スロットル&クラッチワイヤー交換
ハンドルを交換し、ハイスロ(巻き取り径はノーマルと一緒ですが…)を装着したMyCBR。
その作業工程で気になっていたスロットルワイヤー。
何が気になっていたかと言うと、ACTIVE製の汎用品の為に長すぎて見た目がイマイチ。
そしてACTIVE製ワイヤーは真ん中にもアジャスターがあってそのアジャスターが丁度タンクとフレームのあたりに来て若干挟み込まれている状態でしか装着できず、取り回ししにくいものでした。

で、バイクセブンで似たような長さのワイヤーを探していると
「特注ワイヤー製作します」の文字が…値段は1本¥10000以上…

「うーん、流石に高すぎるよなー」と思うと同時に「業者と直取引なら安くなるよなーー」とも思いました。googleで検索をかけて見ると特注ワイヤーを作ってもらえるところを数件発見。で、メールで各業者とやり取りして、大体の雰囲気を探ってみる。その中で「有限会社JSR」さんの対応が良くてお世話になることにしました。

JSRさんホームページ http://www.paw.hi-ho.ne.jp/katyosidajp_m/

ワイヤーのフィッティングは結構数が多いので純正品を持って会社訪問。純正より少し長い物が必要なので+20mmでオーダー。意外に安く製作してもらえるようなのでクラッチワイヤーもセットで製作していただくようにお願いしてきました。

アウターは通常のブラック、ステンメッシュ、グラスファイバーメッシュがあり、ワイヤー(芯線はステン)+テフロンコーティングで動作はどれも殆ど変わらないようです。しなやかさではグラスファイバーが一番との事。但し、見た目の経年劣化が少しあるらしいので、ステンメッシュをチョイスしました。アウター金具はメッキと黒が選べたので(在庫の有無は金具によるらしいです)黒をチョイスしました。


10日程で出来上がって宅急便代引きで送られてきました。
気になる価格はスロットル2本(引き/戻し)とクラッチ1本、
送料込み、代引き手数料込みでなんと!

¥13700

スゲー、安すぎッス(笑)



左上…スロットルボディ側のワイヤーって交換しにくい、、、
右上…交換後の右側ハンドル周り
左下…丁度良い長さになってスッキリしました。マスターのステーも純正っぽくおさまってます。
右下…カウルから「チラッ」と見えるクラッチワイヤー

で、例のごとくガソリンをお漏らししながら(笑)タンクを降ろしてエアクリーナーをめくって交換しました。
せっかくタンクを下ろしての作業をするのでブローバイ関係の劣化したホースもついでに交換してスッキリです。
メッシュワイヤーは長さも丁度よくて、ばっちりの取り回しです。操作フィールも明らかにスムーズになりました。ハンドルロック付近でもとてもスムーズです。やはり操作系が軽くスムーズに動くと気持ちよいですね〜。乗った状態でもワイヤーが目に付く位置なので満足度も高いです。



ついでに吸気デバイスのフラップを全開位置で固定してみました。
やがて吸気&排気デバイスは外す予定なので試験的に…
低速で扱いにくくなるかもしれませんが、余計な装備は外すほうが
後々のトラブルも少ないと考えているもので…

この状態で近所を走ってみましたが違いがわからん(笑)



作業完了日 2007年7月23日
走行距離 35057km