泌尿器科疾患解説サイト

前立腺癌の確率を計算してから日帰り生検する横浜市の泌尿器科。

尿道炎(性行為感染症)

性交渉によって菌が尿道に侵入したときに起こります。

淋菌性尿道炎

感染機会から3日以内に排尿時の強い痛みと尿道から黄色い膿が出ます。 尿の顕微鏡検査で白血球が多数見えます。

クラミジア尿道炎

感染後の発症は1~2週間と遅く、症状も軽い例が多く、排膿も透明で目だたないことがあります。
顕微鏡で白血球が少数見えます。
尿を検査会社に送ってクラミジアの遺伝子がいるかどうかで診断が確定します。
結果判明に、数日かかります。

 

治療法

最近の淋菌は、クラビットなどのキノロン系抗菌剤が効きません。したがって治療には、セフェム系抗生物質の点滴と内服で治療します。だいたい一週間以内に治癒します。
クラミジアは、ジスロマックSR2g一回内服するだけの治療が有効です。
ユンケルぐらいの大きさの容器の底にドライシロップが。水を注いで一気に飲むだけ。ヨーグルト味です。
淋菌にもある程度効きますので、どちらの尿道炎か初診時に確定できない時にも処方します。

エイズ検査について

風俗店で性行為感染症をうつされた方はよく、エイズの検査も希望されますが、健康保険ではエイズ検査は受けられません。
横浜市では福祉保健センターで、無料・匿名で検査を受ける事ができます。
都筑区の福祉保健センター(センター南駅)では、予約制で火曜日の午前9時から9時半まで受け付けています。予約制(Tel:045-948-2352)です。