本文へスキップ

RINK  Rights of Immigrants Network in Kansai すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク

  
            
移住者の人権の部屋

RINKのホームページへようこそ!
ここ
では、移住者に関する情報をお知らせしています。


お知らせtopics

Protest against Donald Trump
We stand with MUSLIM,REFUGEE,MIGRANT
NO BAN  NO WALL

     *********************************
     トランプ米大統領の移民・難民に対する差別的措置にかかわる抗議声明
     *********************************

 移住連は、トランプ米大統領による移民・難民に対する差別的措置に抗議し、これらの措置に反対する世界中の人々の声と行動に連帯を表明します。

 トランプ米大統領は、シリア難民をはじめとする難民の受け入れ停止やイスラム圏7カ国の国民の入国を禁止する大統領令を発しました。これは、難民条約や国際人権規約などをはじめとする国際人権条約に反する上、国籍、宗教等にもとづく差別や排外主義をあからさまに示す措置です。また、トラ ンプ米大統領は、メキシコとの国境に壁を築くなど「不法移民」対策の強化を主張しています。これらの決定に対し、世界の多くの首脳も懸念を表明し、各地で批判の声と行動が生じています。

 一方、日本の安倍首相は、トランプ米大統領によるこの大統領令に対し、「各国の入国管理政策は基本的には内政事項」として静観する構えを見せた 上で、「日本は日本としての出入国管理を行っており、難民に対する対応を行っている」としました。しかし、いうまでもなく日本も難民条約や国際人権規約など国際人権条約の締約国であり、条約を遵守する義務を負っています。こうした義務を負おうとしないトランプ米大統領の方針を追認し、国際 的にも批判の強い日本の難民政策や出入国管理政策を正当化するのではなく、「自由」「民主主義」を価値とする国家として国際的な責任を果たすとと もに、トランプ米大統領に対し、毅然とした態度をとることを求めます。また航空会社をはじめとする日本の企業にも、民主主義社会を構成するアク ターとして、人権を保障し差別を許さない社会的責任を果たすことを求めます。

以上


2017年2月3日
特定非営利活動法人 移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)


2017年


激動が予想される2017年となりました。

排外的な動きが強まり、多文化主義が揺らいでる世界の動きが伝えられています。移住者にどのような影響が出てくるかは今の時点では定かではありません。多国籍企業、国際金融資本の利益を追い求める新自由主義的グローバリズムのもたらす格差と不平等、貧困が臨界に達していることによる動きでもあります。


日本では2016年6月に在留外国人が230万人を超え過去最多となり、難民申請者も1万人を越えようとし最多となりました。少子高齢化のなかで労働年齢人口が減少するなか、外国人労働力を求めるベクトルは強まっています。

しかし日本政府は外国人労働者を正面から受け入れることをせず、2016年11月28日には「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」
(技能実習法)を施行しました。

他方で運動の成果として「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(ヘイトスピーチ解消法)が2016年5月24日に成立しました。

こうしたなかでRINKは移住者・難民の人権を守り、共生社会の実現を求めていきます。


Philippine Community Coordinating Council(PCCC)から表彰

2016年12月17日、フィリピン人コミュニティのPCCCから、RINKは「多くのフィリピン人を年間を通して支援」したとして表彰されました。

クリックすると拡大します


これからの予定EVENTS

外国人労働者のための何でも電話相談

3月24日(金)25日(土)26日(日)   PM3:00~PM8:00
 CALL US!
      06-6949-0005

労働組合や弁護士などの専門家・専門機関が相談を受けます。
█労働相談
█法律相談
█入管手続き相談
█社会保険・年金相談 その他なんでも相談してください。
英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語の通訳があります。
弁護士と会って相談できます。


新着情報news & INFORMATION

【外国人労働者導入問題】 【入管政策・統計】  【社会保障】 【労働】
【訴訟】  【国際人権】  【教育】  【難民・収容】 【差別事件】

█スリランカへの一斉送還に対する抗議声明(移住連など、16/10/6)
●韓国「結婚移民」続々 政府が支援、少子化対策に期待も(朝日新聞、16/9/21)

2015年における難民認定者数等について(速報値)(法務省入管局、16/01/23)
●強制送還のガーナ人死亡、二審は遺族側の逆転敗訴(朝日新聞、16/01/18)
●大阪市が全国初ヘイトスピーチ抑止条例 懸案3議案可決(朝日新聞、16/01/16)
「外国人にわかりやすい地図表現検討会議報告書」公表(国土地理院、16/01/06)
█製造業外国従業員受入事業に関する告示案及びガイドライン案に係る意見募集について(経産省、15/12/28)
 
製造業外国従業員受入事業に関する告示案製造業外国従業員受入事業に関するガイドライン案
  パブコメの締め切りは1月28日
█難民保護を損なわずに安全上の懸念に対処する-UNHCRの見解-(UNHCR、15/12/15)
「日系定住外国人施策の推進について」実施状況(日系定住外国人施策推進会議幹事会配付資料、15/12/15/)
█移住連から戦争法(安全保障関連法)への
抗議声明(2015/9/25)
█改定特区法に基づく「外国人家事支援人材」 受入れ事業政令案、
パブコメ
 指針案パブコメ(移住連 15/08/16)
平成26年度 日本語教育実態調査について(文化庁、15/07/29)
●「スバル」快走の陰で軽視される外国人労働者(ロイター、15/07/28)
●国連、日本の難民認定改革案に懸念 制度の改善求める(朝日新聞、15/07/25)
●経団連会長,人口減社会「移民へのドア開けないと」(日経新聞、15/07/23)
●人種差別撤廃基本法:研究者、弁護士らが集会 成立訴え(毎日新聞、15/07/22)
●国籍取得を安倍首相に要請=比残留日系人(時事ドットコム、15/07/22)
●「在日コリアンは強制送還」 ネットにデマ 入管が否定(朝日新聞、15/07/21)
●外国人技能実習生、労災とまらず千人超 過労死手続きも(朝日新聞、15/07/13)
●外国人登録5万人未更新…在留カード切り替えず(読売新聞、2015/07/06)
█「自由と平和のための京大有志の会」の
声明書
●国家戦略特区:家事や医療での外国人登用広げる改正案成立(毎日新聞、2015/07/08)
█外国人建設就労者受入事業に係る人材活用モデル事業募集(
一般財団法人国際建設技能振興機構、2015/07/03)
█第5次出入国管理基本計画(案)に関する
意見の募集(法務省、2015/07/25まで)


活動報告REPORT

RINK第26回総会と結成25周年記念シンポジウムが開催されました


***************************************************
RINK25周年記念シンポジウム
「移民」は必要か?!
韓国と日本 ー 移民政策の過去・現在・未来
***************************************************

2020年の東京オリンピックを控えて、日本政府は「人権大国」を打ち出すと同時に、労働力不足を背景に外国人労働者の受入れを模索するようになっています。しかしこれらの政策は、これまで日本政府がとってきた厳格な出入国管理政策や、いわゆる「単純労働者」の受け入れを認めず「外国人技能実習制度」によって代替するという政策からの「転換」となるのかは注視が必要です。このとき、1990年代まで日本と同じような政策をとってきた韓国が、2000年代以降政策を転換し移民受け入れに向き合い、制度・政策を整備してきた経験は大いに参考になるはずです。
そこで本シンポジウムでは、韓国からゲストをお招きし、在日コリアン、日本人とともに、日本と韓国の移民の受入れや処遇の経緯を振り替えつつ、今後、どのような移民政策をとっていくべきか、またそこでの市民運動の役割について考えます。

日時:2016年12月10日 (土) pm 2:15~pm5:00 (pm 2:00開場)
場所:エル・おおさか5階 研修室2
(大阪市中央区北浜東3-14、
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html)

【特別報告】
「韓国の移民政策の現状と課題」 ゴ・ジウンさん(韓国・弁護士)

【パネルディスカッション】
「『移民』は必要か?! 韓国と日本ー移民政策の過去・現在・未来」
イ・ヘジンさん×郭辰雄さん×丹羽雅雄さん
詳細は活動報告のページへ


RINK 「第3回例会」

日時:9月29日(木)午後6時半から
場所:エルおおさか5階 504号室(京阪・地下鉄天満橋)
報告:移住者の貧困を考える―外国籍母子世帯を中心に―
報告者:高谷 幸さん(岡山大学教員)

主催  :RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
問合せ先:TEL06-6910-7103


RINK 「第5回通訳者・相談員スキルアップ講座」


日時:2016年6月26日(日)、7月2日(土)、7月9日(土)、7月17日(日)の13:00~17:00
場所:エルおおさか

█第1回 6月26日(日)13:00~17:00 5階501号
 ○はじめに:入門・基礎知識編
 ○通訳:通訳現場での心構えや通訳者の倫理
█第2回 7月2日(土)13:00~17:00 10階研修室5
 ○医療:医療相談での対応や医療制度に関する解説
 ○教育:学校現場での対応や教育制度に関する解説
█第3回 7月9日(土)13:00~17:00 10階研修室5
 ○家族:結婚・離婚・出生・認知など家族に関する制度や法律の解説
 ○出入国管理:在留・住民登録など現行入管法とマイナンバー
█第4回 7月17日(日)13:00~17:00 5階501号
 ○労働:家事労働・技能実習生ほか労働に関する制度や法律の解説
 ○社会保障:生活保護・保険・年金などに関する制度や法律の解説

「第5回通訳者・相談員スキルアップ講座」案内募集要項・申し込み書
(受け付けは終了しました)

主催  :RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
問合せ先:TEL06-6910-7103



RINK 「第2回例会」

日時:7月6日(水)午後6時半から
場所:エルおおさか6階 604号室(京阪・地下鉄天満橋)
報告:外国人労働者受け入れの現状と今後の動き
報告者:小山かおるさん(NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク運営委員)

主催  :RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)
問合せ先:TEL06-6910-7103

移住連 徳島ワークショップ

6月4-5日に徳島で移住連ワークショップが開催されました。
このページの先頭へ

RINK

〒540-0026
大阪市中央区内本町1-2-11
       ウタカビル 201
TEL 06-6910-7103
FAX 06-6942-0278
email:rink@a.email.ne.jp

※アクセス(ACCESS)
地図(MAP)はココをクリック
地下鉄「谷町4丁目」駅下車、3番出口から
                西へ1分

RINK 電話相談

■多言語相談
 TEL 06-6910-7103 
 月曜日-スペイン語
    PM2~PM5
 火曜日-スペイン語
    PM2~PM8
 水曜日-中国語
    PM2~PM5
 木曜日-ベトナム語
    PM2~PM5
 金曜日-タイ語
    PM1~PM6
 
 電話・来所での相談を行っています。
          (事務所はココ

入管ウォッチャーズ 電話相談

【入管ホットライン】
 入国管理局に収容されている
     人のためのホットライン
 TEL06-7502-3636
・月~木 AM10~PM5:30
・土~日 PM1~PM5
 (日本語)
・金 PM1:30~PM6:00
 金曜日は多言語対応
(中国語、スペイン語、ポルトガル語、
         フィリピノ語、英語)

プロフィール - RINK

プロフィール - RINK