●2003/08/02 Sat  If...

If...
相変わらず風邪っぴきで調子がイマイチ……。
昨日のミニ・オフにも行けなかったし、今日の英語もお休みです。なにせ喉をやられちゃってて声が出ないからなぁ(^-^;)

If... sumisumiさんのHPやさしい洋書・絵本のコーナーでの紹介を見て、すっかり気に入ってしまいました。こういうトボけた絵が好きなんですよー。内容もほのぼの系で良かった♪
Zack's Alligator 先日紹介しましたZack's Alligator Goes to Schoolのシリーズ一作目。おじさんってば"P.S. Water Bridget"だけで水をかけたらどうなるかの詳しい注意はなんにもなし(笑)それにしてもカップラーメンじゃないんだから〜(笑)
Marvin Redpost: Class President 今までの4作に比べるとちょっと印象が薄いかな〜。日本では子供が首相になることを夢見る、なんてあんまり考えられないし(爆)Marvinのお母さんが息子の話を聞かずに頭ごなしに怒っちゃうというのが珍しかった。

●2003/08/03 Sun  悪女入門−ファム・ファタル恋愛論

悪女入門−ファム・ファタル恋愛論
大分、体調は良くなってきましたが、相変わらずあまり集中して本は読めない……。
というわけで、チャーリーズ・エンジェルのビデオ(先日のTVを録画していたもの)を見ました。実はオリジナルのTV放送もちょっとばかり見ていた世代……でも、新エンジェルも素敵。キャメロン・ディアスはもちろんcuteですが、ドリー・バルモアがいいなぁ〜。いろいろあったけどいい感じに年を取りました、という感じがして。ルーシー・リューは東洋系だけど体型はハリウッドっ!でかっこいいし。ストーリーうんぬんはどうでもいいや、アクションと女優陣がかっこいいから(笑)

悪女入門−ファム・ファタル恋愛論 面白かったので一気に読んでしまった。丁度、風邪で英語が頭に入りにくかったし。鹿島先生ただのスケベおやじじゃないですねー(って失礼;爆)フランス文学入門書としてとても良く出来てます。読みたい本がまた増えちゃったよ(笑)ちなみに自分はぜーったいにファム・ファタル体質じゃないということも良くわかりました(読む前から分かりきってるし!:爆)
Oil Spill! 重油流出事故について。油の回収方法にもいろいろあるのですねー。
The Client ナルニアは一休みしてこちらを読み始めました。まだ50Pぐらいしか読んでませんが、かなり読みやすい。文章はナルニアよりずーっと読みやすいです。ただ、長いんですよねー(^-^;)

●2003/08/05 Tue  夏風邪はしつこい……(^-^;)

The Client
風邪はやっと咳と痰を残すだけになったかと思っていた昨日のこと。
前の晩は珍しく暑くて、夜中に目が覚め水を飲みに行ったのが運の尽き……ダイニングテーブルの足を思いっきり蹴ってしまいまして、左足の薬指を突き指、思いっきり紫色になってしまい、歩くと痛いんです〜(涙)で、ツイてないなぁと思っていたら、夜になって右足ひざより下に激しい痛みが……どうやら風邪からきた神経痛らしいです。夏風邪はしつこい、というのは本当のようです(^-^;)皆さんも気をつけてくださいませ。

The Client ただ今、やっと半分くらい。GRも良くまとまっていた面白かったんですが、やっぱり原書の方が密度が濃くて面白い。キャラクターに厚みも出るし。英語はとにかく読みやすい。一文が短く、構造がややこしくない。語彙については多少難しい言葉(法律用語とか)が出てきますが、主人公が子供なので、彼に説明するという形でやさしい言葉での言い換えがある場合もあってありがたいです。

●2003/08/06 Wed  ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's DiaryWOWOWで録画したままほったらかしてあったブリジット・ジョーンズの日記を見ました。実はぶっ飛んだ女性が主人公の話ってそれほど得意じゃないんです。アリーMyラブも3シーズンまで見たけどアリー自身はあんまり好きじゃなくて、回りのキャラクターが好きだったという(^-^;)ブリジットもぶっ飛んではいますが、まぁ許容範囲(エラソーやなー:爆)トナカイのセーター姿の間抜けな男、マークが良かった。話はまぁありがちなラブコメで、レニーがかわいいから救われてるって感じかなぁ〜。とりあえずディテールがおかしい、笑えます。ヒューはいつもにも増したダメ男っぷりが最高です。世界一のダメ男役者と呼ばせていただきたい(爆)

The Client 残り3分の1です。真中辺りで一瞬ダレましたが、また面白くなってきましたー。続き読みます(笑) 

●2003/08/08 Fri  300万語通過!

The Client
ついに300万語突破いたしましたー。うれしい(^-^)

本当ならばもっと派手に「祝!」といいたいところなんですが……。
実は長年お世話になっていた歯医者さんがお亡くなりになったと、午前中に連絡があったのです……。
まだそんなにお年じゃないのに……。
熱中症で急死だそうです。
暑いときには無理は禁物、体には気をつけましょう。

The Client 面白かった!読み応えありです。上手いなぁ、John Grisham。
暴力的な父親から母親を守り、離婚後は父親代わりのようにがんばってきたMarkは年よりもずっと大人びている。でも事件のことになるとびっくりするほど大人っぽかったり、理屈が通らないほど子供っぽかったり、とちょっと不安定なところがあって、でもそれが魅力的なんですよねー。
Reggieは映画のスーザン・サランドンとは見た目は大分違う設定ですが、侠気のあるところは同じ。ものすごーくかっこいいです。こういう、潔い人は大好きだわ〜。
Foltriggの描写は服装からもイヤミがにじみ出てくるようで……信用できない気持も良く分かるという感じ。
翻訳はほとんど興味が湧かなかったんですが、他のGrisham作品も読んでみようかと思わせるものがありました。

●2003/08/10 Sun  洗車しなくちゃ……(^-^;)

Why I Sneeze, Shiver, Hiccup, and Yawn
台風も去ったことだし、今度こそ本当に洗車しなくちゃ……(^-^;)
駐車場は近所の子供の出入りが激しいので、車高が低め(別に改造してません:汗)で色は黒、しかも汚れている私の車は子供たちの格好の落書き対象になっているのだ(爆)
今回は何故かやたらと「あああ」と書かれている(^-^;)

はじめの3冊はいつものLet's-Read-And-Find-Outシリーズです。
Why I Sneeze, Shiver, Hiccup, and Yawn 今回一番のお気に入り。反射とはどんなものか、どういうメカニズムで起きるのかを解説。反射、神経、脊髄なんて英語でなんていうかフツー知りませんよね。それが簡単に分かるんです。すばらしー!
How Mountains Are Made 山はどうして出来るのか?プレート、マグマにまで触れて解説。面白いです。これもそうですが、アメリカの科学絵本って自分で出来る簡単な実験が載ってることが多いですねー。これって楽しい。
Look Out for Turtles 亀について(笑)世の中にはいろいろな亀がいるのだなぁと感心。亀には歯がないとは知りませんでした。
The Boston Coffee Party もしやと思って借りてみたら……やっぱり実話を基にしたお話でした。以前何かで読んだことあるんですよー<ボストン・ティーパーティ&コーヒーパーティ。日本で言うところの米騒動みたいなもんですね(ちょっと違う?)
Wizard and Wart 魔法使いとその弟子Wartがなんでも屋(かな?)を開業。お客さんを探すのですが……。依頼人たちが皆おかしい(笑)

●2003/08/11 Mon  パソコンが帰ってきた。

というか、正確には土曜日に帰ってきてました。
台風の影響で遅れちゃうかと思ってたんですけどねー。
意外や意外、予定通りでした。
やっぱりいつものマシンは使いやすいわ〜♪

Food and Drink in Britain イギリスの食、食の歴史のご紹介。牡蠣って昔はビンボー人の食べ物だったそうです。意外〜。フィシュ・アンド・チップスはやっぱり一度は食べてみたいな〜。イギリスで食べるより日本で食べたほうがおいしいって意見もありますが(弟談)puddingというのは日本で言うところのプリンみたいに蒸し焼きにしたものだけを言うのかと思っていたら、フルーツパイみたいにオーブンで焼いたもののこともpuddingというんですねー。
陰摩羅鬼の瑕 「おんもらきのきず」と読みます。いつもながら難読タイトルだー(笑)金曜日に発売になりました。早速読んでます。こっちが気になるのでしばらく英語は停滞するかもしれません(笑)

●2003/08/12 Tue  Martin Luther King

陰摩羅鬼の瑕
毎年のことではありますが……。
セミの鳴き声がうるさい(^-^;)
どのくらいうるさいかって言うと、目覚ましの音が聞こえないくらい!困る、困るのよ〜(爆)
なんか年々うるさくなってる気もします。セミのヌケガラだってすごいんだもん。普通に歩いてて一日に10個は見るんですよ〜。

Martin Luther King この人の話は以前に日本語でも読んだことがあります。が、英語で読むのはまた嬉し♪昔、アトランタに行ったときにこの人の生家も見てきました。あと、マーガレット・ミッチェルの家も。「風と共に去りぬ」は大好きなんだけど、キングの家を見たり話を聞いたりしたあとでは、ちょっと複雑な気分になる……。そのうち、マルコムXやブラック・パンサーの話も読んでみたいな。
陰摩羅鬼の瑕 残り1/3ほど。昨日はAmazonに画像なかったのに今日はあった(笑)
もう大分前のこと、誰かがロバート・ラドラムの著作を指して「この内容の濃さと長さ、日本人に書けない。やっぱり肉が主食の人たちはパワーが違う」と書いてたのを読んだ覚えがあります。そのときは納得したんですが、昨日これを読んでてふと思いました。問題は主食じゃなくてタイプライターだ!と。日本でもここ数年長くて読み応えのあるものを書く人が増えてきましたよねー。その作家さんたちってほとんどがパソコンorワープロ使用者。欧米にはきっと昔からタイプライターがあったから長編作家が多かったんだ、などと勝手な論をぶち上げてみたりして(笑)

●2003/08/14 Thu  陰摩羅鬼の瑕

陰摩羅鬼の瑕
今はお盆。
という訳で、お参りに行ってきました。
で、帰りにKIHACHIで晩御飯を食べて帰ってきたのだ。お参りと食事、どっちがメインかわからへんな〜(^-^;)
コースを頼んだんですが、量も程よくメニュー構成も良い感じで当たりでした♪でも、いつものことながら忙しそうだわ。

陰摩羅鬼の瑕 読了です。いつものことながら最後の京極堂の憑き物落しがすばらしい。常識だと思い込んでいることを考え直させてくれるんですよねー。それが気持ちいい(笑)今回の榎木津はしょっぱなから活躍(?)した代わり後半おとなしかった。もっと暴れてほしかったのに(^-^;)
Danger at Sea 子供向きノンフィクション。海での危険について。イギリスでは海難救助を行う人たちってボランティアなんですね。危険な仕事を無報酬で……頭が下がります。
"POLLUTION" 環境汚染についての話。こちらはOXFORDのFactfilesシリーズ。こういうの読んでると怖くなるからヤダ〜(泣)地球は大切にしなければなりませんねぇ。

●2003/08/15 Fri  Winnie-the-Pooh

Winnie-the-pooh
本日より、しばし留守にいたします。次回更新は月曜or火曜日になるかと。
出かけるといいつつ、すごい近場だったりします(笑)

そそ、昨日はオスカー・ワイルドを見ました。うーん、ワイルドの恋人ってダメやん!演ずるジュード・ロウがまた危なっかしいギリギリの雰囲気を良く出してるんだけど……それだけに憎らしい(笑)ワイルド役のスティーブン・フライの声が聞き取りにくかったなぁ。低くて早口だからでしょうか?ラスト近く、ワイルドの奥さんの格好良さにやられました(笑)

Winnie-the-Pooh 念願のくまのプーさんです。なんとか読了しました。でも、ホント思っていたより手ごわかったー(^-^;)
使っている言葉が難しいわけでもない、文体がめちゃくちゃ凝ってるわけでもない、なのに何故か意味がとりにくい……(ーー;)
韻を踏んでたりするからなのかなぁ?うーん、分からん。続きもボチボチ読んでいきますが、またそのうち再読してみたいと思います。
The Olympic Games オリンピックの歴史、活躍した選手たち、オリンピックが抱える問題などなどについても書かれています。読み応えあります。オリンピック見るのは好きなんですけどねー、スポーツは苦手。体弱いし。なので、この中の「健全な肉体に健全な精神が宿る」という言葉を聴くと複雑な気分になる。ああ、どうせ私は健全じゃないさ〜(笑)って(爆)

●2003/08/19 Tue  夏休み……
夏休み……短い夏休みもとうとう終わってしまいました。

ちょっと用事があったので京都で一泊、その後琵琶湖岸で一泊(温泉付き)してきました。残念ながらお天気に恵まれず、あまり夏休みという感じはしませんでした(^-^;)

←は一泊目の京都のホテルで食べたデザート。"ワゴンデザート お好きなだけ"とあったので、久々に「全部っ!」と言ってしまったら、こんな風になりました(爆)どれもあっさりしたお味でおいしかった(^-^) 実は私、バタークリームが苦手なんですがここのはおいしかった♪(左上のブルーベリーが一粒のっかったのがそう)
翌日は温泉に入って、近江牛食べて、名物食べて(食べてばっかりかいっ!:爆)、古い建物を見て回って、大満足。お天気さえもう少しよければ……(^-^;)

という訳で、遊びすぎて疲れて(爆)本はあんまり読んでません。
「AXLE TOM」 TOMは気は優しくて力持ち。でもあまりにたくさん食べるのでこのままでは大変なことになってしまう。という訳で、農場に働きに行ったTOMは持ち前の力を生かしてよく働きます。しかも村の人たちを困らせていた悪者までもやっつけてしまいます。いやぁ、ほのぼのとしていい話でした〜。人にはそれぞれその人にあった道があるんですね。
Recycling リサイクルのお話。もう少しマジメに細かくゴミの分別しないといけないなぁと反省。あと、買い物袋も持ち歩くようにした方がいいなぁと。

●2003/08/20 Wed  ウォーターボーイズ
ウォーターボーイズ夏風邪がなかなかすっきりしないままに、どうやら微妙に夏バテ気味……。おまけに遊びに行った疲れも重なって、少しばかり多読が停滞気味でございました(^-^;) なんか英語が頭に入らないというか、集中力に欠けるというか。ちょっと難しめのものだと頭を素通り……という感じ。

という訳で、ウォーターボーイズのDVDを見て気分転換(笑)今シーズンのドラマで唯一見ているのがTV版ウォーターボーイズなんですよ〜。スポ根は苦手だけどこういう話は好きだ(笑)映画はドラマより淡々とした演出&展開でイイ味だしてます。メイキング映像も見たんですが、やっぱりシンクロの特訓は大変だったんですねー。

Marvin Redpost#6:A Flying Birthday Cake? プチ停滞の時にはお気に入りのシリーズ、出来れば簡単で読みやすいもの、という教えに従ってMarvinシリーズを読みました。おかげで軌道に乗れそうです。でも、残り2冊になってしまった(笑)今回もいじめ問題が扱われてます。アメリカでも多いのかな?その後の展開が面白い。いじめられちゃう転校生の言動から、なんとなくその後の展開の予想はついちゃったんですが……それでも面白かった。Marvinはいい子ですねぇ(^-^)

●2003/08/21 Thu  Sponges Are Skeletons

Sponges Are Skeletons
今日はやーっと久しぶりにスポーツクラブに行ってきました。長いお休みだったよ(泣)
久しぶりだと、とてもしんどかったです(爆)体が鈍るのってあっという間なんですね(^-^;)

昨日はブッククラブに行ってきたのでまたまたLet's-Read-And-Find-Outシリーズを借りてきました。
Sponges Are Skeletons sumisumiさんの紹介を見て読むと決めました!面白かった〜。海綿の謎が解けました。でも、ひとつ謎が解けたらもひとつ新たな謎が……結局、Webで調べてみた(笑)生態はイソギンチャクやサンゴに似てるけど、この二つとは別物らしい。うーん、面白い。お風呂で使う海綿の作り方などもなかなか意外で興味深かったです。
Sounds All Around 音ってどんなの?どうやって伝わるの?というお話。耳の骨が震えて〜とかかなり具体的なことまで書いてありました。このシリーズ、子供向きとはいえホントに骨があるわ〜。

これ以外に、ナルニアの続きとか他にも数冊平行で読んでます。どうも暑くて集中力にかけるみたいで、一冊を一気に読むというよりは、何冊かを気分に合わせて読みたい感じです。

●2003/08/22 Fri  Bunny My Honey

Bunny My Honey
昨日の夕方のこと……ウチを出てから車に乗るまでのホンの一瞬の間に左肘の辺りを5箇所も蚊にくわれてしまいました……(^-^;)
よほど蚊が飢えてたのか、よほど私の血がおいしかったのか……かゆいよー。

Bunny My Honey ブッククラブで借りてきた絵本です。これがすっごく良かった!絵もかわいいし、お話もかわいい、お母さんウサギは素敵だし、言葉のリズムも良いです。作者はAnita Jeram、この人の絵本をもっと読んでみたいなー。
All Together Now 上と同じシリーズ。Bunnyはウサギ、Little Ducklingは雛(種類は不明:笑)、Miss Mouseはネズミ、でも3匹は大の仲良しで、みんなMummy RabbitのLittle Honeysなんです。3匹がどうやって知り合ったのか?のお話。
We're Going on a Bear Hunt とある一家が野や川や雪や森を越えてBear Huntに向かいます。いろいろな擬音語が出てきて面白い。

●2003/08/23 Sat  The Voyage of the Dawn Treader

The Chronicles of NARNIA
なんだか今頃になって夏らしくなってきた……(^-^;)
うーん、本当に変なお天気です。

The Voyage of the Dawn Treader やっと読了しました。私の持ってるのはThe Chronicles of Narniaの大きな本なので持つのが大変(^-^;)
これを読み始めてしばらくしてから夏風邪、その後夏バテ、遊び疲れとプチ停滞状態に陥っておりました。が、ボチボチ復活。なんとか読み終えました。途中、ブランクが入ったため話を思い出すのがちょっとキツくなってしまい、ちょっと読みにくかったです。今にして思えば、思い切って最初から読み返せばよかったかも。なにはともあれ、無事読み終えられてホッと一息。あっ!内容はもちろん面白かったんですよー。プチ停滞は単に体調の問題です(^-^;)

●2003/08/25 Mon  My Humorous Japan

My Humorous Japan
My Humorous Japan NHK英会話講座のテキストに掲載されていたエッセイをまとめたものです。滞日20年の英国人が見た日本の様子……面白いです。なにせ初版が91年なので少し古く感じられる部分もありますが、気楽に読めて楽しい。ここしばらくイマイチ本が頭に入らない状態だったんですが、そういえばこういう軽く読めて面白い、というのを英語で読んでなかった!日本語でも時々気楽でおばかなエッセイなどを読んでたのに、そういうのを読めてなくてリズムが狂ったのも停滞の原因だったのかも。物語はもちろん面白いんですが、どうしてもその世界に入り込んでしまうからちょっと疲れるときもある、そんな時、気分転換に軽いエッセイは必要ですね。
The Fugitive 映画公開時、母と一緒に見に行ったんですよねー。母はこれのTV版が大好きだったらしいんですよ(^-^;) というわけで、ストーリーは頭に入っているのでとても読みやすかったです。最後のシーンだけ人の位置関係や動きが少し分かりにくかったです。

●2003/08/27 Wed  Someday Angeline

Someday Angeline
昨日は英語の絵本の会でした。楽しかった〜。ちなみに会の折に食べたピザもおいしかった(笑)

Someday Angeline あまりに面白かったので一気読み。Angelineは生まれる前から何もかもを知ってたかのような天才少女。お母さんはAngelineが小さい頃に死んでしまって、ゴミ収集をするお父さんと二人暮し。Angelineはお父さんをとても誇りに思っていて、お父さんの仕事も大好き。お父さんは天才少女Angelineを愛しているんだけど、どう接していいのか少し戸惑っている。学校では8歳なのに最高学年のクラス、でも担任の先生はAngelineに理解が無く、同級生たちも意地悪……。前半は読んでいても辛かったんですが、そのうちに友達も出来、担任じゃないけど理解のある先生も現れ、だんだん救いが出てきます。Matilidaとは違い頭はいいけどちょっと幼いAngelineが痛々しい。お父さんの不器用さもいじらしい。そういえば、Matilidaといい、アメリカの児童文学には天才少女とか理解の無いとんでもない先生って結構出てきますねー。日本のではどうなんだろう?少なくとも私が子供の頃に読んだ本にはあまり出てこなかった気がする……でも、先生だって完璧な人ばかりじゃないと知らせる意味でもこういう本がもっとあってもいいのかも、と思う。
Sleep Is for Everyone これと下のはいつもの科学絵本シリーズ。睡眠は大切ですねー、何故大切なのかもこれを読むと分かります。
Let's Go Rock Collecting いろいろな石について。火山岩とか変成岩ってこういうんだー、と思いつつ読んだんですが……もう、忘れちゃった(^-^;)

●2003/08/28 Thu  陰陽師 生成り姫

陰陽師 生成り姫
今日はまた久しぶりにジムに行ってきた。大分、体のだるさもなくなってきたのでこの調子でがんばって続けるぞー♪

陰陽師 生成り姫 最近には珍しく再読です。ハードカバーが出たときにN女史にお借りして読んだんですが、あんまりに良かったので文庫が出たので買ってしまった(笑)陰陽師シリーズは結構好きで、特に源博雅がお気に入り。今回の博雅はシリアスです。そしていつも以上に良い漢です。ある程度の年の女性で今回の博雅に心動かされない人はいないと思う。本当に本当に辛い切ない話です。でも、不思議に読後、絶望とか無力感は感じない。むしろ、少し哀しいけどさわやかな気持ちになれるかな。
Lord of the Flies ただいま読み中。これは邦訳がお気に入りだったのでぜひ読んでみたかったのだ。10Pほど読んだところで「ちょっと難しいか?」と思ったんですが、やっぱりこれはジリジリする暑さを感じられるうちに読みたい!という訳で、投げずに読み続けてます。その代わりスピードは出ません(^-^;)

●2003/08/29 Fri  What Lives in a Shell?

What Lives in a Shell?
今日もスポーツクラブに行ってきました。そこでのおばさまたちの話。
A「あら〜、今日はもう終わり〜?」
B「うん、でも夕方お風呂入りに来るわ、お風呂だけ」
……もちろんお風呂だけ入りに来てもおっけーなんですけどね。う〜ん、でもちょっと間違ってる気もする(笑)

What Lives in a Shell? Shellといわれると貝を想像するんですが、カニやカメやカタツムリもShellなんですねー。ちょっと驚き。
A Nest Full of Eggs 鳥の生態について。卵の中の雛のイラストがかなりリアルでびっくりだいっ!(笑)
Lord of the Flies ぼちぼちですが読み進めております。やっと1/3くらいかな?

●2003/08/31 Sun  Lord of the Flies

Lord of the flies
昨日は一ヶ月ぶりの英会話。本当は夏休みは3週間だったのですが、休み前の最後の回を風邪引きのため休んでしまったんですね〜(^-^;) 一ヶ月もブランクあったらどないやねん?と思ってたんですが、まぁまぁでした。これも日々英語に接している成果でしょうか、と自分で自分を誉めてみる(爆)

先日のオンライン・シャドウイング相談会以来、シャドウイングをやる気になってまして、そのためにもゆっくりの素材が欲しいなーということでせっかく街に出たので、昨日大型書店で探してみたんですがお目当てのものは見つからず……通販で購入すべきか、それとも手持ちの品で試してみるか思案中……。やる気がなくならないうちに始めたい気持ちもあり、悩むところ(^-^;)

Lord of the Flies やっと半分くらい……(^-^;) なかなか進んでません。難しくてゆっくりしか読めないというのもありますが、いろいろあって時間があまり取れない&なにげに読み始めてしまった日本語の本が面白い、などなどでゆっくりと読み進め中です。日本語の本についてはまた読了後に感想アップします♪

back  next

home