スリ・ランカの高地には、茶畑が広がっています。
スリ・ランカで、茶の栽培が始まったのは、1867年からです。
それまでは、コーヒーを栽培していました。
当時コーピー栽培は、病気害とブラジル等の新興産地の台頭で、岐路に立たされていました。
それにしても、1世紀もしないうちに、セイロン・ティーがこれほどまでに有名になったのは、驚きです。
茶畑で、茶摘みをしているのは、タミール人です。
彼らは、茶摘みのための労働力として、インド南部から連れてこられました。
国籍がないものが多いそうです。


Loolecondera Tea Estate
ローレコンデラ茶園

1867年にコーヒー栽培のためスリ・ランカに来ていたスコットランド出身のジェームス・テイラーが最初に茶を植えたことからスリランカの茶の栽培が始まりました。
茶園には、博物館や住居跡が現存しています。
Tea Estate
茶畑
Tea Estate
茶畑
Tamil
タミール人


Copyright (C) 2003 Ryo YAMANA All rights reserved.
Copyright (C) 2001 Ryo YAMANA All rights reserved.