遠征釣りの魚達

 

 大物との出会い・・・

 

 遠征釣りでは近海では巡り会えない様々な高級魚に巡り会うことが出来ます。そして何と言っても大物との出会い。熱いバトルは必ず釣り人を熱くさせてくれることでしょう。

 

 モロコ(クエ)

 大物釣りで最も人気があり、通年狙うことができるのがモロコ(クエ)でしょう。通常は20−30キロがアベレージサイズとなりますが、イナンバなどでは40−50キロサイズ。そしてトカラ列島では過去に180キロ。昨年も150キロの超弩級サイズがキャッチされております。鈍そうな巨体に似合わず、喰った瞬間の一撃はナンバーワン。剛竿をいとも簡単にへし折ってしまうほどの力があります。歯も鋭いので、掛かりどころが悪ければ100号のハリスをも一発で切られてしまいます。

  銭洲:西岡氏

 カンパチ

 春先に釣れるカンパチは1-3キロサイズがメイン。この小さな暴れん坊達はルアー、カッタクリなどに盛んにアタックしてくる。梅雨を迎える頃になると、5-10キロサイズも顔を見せ、ライト泳がせの格好のターゲットになる。そして盛夏になると20キロから50キロオーバーの超弩級カンパチが回遊し、一発大物師との熱いバトルが繰り広げられる。

 トカラ列島:大隅氏

 

 ヒラマサ

 シマアジ、カンパチと並ぶ青物御三家。俊足のスプリンターの異名の通り、ヒット後の突っ走りは半端ではない。新島の20キロを超える超弩級ヒラマサは有名。

 
イナンバ:須藤(サンゴ堂インストラクター)

  シマアジ 

 遠征五目の華であるシマアジ。アジ科の中でも味は最上級とされる。その平べったい魚体から繰り出される引きは同サイズのワラサやヒラマサなど比較にならない強烈な引きを見せ、釣り人を大いに楽しませてくれる。特に10キロオーバーのシマアジは”オオカミ”といって釣り人の憧れの的。シマアジは口が薄い膜状になっており、非常にバレやすい魚であるが、これがまた釣り人を熱くさせてくれる。

  
神津島:八武崎氏(サンゴ堂インストラクター)

 イシナギ

 ここ数年で銭洲を中心としてコンスタントに上がって、大物師の溜飲を下げてくれる。引きはおそらく大物釣りでは最強。水圧をモノともしない強烈な引きを水面まで繰り広げてくれる。アベレージサイズは70〜80キロサイズ。100キロを超えるサイズも珍しくない。


銭洲:窪沢くん(遠征初挑戦でキャッチ!)

 ロウニンアジ(GT)

 トカラ列島の遠征釣りでカンパチ、モロコと並び人気のある大物。平べったい魚体から放つ、瞬間的な引きはナンバー1。アベレージは20〜30キロサイズであるが、大型サイズは50キロを超える。

奄美大島:須田氏

 イソマグロ

 キャプテン倶楽部やトカラ列島など主に、南方海域で釣れる。大型は100〜200キロを超えるサイズもいるということであるが、残念ながら100キロを超えるモノはヒットしても歯が立たない。群に当たると入れ食いになる。写真は50キロ前後であるが、90キロクラスまではキャッチされている。

トカラ列島:増田氏

 マダイ

 カンパチと並び、初期の銭洲のターゲットになる。アベレージサイズは4-5キロ前後が多いが、10キロ前後も顔を出す。相模湾のコマセダイ同様、10mの長ハリスで狙うがハリスの号数は4〜6号が標準。
 今年はマダイが絶好調。4月に入り、連日のように2〜9キロサイズが船中30枚以上記録されている。

 

 
銭洲:とび島丸 2000年4月10日

 沖メジナ(クロメジナ)

 マダイを狙っていると良く喰ってくる。やはり4ヒロ以上の長ハリスの方が喰いが良い。良く引く魚で、ベテランは「味はマダイより上」と公言する。沖メジナは磯で釣れるメジナとは違い、歯が鋭く、飲み込まれるとハリスを切られることが多い。

 

 

 ウメイロ

 銭州のお土産となる五目釣りの浅場の定番。オキタカベとも言われるが、塩焼きより刺身で食べると旨い。引きも良く、水中を覗き込むと背中が梅色に光ってくるので直ぐ解る。狙う棚も20-30メートルから時には10メートルと非常に浅い。水圧の変化に弱く、釣り上げるとすぐに死んでしまう。

 

 オナガダイ(ハマダイ)

 浅場の五目の華がシマアジなら深場の華はこのオナガダイ。深場の五目釣りのメインターゲットであり、4-5キロから大型は10キロ近くにもなる。味はピカイチでその名の通り長く伸びた尾ビレが目印。

 銭洲:鈴木氏 

 アオダイ

 中深場を攻めていると喰ってくる。引きが強く、鮮やかな青色なので非常に美しい。これも美味な高級魚。

 

 ヒメダイ

 浅場の五目釣りの定番がウメイロなら、深場の定番がヒメダイ。。薄いピンクの色をしており、尾ヒレが少々長い。群れているので2-3本針にずらずら付いてくる。身は少々柔らかいが刺身でグッド!

 

 メダイ

 いうまでもなく抜群の引きをする高級魚。水圧の変化にも強くて表層まで強烈なファイトを楽しませてくれる。体表がぬるぬるしているが、釣り上げたらたわしでごしごし落としてしまおう。これも例外に漏れず、旨い魚。


イナンバ:メイビー前原君(坊主万歳友の会 会長)