

北海道・東北 北海道 宮城 福島 青森 秋田 岩手 山形
関東 東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬
北陸・甲信越 新潟 石川 富山 福井 山梨 長野
東海 愛知 岐阜 三重 静岡
関西 大阪 京都 兵庫 奈良 滋賀 和歌山
中国・四国 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄