紫陽花いろいろ

紫陽花も沢山の園芸品種が有るのですが、その中で手元に有る物だけをアップしてみました。

伊予絞り
青系でガクアジサイと同じ様な咲き方をする
ガクの部分に白の散り斑が出る。
甘茶
青系だと思われるが、少しピンクに成っている

七段花
ピンク系の花


 いずれの株も鉢栽培です。
そのせいか、花全体の大きさが全て小さめで7〜8センチ 程度です。
姫紫陽花
30年ほど前にこの名前で貰った物。
地植えにすると勢いが着いてよく見かける物と同じように育つらしい。
斑入りガクアジサイ
葉に出る斑の出方が安定しておらず、無斑の葉が出ることもある。


隅田の花火
七段花によく似ているが、ガクの無い小花が七段花に比べると沢山ある。

鉢で樹勢を抑えて栽培すると春に伸びる茎も細目で花も小さめに成り易い。
それ故、小さい花芽が冬場に乾燥や寒さで傷んでしまうことも有ります。 

アジサイは従来ユキノシタ科(Saxifragaceae)に入れられていたが、花形の違いによりアジサイ科(Hydrangeaceae)として独立されたそうです。

アジサイ科の中にはアジサイ(Hydrangea)属の他にウツギ属やバイカウツギ属も含まれています。
柏葉紫陽花スノーフレーク
(Hydrangea quercifolia‘SnowFlak’)
名前の如く葉の形が柏の葉に
似ています。花も他の紫陽花と違い穂状にせり上がりながら開花します