放送受信章の変遷

1925-2008


CONTENTS

はじめに、放送受信章とは

3局並立時代:最初期の聴取章                 (1925-26) 
3局合同と放送協会の設立:支部別の聴取章         (1926-34) 
組織改正、より強固な全国組織へ: 聴取章の統一     (1934-39) 
戦時体制へ: 放送協会の聴取章から逓信省の許可章へ (1940-45) (加筆訂正)

戦後復興: 放送協会からNHKへ                (1946-49)
ラジオ黄金時代の聴取章                     (1950-53)
テレビ放送の始まりと普及                    (1953-62)
銘板からシールへ                         (1963) 
カラー契約の追加、ラジオの無料開放             (1968)
衛星放送の開始、最後の受信章                (1984-2008)
放送受信章の廃止                        (2008)

参考文献

ラジオ博物館HOME


はじめに、放送受信章とは

 放送が始まった当初から、ラジオ放送(のちにテレビ)を受信するには、放送局(現在はNHK、戦前は日本放送協会)との受信契約が必要であった。
受信章(ラジオ時代は聴取章)は、契約を結ぶと送られてくる小型のラベルで、玄関先や門柱など受信機の設置場所の、外から見やすい場所に表示する義務があった(携帯受信機の場合は受信機に取り付ける)。
標章は放送開始当初からあり、そのデザインや表記は、放送局の組織の変更や制度、契約の種類の変更などに従って変化してきた。
本稿では、その変遷をたどることにする。

 なお、放送法が成立する1950年まではラジオの聴取に逓信省(のちに電通省)の施設許可が必要であった。
受信契約が結ばれると、放送局からは「受信章」が、逓信局からははがきに印刷された「聴取無線電話施設許可書」が送られてくる仕組みであった。

TOP


3局並立時代:最初期の聴取章 (1925-26)

 東京、名古屋、大阪の各放送局が独立した組織であった時代は、各放送局が聴取章を発行した。

    
初期の受信章 いずれも1925(大正14)年
(左)東京放送局  (中)大阪放送局 (個人藏)  (右)名古屋放送局(個人藏)

 放送開始初期の放送局が発行した受信章。東京の受信章は真鍮製である。大阪のものは全くこれと異なり、ホーロー引きである。
きっちりとしていて権威が感じられる東京に対して、明るく手作りの味があり、素朴な風合いの大阪という感じである。
名古屋放送局の初期の受信章も大阪と同じくホーロー引きである。この受信章は2015年現在、名古屋市内の住宅に現存するもので2729番という開局当初の若い数字が残っている貴重なものである。このデザインは次項に示すように3局合同後の東海支部の受信章に引き継がれたが、初期の名古屋の受信章は。東京や大阪より一回り大きい。

TOP


3局合同と放送協会の設立:支部別の聴取章 (1926-34)

 1926年8月20日、政府の方針により東京、大阪、名古屋の3放送局は1つの社団法人に再編されることになり、日本放送協会が成立した。
各放送局は東京を本部とする関東、関西、東海の支部に再編され、それぞれ中央放送局とされた。
大阪放送局の本放送開始は1926年12月1日であるので、合同されてからの本放送ということになる。
3つの放送局が独立して活動していたのは1年半余りの短い期間であった。
東京放送局は、東京中央放送局となり、1927(昭和2)年度には新たな支部が追加され、関東、関西、東海、中国、九州、東北、北海道の7つの支部で全国を網羅する組織となった。
全国組織となり、聴取章は、各支部ごとに発行されることになった(写真を除く図版は文献(1)より)。

   
(左)東京中央放送局発行 1932(昭和7)年頃 (中)関西支部(JOBK)   (右)東海支部(JOCK)  いずれも1930(昭和5)年頃

放送協会設立後の聴取章。東京のものの材質はアルミである。大阪の材質や色は不明、名古屋のものは名古屋放送局と同じホーロー製と思われる。

合同から5年近く経過しても、放送協会は各支部の権限が強く、この時代、標章の形は統一されていない。

    
      東北支部(仙台JOHK)  (左)1930(昭和5)年頃 (右)1932(昭和7)年(個人藏)

    
左から 北海道支部(札幌JOIK) 九州支部(熊本JOGK)  中国支部(広島JOFK)  いずれも1930(昭和5)年頃

標章の表記は、東京が古典的な「聴取無線電話」となっているのに対し、ラヂオ聴取章、聴取章、聴取者標章など、様々な表記がみられる。放送局名の表記も、東京は「東京中央放送局」だが、他は広島放送局など局名を漢字表記したり、JOBKのようにコールサインのみ、東海は「東海支部」などさまざまである。デザインは、東京のデザインに近いものが多いが、東北支部だけは角形になっているなど、個性的である。

なお、次の写真に示す1940(昭和15)年製のラジオに取り付けられた札幌放送局のものと思われる聴取章が確認されている。
先に紹介したJOIKのものとはデザインが異なる。

 

TOP


組織改正、より強固な全国組織へ: 聴取章の統一(1934-39)

1934(昭和9)年の組織改革で本部都市部から成る組織を廃止し、各支部が中央放送局となる全国統一の組織となった。
これに伴い、聴取章のデザインも統一され、上記の東京のデザインを基本として、「ラヂオ聴取章」「日本放送協会」「東京など局名」の表記に改められた。
東京、名古屋、大阪については統一されたデザインの聴取章の存在が確認されている。
東京、大阪は、聴取者数が多いために通し番号ではなく、イロハまたはアルファベットと番号の組み合わせの許可番号となっている。

   
統一された受信章 (左) 東京   (中)大阪(個人藏)    (右) 名古屋

TOP


戦時体制へ: 放送協会の聴取章から逓信省の許可章へ (1940-45)


 1940(昭和15)年頃から、戦時体制を反映して、従来、許可書は逓信局、聴取章は放送協会からそれぞれ発行されていたのが、放送協会の聴取章が廃止され、逓信省の「放送聴取許可章」が「聴取無線電話施設許可書」とともに逓信局より発行されるようになった。

 
   初期の逓信省の許可章(熊本) 寸法は長辺側で約45mm

  

(左)逓信省の許可章(東京) 1943(昭和18)年頃 (右)通信院の許可章(広島) 1944(昭和19)年頃

逓信省が直接許可証を発行するようになった時のもの。
初期のものはアルミ製で、表記が右書きである。
戦争末期のものは表記が左書きとなり、木製の札となっている。
1943年11月から官庁の再編で逓信省と鉄道院が統合され、運輸通信省となった。
通信は同省の外局である通信院の所管となり、受信章の表記も変更された。
1945年5月には運輸通信省から通信院が分離され、内閣所属として逓信院が設置された。
戦後、再び逓信省が設置されるが、海運、航空は運輸省の所管のまま残され、通信事業のみを担当した。

TOP


戦後復興: 放送協会からNHKへ (1946-49)

 戦後、1946(昭和21)年から、現在まで続く「NHK」という略称が使われるようになった。
戦後になっても逓信局による聴取許可の制度は続いていたが、逓信省の許可章から、従来のNHK発行の聴取章に戻った。
この時代の聴取章はもっとも粗末なものとなり、紙製のシールである。まだ逓信省の許可が必要な時代だったが、許可番号の表示は省略されている。今のところ昭和22年のものしか確認されていない。昭和23-24年にもこの形が続いたかどうかは不明である。
玄関先などに掲示されたものが残ることはほとんどなく、次に示すものは、たまたまラジオのパネルに貼られたために現在まで残ったものである。

 
昭和22年度 NHK聴取章 日本放送協会 1947(昭和22)年

TOP


ラジオ黄金時代の聴取章 (1950-54)

放送法が成立して民放が開局してから、テレビが普及するまでの1950年代前半が、日本のラジオ黄金時代である。
この時代には、戦前並みのアルミ製の聴取章が復活した。

 
NHK放送聴取章 1951年頃

放送法成立後は逓信省の許可が不要となったので、許可番号の表示がない聴取章となった。
このため、サイズは戦前より一回り小さくなった。

TOP


テレビ放送の始まりと普及 (1953-62)

 1953年にテレビ放送が始まり、新たにテレビジョン契約が設けられた。
このため、ラジオ、テレビの契約別に受信章が作られた。

    
放送受信章 (左:ラジオ用、右:テレビ用) 1958年頃

 ラジオ用の標章は、基本的なデザインは変わらないが、表記が「放送聴取章」から「放送受信章」に変更された。
テレビが急速に普及した1959(昭和34)年以降、ラジオの契約者が急減した。
このため、、1962(昭和37)年度からラジオ、テレビそれぞれ別々に契約していた体系を、ラジオ、テレビ両方の契約(甲)とラジオのみの契約(乙)の2種類に変更した(4)。
受信章に変化はなく、(甲)契約の場合、テレビの受信章のみを掲示したようである。

TOP


銘板からシールへ (1963)

 
NHK制作のポスター「かたぐるま、ぼうやがはった受信章」より

受信章は、1963(昭和38)年頃に金属製の銘板からシールに変更された。テレビの受信章は元のデザインから「TV」の字が削除され、ラジオの受信章もテレビのデザインと共通で色が異なるシールに変更された。こちらには「ラジオ」の文字と、旧受信章にあった電波塔のデザインが入れられている。どちらかというとラジオのみの契約のほうが少数派となっていたためであろう。正式にはテレビ用を「甲受信章」、ラジオ用を「乙受信章」と呼んだ。
シールへの変更は、団地の出現など住宅環境の変化により銘板を打ち付けられない住宅が増えたことやコストダウンのためと思われる。
この時作られたポスターなどのコピーは「かたぐるま、ぼうやがはった受信章」で、銘板よりも容易に取り付けられることをアピールしていた。

TOP


カラー契約の追加、ラジオの無料開放 (1968)

 1968(昭和43)年、カラー放送の拡充に伴い、カラー契約が追加された。従来の(甲)契約は「普通契約(通称白黒契約)」となった。
これに伴いラジオのみの契約は廃止され、ラジオは無料開放された。
FM放送はこの時まだ実用化試験放送だったため無料であった。結局、FMは有料で放送されたことはなかった。
カラー契約用に新しい受信章が作られた(シール形式)。

 
カラー契約用受信章 1968年 

この受信章は当初カラー契約、のちに衛星放送を除く(地上波)カラー契約用として、長く使用された。

TOP


衛星放送の開始、最後の受信章 (1984-2008)

 1984年から、NHKによる直接衛星試験放送が開始され、1989年から本放送を開始した。
これに伴い「衛星カラー契約、衛星普通契約」が追加され、専用の標章が作られた。

 
衛星契約用受信標章 1989年

 衛星契約を結ぶと地上波も見ることができるため、この標章のみを掲示することになる。
写真ではわかりにくいが、ホログラムシールである。

TOP


放送受信章の廃止 (2008) (5)

 2007年には衛星、地上波とも普通契約が廃止された。
放送受信章は、放送開始当初から、契約を結ばずに受信する世帯を識別するために使われてきた。
しかし、プライバシー意識の高まりにより受信章の掲示を行わない家庭が増加したことや、携帯端末の使用などにより、受信章に頼らなくても契約の有無を確認できるようになったため、2008(平成20)年10月をもって放送受信章は廃止された。
なお、受信契約は、現在、衛星、地上波の両方を受信できる「衛星契約」と、地上波のみの「地上契約」および、離島など、衛星放送しか受信できない地域のための「特別契約」の3種類となっている。
また、これも長く続けられてきた「訪問集金制度」も受信章と同時に廃止された。なお、未収回収などのための訪問は継続されている。

TOP


参考文献

(1)ラヂオ年鑑 昭和6年度版 (社)日本放送協会
(2)ラヂオ年鑑 昭和12年度版 (社)日本放送協会
(3)ラジオ年鑑 昭和16年度版 (社)日本放送協会
(4)NHK年鑑 1963年版 日本放送協会
(5)本項の記述はNHKのサイト(http://www.nhk.or.jp/)による

TOP ラジオ博物館HOME















































出会いの段階