変化朝顔あれこれ

特殊な遺伝子を持つ朝顔達。

これらの朝顔には特殊な長い漢字の名前が付けられているのですが、簡便な名前でアップしています。
             (私に判らない物も有ると言うのが、最大の要因なのですが ^^;)

牡丹
雄しべ雌しべとも花弁化した物
采咲きのタネから出現
牡丹
「青糸柳葉赤藤采咲牡丹」に成るはずだった物
同左
采咲き(不完全)
枝垂れ
「黄桔梗渦葉枝垂淡紅糸覆輪桔梗咲」
下垂性の蔓
石化
「青水晶斑入林風孔雀葉石化白切咲」
茎が帯化
石畳
「青常葉紫覆輪石畳咲」
切れ咲き
「青立田尾長抱葉淡紫切咲」
切れ込みのある花と
トンボ葉が特徴
台咲き
花弁が途中で腰折れに成る
梅花
台咲きから出現した物
染め分け
白地に一部紫が出る 
獅子咲き
笹葉切咲き赤覆輪
ツルナシ白花

 これらの持つ遺伝子は、劣性遺伝子の様で、播種した物全てがこういう性質を現すとは限らない。
発芽間もない時、いじけてしまった様な双葉の物がこの様な花を咲かせる可能性が高い。

 大輪朝顔などだと、双葉が行司の持つ軍配型に整った苗を選別して育てるようですから、逆の選別によってこの様な花を見ることが出来ると言うことですね。

梅花の発芽 変化朝顔の発芽 采咲きの発芽
右の貧弱な双葉の物を選別育苗

亜茶さんのHP「朝顔の庵」を訪問されると変わった花が見られます。(^0^)