心理教育相談  
 1977年に田無で生まれた丹誠塾は、いわゆる「補修塾」や「進学塾」ではなく、子どもたちに教えるとはどういうことかを、子どもたちとのかかわりと授業を通して模索してきた塾です。
 その過程で、塾に通う子の幅が拡がり、不登校の子や障害を持った子も通う場となり、不登校の子の教室、トライ☆アングルを山下が7年ほど主宰していました。トライ☆アングルについては、山下が語るのがふさわしく思います。
 不登校の相談を数多くしてきた山下と心理の勉強をし直した西尾が開設したのが、NPO遊学会心理教育相談室です。教育相談を山下が、心理相談を西尾が担当しています。
 まだ相談室を独自に開設するに至っていないので、田無駅前にある丹誠塾を借りて相談事業を行っています。保護者が子育ての中で戸惑ったり、子ども自身が友だち関係で悩んだりすることもあるでしょう。あるいは、心療内科や精神科に通いながら、学校や社会に戻っていこうとされていることもあるでしょう。
 NPO遊学会心理教育相談室は医療機関ではありませんが、カンウセリング及び心理療法を行うことができます。
 あなた自身やお子さんが苦悩を抱えた時に、どうか一人で抱え込まずに相談してください。

 問い合わせは、メールで受け付けます。 
メール

 心理教育相談室のパンフはこちらです。(準備中)