●2003/01/02 Thu  明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m

昨日は初詣に行ってまいりました♪
車で行ったのですが、一ヶ所目は思ったほど混んでいませんでした。でも綿菓子が売ってなかったのでもう一ヶ所と思ったら、そこがまぁ大混雑!大渋滞!という訳で諦めました。結局、綿菓子は買えなかった、残念(爆)

昨日、一昨日、二日分の読了本は
Anita's Big Dayまぁ単純でおめでたい話。
PersuasionRetoldとはいえ、まさかこのレベルでジェーン・オースティンが出てくるとは思わなかった!
The Flintstones in Viva Rock Vegas映画でおなじみフリントストーン。ばかばかしくって面白い。
Story of Treasure Seekers6人兄弟がかわいい。ハッピーエンドだし♪
The Case of the Hungry Strangerほのぼのミステリーシリーズ。
Mole in a Hole文の途中いくつかの単語がイラストになっててビックリ。
What a Messありがちなオチだけど、かわいいお話。
The Polly Pocket Cookbookレシピの料理がおいしそうじゃないというのがネック(爆)
Richard Scarry's Pie Rats Ahoy!駄洒落になってるんですねー。

●2003/01/03 Fri  the Borrowers

昨日はちゃーんとウォーキングに行ってまいりました。
近所の池の周りの遊歩道、一周2850m+往復で約5km位を一時間ほどで歩きます。この池、結構自然が豊富で水鳥やスズメ、モズなどがたくさんいてみてるだけでも楽しい♪
遊歩道の周りの斜面に草花を育てようと種子を吹き付けているらしく立ち入り禁止の看板があるのですが、いつも斜面にスズメがいっぱい、そして何かを啄ばんでます。啄ばまれてるのはやっぱり種?(^-^;)
人間対策よりスズメ対策のほうが重要なんじゃ……?(^-^;)
けど、なぜか昨日はいつもなら池の中の祠に鈴なりになってる烏が一羽もいなかった……不思議だ。

Don't Look Nowなんというか不気味に不条理なお話。面白かったんですが、後味がイマイチ良くないかも(^-^;)
the Borrowers床下に住む小人たちが大活躍するお話。BBCでドラマにもなったそうな。見てみたいぞ♪
The Mystery of the Pirate Ghostほのぼのミステリーシリーズ。おじさんが渋いです。
Marmee's Surprise: A Little Women Story子供の頃好きだった若草物語のクリスマスのエピソードだけを抜き出したもの。ちょっといい子すぎるよね……と思ってしまったスレた自分が悲しかった(^-^;)

●2003/01/04 Sat  久しぶりのバーゲン

cover
ひっさしぶりにバーゲンに行ってきました♪某ショップの初日。お目当ての品物があったのですね、無事購入いたしました。けど、結局お目当ての品以外は買わなかったあたり、わたしも大人になったなぁと思ったり(笑)
バーゲンで勢いで買ったものって意外と着ないんだもん。それなら少し高くてもじっくり吟味して気に入ったものを買ったほうが長い目で見たら得かと。って、これが分かるまでに大分ムダな買い物しましたが(爆)

Apollo 13わたしは映画を見てなかったんで「なるほどー」でしたが、映画を見た人には少し物足りないかも。
Ali and His Camera短いお話なんで仕方ないけどちょっと都合が良すぎるかと(^-^;)
The Perfect Ponyポニーを家で飼えるってことに驚きました(爆)
Days With Frog and Toadこれは2回目。何度読んでも良い話です。

●2003/01/05 Sun  初積雪

昨日の晩に雪が降り、見事に積もりました。
昨晩10時ごろには雪は止んでいたにもかかわらず、あまりの寒さのためまだ雪が残っています(^-^;)
ストーブつけてても寒いです、こんなに寒いのは何年ぶりでしょうか(^-^;)
そんな訳で、昨日はウォーキングはお休み。バーゲンで歩き回ったことですし……というのは言い訳でしょうか?(爆)

King Arthur & the Knights of the Round Table翻訳モノをほとんど読まないため(翻訳文が苦手なので)アーサー王と円卓の騎士って名前は聞いたことがあっても内容は全く知らなかったんです。トリスタンとイゾルテもギネヴィアもアヴァロンも、元はこのお話だったんですねー、ビックリ。
Dino's Day in Londonスターの息子を一日観光に連れて行くことになったタクシーの運転手は……。とても後味の悪いオチでした。運転手さんがこの後どうなったかが心配。
Young Wolf and Spirit Horseネイティブ・アメリカンの少年とその馬の話。こちらのオチは気持ちよかったです。同じようなお話を子供の頃に読んだ記憶があるなぁ。子供向けの話は洋の東西を問わず似たようなのが結構あるようですね。

●2003/01/06 Mon  Amelia Bedelia !!

cover
ここ数日サボってましたが(爆)、本日はウォーキングに行ってきました〜。
今日はとっても寒くって午後2時なのに日陰の水溜りには氷が張ってました、今日は一日あのまんまやな(^-^;)
気温は低いけど日差しがあって風がないという、まぁ気持ちの良いお天気だったからか、いつもの遊歩道には人がいっぱいでちょっとビックリ(笑)

The Jungle Bookディズニーのジャングル・ブックのイメージで読んでいたら(といってもまともに観ていないのですが)大違い!原作者は人間に対してとても厳しい見方をしている人だったんですねぇ。
Amelia Bedelia 4 Mayor
Good Driving, Amelia Bedelia今回の大ヒットはAmelia Bedeliaシリーズです。Amelia Bedeliaは言葉の意味を一つしか知らないので、いつも話がトンチンカン、しかも同音異義語もすぐ勘違いするし(笑)
駄洒落責めのベタベタなオチばかりなのですが、いつも一生懸命なAmeliaがかわいくって憎めないです〜。
あまりに気に入ったのでシリーズの他の作品をいくつか注文してしまいました(笑)

●2003/01/07 Tue  Five Famous Fairy Tales

ウォーキング、がんばっております♪
その割りに成果がまーったく表れないのはなぜ?(爆)
まだ、1週間くらいですからねぇ、仕方ないか(笑)
でも、少しずつでも成果が表れてくれないと張り合いがないよー(T_T)

昨日読み終えたのは、Five Famous Fairy Tales。
Amazon.co.jpではまだ扱っていないようです。
グリムとアンデルセンから2話、アラビアンナイトから1話、選んで一冊になってます。
てっきりアラビアンナイトだと思っていたエピソードがグリムだったり(汗)
いかにわたしの記憶力があいまいだったかが良くわかりました(^-^;)

この本にて30万語読了ヽ(^o^)ノ
10万語を過ぎた頃から

1、読むスピードが速くなった
日本語訳しなながら読まなくなったことが大きな要因だと思われます。
2、聞き取りがしやすくなった
1とも関係するのですが訳せず英語の語順どおりに理解できるようになったことが大きい、あと英文が頭の中に溜まってきたからかな。

以上の2つの変化が感じられるようになってきました。
成果が見えるとやる気がでますねー。
といいつつ、実は成果が見えなくても楽しいから続くと思うんだけど(笑)

●2003/01/08 Wed  洋書バーゲン

Pompeii...Buried Alive!
本日、年明け一回目のフランス語のレッスンでした。
で、どうやら丸善で洋書のバーゲンを行っている模様(笑)
まだまだペーパーバックは読めないのに覗きにいってしまいました。
そして当然買ってしまいました(爆)
モノにもよるけど安かったんですもん(笑)
しばらくじっくり寝かしておく予定です(既にたくさん寝かせてあるのに(^-^;)

Karen and the ArtistArtistがだらしないっ、情けないっ(笑)いかにも芸術家っぽいけど(^-^;)
Pompeii...Buried Alive!ポンペイの火山のお話。爆発した日の普通の生活が淡々と描かれているところがなんとも……。固有名詞や珍しい単語には読み方が付いているのが新鮮でした。
以上で共同購入2回目分は読了。

Mary, Queen of Scots高校時代に学校から女王メアリーの舞台を見に行ったことを思い出しました。この辺のお話って面白いですよねー。
Frog and Toad All Yearお気に入りシリーズ(笑)
上記2冊は自分で購入していた分です。

近いうちに共同購入3回目が届く予定なので楽しみだ〜♪

●2003/01/09 Thu  剣客商売

Amelia Bedelia
もう既にウォーキングしてきました♪腹筋を引き上げることと太ももしっかりあげることをちょっと意識するようにしてみました。さて、効果は出るでしょうか?(笑)

昨日は多読はちょっと一休み、読了したのは絵本2冊だけ。
Amelia Bedelia
Come Back, Amelia Bedelia
共同購入で読んで気に入ったのでちょいとまとめて購入(笑)
まだまだオチが理解できていないところがいくつもあるんですが、それでも面白いです。
ただ、絵が前回読んだものと違うのが残念。

辻斬り―剣客商売
こちらは先日来ぼちぼちと読んでいたもの。昨日やっと読み終えました。
最近なぜかこのシリーズにはまっております(笑)
英語の本の合間に読むのは思いっきり違うタイプのモノ(たとえば時代物とか)がいいみたい。

●2003/01/10 Fri  Babe - a Pig in the City

Merry Christmas, Amelia Bedelia
いつものように池のほとりをウォーキング。大分慣れてきたせいか、スピードがグンと上がってきました。最初の頃ほど疲れないし。少しずつ楽しくなってきたわ♪

Merry Christmas, Amelia BedeliaMrs.Rogersが書いたメモを見ながらクリスマスの準備をするAmelia……あいかわらず良くぞここまで(^-^;)という勘違いのオンパレードです。
Amelia Bedelia Goes CampingAmeliaの生まれて初めてのキャンプ……想像通りやってくれます(笑)今回の2冊は挿絵がわたしのお気に入りのLynn Sweatさんでした(^-^)
Babe - a Pig in the City映画「ベイブ、都会へ行く」のノベライズ。「ベイブ」がお気に入りだったので読んでみたのですが……正直ちょっとガッカリ。後半のドタバタシーンはイメージが湧きにくくちょっと読みにくかったです。


●2003/01/11 Sat  Elmo Says Achoo!

Elmo Says Achoo!
毎日、ほぼ同じような時間に同じ場所でウォーキングをしていると、毎日出会う人がいます(多分あちらもそう思っているでしょう;笑)
特に印象的なのが、ベンチに座ってハーモニカの練習をしているおじいさん(おじさん?)。
初めてお見かけした日はものすごく風の強い寒い日だったので、じっと座っているのを遠くから見かけたときはビックリしたのですが、近くに来てみたらハーモニカを吹いていらしたので納得。
結構音が大きいので家では練習しにくいんでしょうね(^-^)

Elmo Says Achoo!エルモがかわいい。個人的にはクッキーモンスターが出てないのが残念ですが(笑)最後でくしゃみの理由がわかります(笑)
Dolphins!イルカは好きなんですが、欧米人のあまりのイルカ・クジラ好きにちょっと閉口気味なので(クジラ料理好きなので:爆)、ちょっとなんだかなぁって感じがしてしまいました(爆)文章は読みやすく面白いです。


●2003/01/13 Mon  The Enormous Crocodile

The Enormous Crocodile
昨晩はイッセー尾形さんのお芝居に行ってまいりました♪2年ぶりのイッセーさん、楽しませていただきました〜。
それにしても年々話がブラックになってる(弟によると昨年の桃井かおりとの二人芝居はもっとブラックだったそうですが)ような……世相を反映してるってことなんでしょうか。

もちろん昨日も今日も午前中にウォーキングは済ませてきました(笑)

多読は本のストックが切れつつあるので、ちょっとスピードダウン(笑)
The Enormous Crocodile前にCharlie and the chocolate factoryを読んで以来、とても興味があったDahlにそろそろ手を出し始めました。個人的にイギリス英語にこだわりがある&Dahlはもともと英国人だしという訳で、アメリカ版のほうが安いのは承知しつつもちょっと奮発して英国版を購入。これは絵本に近い感じでとても読みやすく、しかも面白い。ちょっとワニがかわいそうでしたけどね(^-^;)
The Boy Who Drew Cats: And Other Japanese Fairy Talesなんと洋書なのに120円!(わたしが買ったときは。今はなんと119円:爆)ぶんぶく茶釜など懐かしい(笑)鉢担ぎ姫の途中で少し難しいところがありましたが、他はとても読みやすかったです。
The Statue of Libertyフランスから贈られたことは知ってましたが、こんな風にして運んできたとは知らなかった(^-^;)

●2003/01/14 Tue  Dahl三昧

Esio Trot
今日から英会話の冬学期がスタートです。
なので朝のうちにちゃんとウォーキングに行ってまいりました。歩くのは楽になってきたものの、肝心の体重に一向に変化が現れない……そろそろ効果が表れてくれないと寂しいぞ(笑)

そして本日、共同購入3回目の本がすべて到着〜ヽ(^o^)ノ
さあ、読むぞー!楽しみ♪(笑)

昨日も続いてDahlの本。
Esio Trot独り者のシャイなおじいちゃんは階下に住む未亡人に憧れてる。未亡人はペットのカメを大きく育てたくて、それを知ったおじいちゃん、カメを大きく育てる呪文を知ってると言い出し……。うーん、児童書らしからぬ登場人物たちですね(笑)読んでる途中、最初のカメがどうなるのか気になって気になって(笑)最後で一安心。
The Magic Finger主人公の指は魔法の指。怒ると指先が赤くなり、稲妻のように不思議な力が現れる。やっぱり楽しみのためだけの狩猟は良くないですよねぇ。
どちらも子供にも分かりやすく面白いお話でありながら、大人が読んでも十分楽しめ、かついろいろと考えさせてくれます。
日本語訳版を読んだ弟の話では大人向けのDahlも面白いそうだし、いつかはDahl読破!が目標かな(笑)

●2003/01/15 Wed  Aladdin and the Enchanted Lamp

Baker, Baker, Cookie Maker
今回の英会話の先生は男の方。奥方は日本人で夏には初めての子供が生まれるらしく、「子供のために日本語を勉強しなくちゃいけないんだっ!」とおっしゃってました(^-^)
とてもパワフルな先生でこれからの授業が楽しみです。

Mr Bean in TownこのシリーズはTVで一部だけしか見たことがないのですが、主役の動きとかキャラとかで笑わせる部分が大きいようなので、文章だけでその面白さを伝えるのは難しいみたいですね……(ーー;)。
Aladdin and the Enchanted Lamp昔、読んだことがあるはずなんですけど……こんな話だったのかっ!って感じです。それにしてもこれほど怠け者のアラジンが魔法のランプの力だけでこんなに幸せになっていいのか?!ずるいぞっ!(笑)
Buck-Buck the Chicken昔、飼ってたセキセイインコを思い出しました。自分のことトリだと思ってないトリだったんですよねー(笑)ペットを飼ったことがある人ならじーんとくるのでは?
Baker, Baker, Cookie Makerクッキーモンスターかわいい!大好きだ(笑)リズムが良くて読んでるだけで自然に歌になってしまいしそうです(^-^)


●2003/01/16 Thu  Heidi

昨日、今日とウォーキング出来てません(T_T)
その代わりといっちゃなんですが、昨日はフランス語の帰りに本町から難波まで歩きました。
松竹座にチケット取りに行かなくちゃいけなくて、最初は本町まで歩いてそこから地下鉄で難波に行くつもりだったのですが、ついでに歩いちゃえ〜、と(笑)
それでも普段の半分くらいしか歩いてないかな(^-^;)
今日は車検のため車を取りに来てくれる、ということだったので出かけそびれました(^-^;)
夕方からは英語だし。
明日からはまた歩くぞー。

The Adventures of Tom Sawyerトム・ソーヤとハックル・ベリーって仲良しだったのね……なんとなく聞いたことはあったのですが、こんなに仲良しだとは知りませんでした(^-^;)でも、トム危ない橋を渡りすぎだぞー(笑)
Heidiアニメのイメージからすると話の展開が早すぎる気もしますが、語数の制限もあることだし、これは仕方ないでしょう。展開は早いながらもアニメと同じエピソードが盛り込まれているので、思い出しながら懐かしく読みました♪

●2003/01/17 Fri  The President's Murderer

The Going to Bed Book
ここ2日ほどウォーキングに行けてなかったのですが、久しぶりに行ってきました♪
やっぱり気持ちよいですね、今日は暖かかったし(笑)

The Going to Bed Bookイラストがかわいいです〜。気に入ってしまいました。夜寝る前には歯を磨いてパジャマに着替えて……というしつけ絵本ですね。
The President's Murderer崩壊ちょっと前の旧共産圏と映画の「逃亡者」を思い出しつつ読みました(笑)話の展開にも無理がないし、謎とヒントが適度にちりばめられているのでとても読みやすかったです。
Pocahontasディズニーの映画は観てないんですが……。読んでてかーなーり腹が立ちました、面白くはあったんですが(爆)Englishたち勝手すぎ〜。自分たちは銃を持っといて、仲良くするんだから銃は要らない、なんて言われてもなぁ……。人数が違うとか言うけど、大砲まで持ってるくせにぃ。そして自分たちの文化を理解して学ぼうとするIndianだけがいいIndianなワケねって感じです。

●2003/01/18 Sat  乱視の近視(^-^;)

Bones
前々から調子が悪いと思いつつほったらかしていた眼科にやっと行ってまいりました。
そしたら、軽い乱視&近視でした。しかもちょっと老眼(^-^;)
思っていたほど悪くなってはいなかったです♪ただ以前が良すぎたので(ほとんど遠視(^-^;)ギャップがあってすごく見えにくい感じがしていたんですねー。原因がはっきりしてすっきり。
一応、運転や読書用に眼鏡を作る予定。
うーん、やっぱり目の使いすぎだったんでしょうか(^-^;)

Sherlock Holmes and the Duke's Son小学生の頃、よく読んだシャーロック・ホームズシリーズ。割と早いうちに犯人は分かってしまいますが(笑)
White Death よく似た映画が数年前にありましたね。dragはいけませんっ!
Wake Up, Sun!とにかくかわいらしい絵本!
Bonesホネについて教えてくれる絵本(笑)理系で読書があまり好きじゃない人でもたのしめるんじゃないでしょうか。ちょっと変わった感じで好き♪こういう科学絵本みたいなのって日本でも出てるのかな?

●2003/01/19 Sun  Mutiny on the Bounty

snowman
くぅぅ、風邪ひいてしまいました(^-^;)
一昨日くらいから喉がちょっとおかしいなぁと思っていたんですが、昨晩になって急に身体もだるくなってきました。
熱は微熱なんですが無性にだるいです(^-^;)

Winnie-the-Pooh and the Honey Patchは英会話スクールで借りてきた絵本。ディズニー版のPoohです。あまりに古い本なのでAmazonでは扱ってないようです(^-^;)
Mutiny on the Bountyバウンティ号の反乱のお話。一番面白い(?:爆)島に着いてからの話が駆け足なのが残念。登場人物が多い上にキャラクターがはっきりしないので読みにくかったです(^-^;)
Horns to Toes And in Between17日の絵本と同じ作者のシリーズ。角からつま先までの身体の各部の名前が分かります。
Another Worldこちら2回目。何度読んでも後味の悪い話(^-^;)管理社会の恐ろしさを現してるんでしょうが……。
The Earthquake地震よりもラブストーリーがメイン。ギリギリの状態に置かれて真実に気づくというのはわかりますが……女主人公があまりに勝手でちょっと共感しにくかったです(^-^;)
Raymond Briggs' the Snowman有名なスノーマン!文字の無い絵本は2冊ほど持ってるんですが。物語の始まりはこういうことだったんですねー。

●2003/01/20 Mon  風邪……(^-^;)

あいかわらず風邪に悩まされております(^-^;)
やたらとだるくて、集中力に欠けます(T_T)

The Birdsヒチコックの映画で有名です。残念ながら映画は見てないので比較できませんが、怖かったですぅ〜。それにしてもこの人の話って前に読んだDon't Look Nowもそうでしたが後味が悪い〜(^-^;)
Wanted:Anna Marker一番怪しくなさそうな人が実は犯人、推理小説の王道ですね(爆)それにしても素人にこんな危険な任務は普通与えないでしょう(笑)

●2003/01/21 Tue  Jaws

A New Brain for Igor
風邪は少しずつマシになってきました♪
けど、まだウォーキングはちょっとツライ……(^-^;)
うーん、大分間が空いてしまった……たぶん明日も無理だし……再開するのに気合が必要になりそうです(爆)

Jaws映画を見てなかったんで「こんな話だったのねー」ってビックリ。人々の利害が衝突したりの人間ドラマもあって面白い!映画も見たくなりました。
A New Brain for Igorイラストも不気味ですが、お話もちょっとブラック(^-^;)でも、意外と子供ってこんな話が好きだったりするんだろうなぁ。
Christopher Columbusコロンブスって死ぬまで自分が到着したところがアメリカでインドじゃないって知らなかったんだーと驚き(笑)この子供向けノンフィクションシリーズはとても面白くてお気に入りです♪

●2003/01/22 Wed  Babe - the Sheep Pig

Cat Traps
今日はフランス語でしたが、なかなか上達しないものです(^-^;)
フランス語の多読も始めようと思い、Amazon.frで何冊か購入したのですが、どの本もなかなか難しいです(^-^;)

Babe - the Sheep Pig子豚ちゃんが主人公のあの映画です♪2回目なんですが何度読んでも涙が出ます〜。読みやすく、politeな英語がどんなものかということもよく分かるのでうれしい。
The Lady in the Lakeチャンドラーの「湖中の女」のRetold版。読みにくいかと思いきや、いかにもハードボイルドらしく一文が短いので、登場人物が多いにもかかわらずとても読みやすかったです。
Cat Trapssnack欲しさにいろいろ策を弄する猫がおかしい〜(笑)

●2003/01/24 Fri  風邪ひいた(^-^;)

Little Witch Goes to School
またしても風邪をひいてしまいました(-_-;)
今度はお腹にくる風邪。あまりの腹痛に涙目になってしまいましたよ。
まるでアライグマのようにうがいと手洗いを励行しているのに風邪続きだなんてツイてないです(^-^;)

といいつつ、別に頭痛とかはないので本は結構読んでいたりします。ヒマだし(爆)
Mysterious Islandなんで?なんで?と引き込まれて読んでいたら……こういうオチだったとはーっ!海底2万里を読まなくては。
Little Witch Goes to Schoollittle witchがかわいいです。mother witchも面白い。
Dante's Peak火山も怖いですが、人々の思惑で手遅れになるのはもっと怖い。ちょっとジョーズチックでした。
First Wave, Subject 117頭からいきなり面白かったのですが、終わりが尻切れとんぼ(^-^;)
Toad Eats Outちょっと絵が苦手だったかも(^-^;)
Beef Stewビーフ・シチューは好きだ。わたしを誘ってくれれば良かったのに(笑)
Wild, Wild Wolves狼の生態が良く分かる。なるほどーって感じ。

●2003/01/26 Sun  仁左衛門サマ〜♪

風邪だとかいいつつ昨日の夜は歌舞伎を見に行ってまいりました(爆)
やっぱりお正月には歌舞伎を見ないと年が明けた気がしないです(笑)
一つ目は仁左衛門サマの「義賢最期」
派手な立ち回りもあって素敵でした〜。でも、ふすまの上に乗ってバタンというのがなかったような……わたしが一瞬眠った間にあったのか?(爆)
二つ目は魁春の「京鹿子娘道成寺」
これは何度見ても豪華絢爛。毎回少しずつ趣向が違うあたりもいいですね〜。
三つ目は「曽根崎心中」
話のテンポが良いので毎度夢中で見てしまいます。

まんが日本昔ばなしDoverの日本の昔話より難しかったです。でもおなじみの話ばかりなのでなんとか読み終えました。
The Railway Children面白かったのですが、章ごとに話が分断されている印象が……総語数などいろいろ制限があるので仕方ないのかもしれませんが、残念。
Fly Away Home映画「グース」です。前評判どおりとても感動的。思わず泣いちゃいました。AmyよりもSusanとお父さんに感情移入してしまいました。映画も見るぞー。
No Mail for Mitchellすいません、初めMitchellって女の子だと思ってました。半ズボンがスカートに見えて(^-^;)Heって書いてあるのを見て「なんで?!」って感じ(爆)

●2003/01/27 Mon  ハイ・スピード(爆)

夜中まで家には一人きりだったので、多読がめちゃくちゃはかどってしまいました(爆)
どうも先週の末くらいから急に読速が上がったような気がします。
それと絵本のストックが切れてきたので、市の図書館に行ってきました。先日、電話で問い合わせたときに「洋書は本当に少ないです。絵本と料理の本はそこそこありますが」という答えだったので期待せずに行ったのですが……思った以上の収穫でした(^-^)
幅1m、高さ180cm位の書棚いっぱいに洋書がっ。GRはさすがにありませんでしたが(^-^;)

そらいろのたね 読んだのはこれの英語版。残念ながらAmazonでは扱っていないようなので日本語版をご紹介。キツネったら悪いやつ(笑)ぐりとぐらの作者の方なんですねー。
Sweet Valley High: The Stolen DiarySweet Valley High: Secrets (Penguin... この2冊はシリーズモノ。アメリカの高校生のお話で、英語はとても分かりやすいのですが、内容が女の子同士のゴタゴタとか恋愛とか……日本語でも苦手な話は英語でも苦手だ、ということを再認識いたしました(爆)
Robin Hood ロビン・フッドってこういう人だったんだー。なんか、いろんなモノとごっちゃになっていたようです(汗)
The Wave これはもうめちゃくちゃ面白かった。高校の歴史教師が全体主義の恐ろしさを教えるためにちょっとした実験をしたのだけれど、それが思った以上に生徒たちに影響を及ぼし……これが実話だというのが怖い。今どきこんな実験したら大騒ぎですよ〜。アメリカ人でもこんなに簡単に全体主義に同調しちゃうのでしょうか?それとも高校生だから?とにかく「世界で一番怖いものはマスゲーム」な私には怖すぎるお話でした(^-^;)

●2003/01/28 Tue  眼鏡

眼鏡を取りに行ってきました。視力自体はそんなに悪いわけではないのですが乱視である、もともとの視力があまりに良すぎたのでギャップでとても見えにくく感じる、ということで運転などの時用に。
買うときにもウチのオジさんに見てもらったのですが、店を出た後いきなり「普段眼鏡掛けてない人はどんな眼鏡を掛けてもおかしいということが分かった」と失礼なことを言われ、今度は「受験生みたい〜、ボク昨日そんな人大勢見たでぇ〜」と言われました(^_^メ) そう、ヤツは週末、入試の試験監督をしていたんですね。もう、感じ悪いったらありゃしないわ(爆)

The Great Race: Of the Birds and Animals 多分元はネイティブ・アメリカンの童話ではないかと。昔、人はバッファローに食べられていたのですが、すべての動物が2つのチームに分かれて戦ったレースに勝利してバッファローは人を食べられないようになったというお話。いろんな動物を覚えてしまった(笑)
The Love of a King あまりにも有名な「王冠を賭けた恋」のお話。今までにもこの話は読んだことがありましたが、これが一番美しい話になっているような気がします。でも、確かに美談ではあるんだけどちょっと無責任といえなくもないかなと(^-^;)
Death in the Freezer 一気に読ませる面白さはありますが、登場人物がみーんな悪い人だっていうのがちょっと残念(笑)


●2003/01/29 Wed  The Death of Karen Silkwood

昨晩から降り始めた雪は、朝起きたらすっかり積もっていました。
融けるどころか今も時々雪が降っています。
風が強いので、屋根に積もった雪がまるで地吹雪のように舞い上がっています(^-^;)

そして、どうやらまたしても風邪をひいてしまったようです(^-^;)

The Death of Karen Silkwood 原子力関係の工場で働くKarenは工場の安全管理の不備について公表しようとするが、証拠を新聞記者に渡そうとしたその日に交通事故で死んでしまう……。昔、メリル・ストリープ主演の映画を見ました。本当に恐ろしい話です、実話なだけになおさら怖い。
Return to Earth ちょっと漫画の「サトラレ」を思い出してしまった。こちらは皆がテレパスになってしまったので、皆がサトラレ状態なわけです。でも、「サトラレ」の方がずっと良く出来たお話ですが(^-^;)

そういえば、TVで「剣客商売」放送してるようですね〜。
小兵衛が藤田まことって……イメージと違うわ(^-^;)
わたしは現在、陽炎の男を読み終え、天魔を読んでいるところ。ボチボチしか進んでません(^-^;)

●2003/01/30 Thu  大雪……(^-^;)

昨日の雪はまだ残っています。昨晩なんてツララみちゃった。最長10センチっ!まさか大阪でツララが見られるとは……(汗)
交通量の多い道路の雪は融けてますが、交通量の少ないところや日陰は大変なことに……しかも融けかけたのが凍ってアイスバーンになってたり(^-^;)
昨日はやはり事故も多かったようで、ウチのおじさんも通勤途中で何件か見たそうですし、病院にも救急車が良く来ていたそうです。転んだ人も結構いたらしいし。
他にも、無理して車に乗ってきたのは良いけど立ち往生しちゃってる車で道路は大混乱だったらしい。(^-^;)
普段、雪の降らない地方では雪の日の運転は控えたほうがよさそうですね。

The Year of Sharing オープニングはSF?って感じだったのですが、途中からエコ&家族愛のお話に……でも結構面白かったです。
Grace Darling 1800年代のイギリスで実際に起きた事件が元になっているようです。酷い嵐の日に遭難した船を助けた灯台守とその娘の話。この時代に人たちは神を信じていたんだなーと読みながら感心してしまった(^-^;)

●2003/01/31 Fri  Henry VIII & His Six Wives

キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス
やっと雪も融けてきました。
それにしても灯油の減りが早いっ(^-^;)
例年では考えられないような減り方です。

朝からAmazonから本も届いてホクホク(^-^)
そろそろ自分で面白そうかつ読めそうな洋書を探そうと思い、注文してみた分の第一弾です。といっても、キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス ― Not Just for Kids' Booksで探したものだったりしますが(笑)
まだまだ児童書、それも低学年向きのものがほとんどですがどれから読もうか楽しみ〜♪

Forty Years of Pop ポップミュージックの歴史を紹介する本。エルビス、ビートルズ、ローリングストーンズにピストルズ、ニルヴァーナ、ベルベット・アンダーグラウンドなどなどありとあらゆるポップスターを紹介。
Henry VIII & His Six Wives 離婚するために英国国教会を作り、次から次へと奥方を取り替えたヘンリー8世。いやぁ、本当に嫌なヤツです。しかも最初の離婚の理由が男の子が欲しいから。女は子供を生む道具かっ?!と言ってやりたい。それにしてもイマイチ学習能力に欠けるヤツだ(とにかくすごく嫌いらしい:爆)

back  next

home