●2002/12/03 Tue  多読による英語学習法

風邪引き、大分落ち着いてきましたがいまだくしゃみと鼻水が止まりません(^-^;)
典型的な鼻かぜっちゅうやつですね(爆)

さて、先日書店にて「快読100万語!ペーパーバックへの道」
という本を見つけました。
辞書無しで読める使用単語100語くらいの英語の本から読み始めて、少しずつ使用単語数を増やしながら、多くの本を読み、ペーパーバックを読めるだけの語学力を身につけましょうという英語学習法です。
詳しくはSSS英語学習法をご覧くださいませ。
とにかく本好きのわたしのツボにはまってしまいました〜(笑)
幸い、英会話教室でGraded Readers他、英語の本を貸し出ししてくれることだし、早速始めてみようと思います〜。

もちろん、加えて聞く・話す能力も鍛えなくちゃいけませんが。

>●>2002/12/11 Wed  多読開始

多読を本格的に開始いたしました。
実は英会話スクールで貸してもらえる本は週に2冊、しかもこれから一月半ばまでは学期の境目で授業がないため借りれない。
というわけで、多読用書籍の共同購入に参加することにしました(爆)
だって、始めのほうの本って簡単ですぐ読み終える割に高いんだもん(^-^;)
共同購入なら1/5以下の出費ですむんですよー。

月曜日に初回分の書籍が届きました。
PenguinやOxfordのGraded readerが23冊、子供向きの絵本が30冊!!!
これが結構面白いんだー、特に絵本!
ペーパーバックの絵本なんてこんなに安くていいの?というお値段です。いやぁ、気に入ったシリーズは買っちゃうかも(笑)

そんなわけで、多読ライフを楽しんでおります。

●2002/12/13 Fri  車の保険……(^-^;)

いよいよ毎年恒例、車にお金のかかるシーズンがやってまいりました(爆)
任意保険の切り替えが12月、車検が1月……(^-^;)
車検は2年に一度とはいえ……痛いっ!痛すぎるっ!

しかも我がランちゃんは今年で満十歳。
最近、やたらとディーラーのお兄さんから「今度、新車の展示会があります〜」と電話があるなぁと思っていたら、こないだ車検の話をしているときに「そろそろ10年目ですし、いかがです?新しい○○○いいですよ〜」だって(^-^;)
「いえ、まだとーぶん買い換えるつもりはありませんので」と言ったらかなりガッカリしてらっしゃいました。
だって、まだ6万キロしか走ってないしー、気に入ってるしー(笑)

んで、保険の更新に来たときのこと。
例年だったら「もっといい保険にー」とか話が長くなりがちなんですが、昨年からいい保険に変えたこともあってめっちゃ話が早かったですよ。
お金受け取ったら「じゃあ」とすぐにお帰りになりました(笑)

●2002/12/14 Sat  多読進行中


Small pig
11日にも書きましたが……多読を進行中です。
で、読んだ本を書き出してみようかなーというわけで、とりあえず昨日読み終えた本です。
Brown Eyes
The Crown
Island for Sale
the Phone Rings
Six Sketches
The Missing Coins
The Wrong Man
一見たくさん呼んでいるように見えますが、一冊を除いては1500語以下のすぐに読める長さです。
中でも一番面白かったのは写真のSmall Pig
Graded Readersにも面白いのはあるけど、限られた語彙、語数で表現するのはどうしても難しいみたい。
今のところ、絵本の方が面白いのが多いかな♪

●2002/12/15 Sun  悲鳴をあげる身体


悲鳴を上げる身体
先日読み終えた本のタイトルです。一瞬ギョッとしますね(^-^;)
「悲鳴をあげる身体」の作者は哲学者の鷲田清一さん。
雑誌の文章が面白かったので買ってみました。
大当たりでしたねー。学者さんの書いたものなのにかなり分かりやすいし。
身体を入り口にしてココロを論じていくその過程に無理がない。
今のわたしたちはココロにもカラダにもゆとりがないんだなーって。
かなり気に入っちゃいました、ちょっと追っかけちゃうかも。

続けて読み中なのは池波正太郎の剣客商売
電車の中でぼちぼち読んでます。

英語本で読了したのはGift of the Magi and Other Storiesだけ。
おなじみO.Henryの賢者の贈り物他の短編集。
れはなかなか面白かった。

●2002/12/16 Mon  木曜までの多読読了本 その1

という訳で、木曜日までに読了した本の一覧を。
Oxford Reading Tree (Stage2 6巻)
Oxford Reading Tree (Stage 3 More Stories Pack B 6巻)
Oxford Reading Tree (Stage4 6巻)
The Very Hungry Caterpillar
A Kiss for Little Bear
More Tales of Oliver Pig
Watch Your Step, Mr. Rabbit!
The Berenstain Bears Big Bear, Small Bear
Harry Takes a Bath
Buzz Said the Bee
The Long Road
Lucky Break
The Leopard and the Lighthouse
Simon and the Spy
Hannah and the Hurricane


●>2002/12/16 Mon  木曜までの多読読了本 その2


Frog and Toad Are Friends
読了本その2です。
Tinkers' Island
Tinkers Farm
April in Moscow
Girl on a Motorcycle
Drive into Danger
Frog and Toad Are Friends

以上は多読用書籍の共同購入、快読!多読委員会にてお世話いただいた本です。
この中でも特に気に入ったのは写真のFrog and Toad Are Friends!
この作者の絵本はほのぼのとしていてとてもよいです♪

他にも自分で購入していたのが数冊ありまして。
Too Many Dogs
Days With Frog and Toad
Frog and Toad Together
Taxi of Terror
Little Bear
です。結構読んだなー(笑)

●2002/12/17 Tue  The Coldest Place on Earth


Uncle Elephant
今週は日曜日もヒマだった(爆)ので結構進みました。
The Big Picture
Help!
The Coldest Place on Earth
Goodbye, Mr Hollywood
Mouse Soup
Uncle Elephant
下の二つの童話(毎度おなじみArnold Lobel作)は良かったです。
特にUncle Elephant!途中までは涙が出そうだったわ。結局はハッピーエンドでホッとしました。
それからGraded ReadersのThe Coldest Place on Earthもヒット。
スコットとアムンゼンによる南極点到達レースのお話。
良きリーダーとはなんぞや?と考えさせられます。

●2002/12/18 Wed  Grasshopper on the Road


Grasshopper on the Road
昨日にて共同購入の第一回目分が終了しました。
面白いもんですっかりスピードが上がっちゃいましたわ(^-^;)
2回目分の到着が楽しみです♪
Omega Files
Grasshopper on the Road

Grasshopper on the Roadが面白かったです。
Lobelさん童話は面白いですねー。
といってもこれは今までのとはちょっと毛色が違って、結構シニカルな感じ。
Omega Filesは正直イマイチだったかな(^-^;)
ショボイX-Fileって感じでしょうか(爆)

で、こちらは以前にアマゾンで購入していたプーさんの絵本。
Pooh and Piglet Search for Small
ページをめくるとPoohとPigletが歩く仕掛けがあるのです(^ー^)

本日にて今年のフランス語は終了〜。
来年は8日から。
もう年の暮れなのねー(^-^;)

●2002/12/19 Thu  レヴォリューションNo.3


レヴォリューションNo.3
本日は久しぶりに日本の本をば。
金城一紀の「レヴォリューションNo.3」
面白かったです、あっという間に読み終えちゃいました。
実はコレ、去年から眠らせてたんですよねー。
同じ作者の「GO」が映画化されたとき、窪塚洋介が好きだったし(今はうーん(ーー;)ですが:笑)宮藤官九郎の脚本にも行定勲監督にも興味があって見に行ったところ、すごく面白かったんで、原作を読んでみたらこれまた面白かった!
意外だったのは本の中の台詞がかなりそのまま使われてたコト。
会話を書くのがうまい人です。
で、今回のも面白かった。
在日問題の取り上げ方など、キレイ事過ぎる、甘すぎるという人もいるかもしれないけど、わたしは好きですねー、この作者のスタンスは。
「レヴォリューションNo.3」が出てから既に一年以上経つんですけど、新作がまだ出てない……次回作を楽しみにしてます〜。

●2002/12/20 Fri  Curious George


Curious George
昨日読み終えたのは自分で購入した以下の2冊。
「The Complete Adventures of Curious George」
「Flight」
「Flight」は飛行機のお話。イカロスに始まって、ライト兄弟に戦闘機に旅客機……ノンフィクションぽくて面白かったっす。

でも、もっと面白かったのは「Curious George」!
ジョージかわいいっ!サル好きのわたしにはたまりませんっ!
毎度毎度同じパターンで失敗するんで「おぃおぃ……」と突っ込みつつ、かわいい、笑ってしまう(笑)
これAmazon.co.jpで頼んだんですが、なんとかなり大判で400P以上もあるのにお安い!絵本は日本より外国のほうが安いんでしょうか?
ただCompleteとかいいつつ、他にもシリーズ何冊かあるようなんですよー。欲しいけど……うーん悩む(笑)

先ほど共同購入の2回目が到着しましたので、これからそちらを読む予定。楽しみ♪

●2002/12/21 Sat  The Secret Garden

TVにつかまったりしてしまったので結局読み終えたのは「The Secret Garden」一冊だけでした。(残念ながら画像なし:笑)
子供の頃、結構好きだった「秘密の花園」です。
もう一度読みたいなぁと思いつつ、なかなか読めなかった本をこうして読めるのがうれしいですねー。
ただこれGraded radersなんで原書とは違うんです。
そのうち原書も読みたいんだけど、結構難しそう……(^-^;)
ま、気長にがんばりますわ〜(笑)

そうそ、多読を始めて気づいたことなんですが。
最近、日本語の本を読むとき「一字一句逃さず深く理解したい」と思いすぎて、読むスピードが遅くなっていたんですよ。
で、その割には内容が理解できていない、どんどん頭悪くなってるー(T_T)と思っていたんですが、どうやらゆっくり細かいところにこだわって読みすぎていたことで理解が悪くなっていた模様(爆)
英語の多読をしていて、多少「?」と思う単語があってもこだわらずに読み進めていったほうが理解できることが分かり、日本語の本を読むスピードも上げてみたら、そのほうが理解しやすかったんです。
本を読むのには適した早さというのがあるんだなぁと気づかされた次第です。

●2002/12/22 Sun  今日はおウチでクリスマス♪


Oxford Reading Tree: Stage 5
今日は朝からカルフールでトリの丸焼き(安くておいしい!)、豆の木でケーキを買ってきましたー♪
ケーキは無事直径12cmのホールのんが手に入りました(^-^)
わたくし、ケーキ好きのくせにスポンジに生クリームの普通のショートケーキってあんまり好きじゃないんですが、ここのは別!
スポンジはふんわり軽く、なにより生クリームがあっさりとしてくどくない、牛乳の味が生きてるんですよー。
むふふ、楽しみ♪

さて、読書報告。
Lost in New York
Billy and the Queen
The Troy Stone
The Big Bag Mistake
Mike's Lucky Day
Marcel Goes to Hollywood
Oxford Reading Tree: Stage 5
を読了。
Oxford Reading Treeシリーズは文章も短い簡単な絵本なんですが、面白いです。
表現もとってもネイティブっぽくって(当たり前?:笑)
今シリーズは特に魔法の鍵が子供たちをいろんなところに連れて行ってくれるという設定が面白かったです。
ここまででとりあえず10万語突破ヽ(^o^)ノ

●2002/12/23 Mon  明日からお出かけ♪

明日からしばしお出かけです♪
むふふ、楽しみ(笑)

読了本は下記のとおり、残念ながら今回は画像のあるのがひとつも無かったっす(^-^;)
Marcel and the Mona Lisa
Marcel and the White Star
Marcel and the Shakespeare Letters
Barcelona Game
Girl Meets Boy
Love or Money?

Barcelona Gameの表紙は若き日のベッカム様なんで是非とも画像が欲しかったのだが……(笑)
始めの3冊はシリーズ物。ねずみの探偵Marcelが大活躍。面白くって読みやすいです。
Girl Meets BoyはかわいいLove story、ワリと予想通りの展開なので読みやすいかも。
Love or Money?はタイトルだけ見て、てっきり恋愛物だと思っていたら、ミステリでした。犯人はすぐに分かっちゃうけど(^-^;)

●2002/12/24 Tue  子供向けハードボイルド?(笑)


The Case of the Missing Monkey
さぁ!今日はクリスマス・イブ!
お出かけの前に読み終えた本の更新だけ、ちょこっと(笑)
The Case of the Missing Monkey
The Phantom of the Opera
The Wizard of Oz

やはり絵本がお気に入りですねー(笑)
The Case of the Missing Monkeyは一応推理モノですが、推理がメインではなくほのぼの〜としたお話。
主人公のJackとBunnyの会話がなんとも言えず面白い。Jackの台詞はちょっとハードボイルドっぽいし。
The Phantom〜とOzは共にリライト物。使用語彙、語数に制限があるのであらすじって感じかな。
Ozに関しては、わたくし何故かドロシーと仲間がエメラルドシティーを目指しているところしか覚えてなくって、「おお、続きはこんなだったのかっ!」と驚きました(爆)
でも多分細かいエピソードとか省かれてそう。いつか原書を読みたいですね。

●2002/12/27 Fri  帰宅


戦争広告代理店
東京から帰ってきました♪今回はとーっても楽しかったざんす♪
生まれて初めてX'masディナーも食べたし(でも普段の1.5倍の値段だった(T_T)これからはおいしいものは普通の日に食べに行こう:爆)

で、お出かけしていたので読み終えた本は少なめ。
One-way Ticket - Short Stories
大人っぽい話で面白かったです。1話目はちょっとハーレクインぽいかも。
The Lottery Winner
オチは面白かったんだけど、引ったくりの兄ちゃんとおばあさんのどちらが勝ったのかが分からずじまい……気になる〜(^-^;)
The High Rise Private Eyes: The Case of the Puzzling Possum24日の日記にも書いた探偵さんのシリーズ。ちょっと間抜けでエエ格好しぃなアライグマがかわいい(笑)

で、東京で思い出したお勧め本を一冊。
ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争
これは面白かった!!ボスニア紛争について知らない人でもこれを読めば一から裏側まで分かります。
イメージ戦が実際の戦いの勝敗まで左右するとは……恐るべし。
でも、広告代理店ってどうなのかなーと考えさせられちゃいました。
ちなみに著者はペルー公邸人質事件で警官突入時に入っちゃいけないところに入って怒られた人です(笑)

●2002/12/28 Sat  ウォーキング開始???

昨日からウォーキングを始めました……ちゅうか始めようかな?続くかな??
何故か弱気なわたし(爆)
なにせ寒いので続くかどうかがイマイチ不安なんです〜。
だからこそ、ここで宣言してみようかと(爆)
いや、でもとりあえずなんとかしなくてはならないのは事実。
毎日、とはいかなくても週に何回かは続けたいと思います(希望)

で、昨日の読了本。
The Elephant Man映画があまりに悲惨だったので読むのをためらっていたのですが、映画とは違いメリックが幸せなシーンのほうが多く安心して読めました。
A Little Princess これも子供の頃読んだきり、しかもやたらとかわいそうだった記憶があり不安だったのですが、いじめられエピソードが少なくて良かった(笑)
Christmas in Prague東西冷戦時代の不幸が物語の始まり。でも、最初はもっと不幸な展開を創造していたのでハッピーエンドに一安心。
Who Wants to Be a Star?今の日本のアイドルにはこんな健気な子はいないと思う……(爆)
The Case of the Two Masked RobbersI Can Read Booksのほのぼのミステリーシリーズ。昨日までとは違い双子のアライグマが主人公。個人的にはBunnyとJackのシリーズの方が好き。


●2002/12/29 Sun  Why Benny Barks

Why Benny Barksとりあえず、昨日も歩きました。えらい!わたし!がんばれ!わたし!(爆)

で、読了本です。
Lost Love & Other StoriesLove storyの短編集かと思っていたら世にも奇妙な物語でした(笑)
The Monkey's Pawこれは前にも一度読んでます。子供の頃に一度は聞いたことがあるであろう怖い話「猿の手」です(^-^;)
Boats子供向けの絵本はリズムがいいですよねー、歌みたい。
Why Benny Barks本日一番のお気に入り♪画像が小さくて見えにくいかと思いますが、犬の絵がかわいいんです〜!もうメロメロ(笑)内容はBennyが吠えるワケというまさしくタイトルどおりのお話(^-^;)でも、かわいいよー!

多読を本格的に始めてそろそろ3週間。
少しずつですが手ごたえを感じています。
英語を読むスピードは確実に早くなり、日本語に訳さず英語の語順のまま理解する癖がついたことで、リスニングが楽になってきました。
とりあえず、とても楽しいのでまだまだ続きそうです(笑)

●2002/12/30 Mon  いよいよ年末……(^-^;)


Pizza Pat
いよいよ年末ですねぇ。なんだか忙しくなってしまって、昨日も今日もウォーキングは出来ませんでした(^-^;)
ま、何事も無理は禁物ということで……(爆)
そのかわり今日は洗車しました!ワックスもかけました!(笑)

昨日の読了本は。
The Scarlet Letterこれ高校の頃、夏休みの宿題で読まされたと思うんだけど(違う会社のですが)……ぜんぜん覚えてなかった(爆)昔の女性は大変だったのねぇ、相手の男が……腹立つ(笑)
Nelson Mandela2回目です。数ヶ月前に英会話スクールで借りて読みました。が、今回の方が断然早く読め、理解もしやすかったです。いつかもっと詳しい話を読みたいですね。ただ、マンデラさんって3回も結婚してたのね……(^-^;)
Treasure Islandすっかり忘れてました、宝島ってこんな話だったのね(爆)こういう機会でもなければ、児童書って意外と読み返す機会がないんですよね。もっと読めるようになったら原書にチャレンジだわ♪
The Battle of Newton Road上記3冊より使用語彙も総語数も少ない。こういうのを間に挟んで読むことで読みやすいペースを思い出すことが出来るというメリットはあるのですが、どうも一度上のレベルを読んでしまうと物足りない感があるのは仕方がないかな(^-^;)
Pizza Patピザを作る様子を関係代名詞を使って説明しているので、どんどん文が長くなっていくのが面白い。ちょっと邪悪なネズミの絵がかわいい(笑)


●2002/12/31 Tue  大晦日


Polar Babies
お節も出来上がったし(といっても、今年は少ししか作ってないんですが(^-^;)、お掃除もすんだし、おまけにウォーキングまですませてきちゃったよ♪
という訳で、一息(笑)

Tales from Hans Andersen親指姫ってこんな話でしたっけ?うう〜ん、子供の頃に読んだ本って本当に意外と覚えてないものです(^-^;)改めて読み返してみると結構新鮮です〜♪
Men in Blackこれも二度目。前回より断然読みやすいです。とはいえ、SFは言葉遣いが独特だったり、予想もしない事態が起こったりするのでちょっと読みにくいですね。
Polar Babiesどうも絵本に関しては絵のセンスが合わない時があるようです(^-^;)かわいいお話と絵なんだけど今ひとつわたし好みではなかったかも。ただ寝てばかりいる小熊に親近感が……(笑)


back  next

home