ご当地シリーズ その1(原付ナンバー編)


まずは下記の写真をごらんください。





原付のナンバープレートに注目!

変わった形でしょ??







箕面の滝と紅葉をデザインにとりいれた斬新な形になっています。



車で「鈴鹿」や「豊田」や「富士山」とか地名の表示だけってのは有名ですが、
原付は形自体が特殊でインパクトがでかいです!

しかし行動範囲が限られるようで結構知らない人が多いようです。
(検索すると宮城や松山とかはもっと凄い事になってます)


私的には嫌いではないけど自分のカブには普通の形のナンバーが良いと思っております(笑)
(幸い箕面市在住ではないので普通の形なんです)
だって形にインパクトがありすぎて逃げれ…(以下略)



そうそう、私の居住地域のナンバーで原付の登録をしたときなんですが、
今乗っているカブ90を登録してから一ヵ月後にボアアップした原付の登録(80cc)を
したところ連番になりました(笑) 
一ヶ月間私の居住地域では登録がないってことである意味凄いな(笑)
(まぁ90cc以下のプレートなんで車種が少ないのも理由なんでしょうけど…)


(参考資料)箕面市ホームページの報道資料
http://www.city.minoh.lg.jp/zeimu/shiminzeikoukai/orijinarupure-tokoufu.html

2011/04/08 執筆
トップページへ