PAOPAO WONDER LAND KAIJU GARAGE KITS DATABASE

top > ゴジラ・サイド > 怪獣GKデータベース


モスゴジ Godzilla 1964

  「モスラ対ゴジラ」(1964)より

  小サイズ:〜13cm

       モスゴジ 1.モンスターファクトリー モスゴジ
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)1,500円 (4)発売:1982年 (5)原型製作:須合潔貴
      須合氏が、宇宙船の投稿を中心に個人メーカーの走りとして活動していた時代のモスゴジ。 後に、改修版も出している。


モスゴジ 2.海洋堂 モスゴジ
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)価格不明 (4)発売:1982年 (5)原型製作:不明
      当時の宇宙船に載った、10cmサイズのモスゴジ。 詳細不明。


モスラ対ゴジラ 3.海洋堂 モスゴジ対決セット幼虫版より
 (1)13cm (2)レジンキャストキット (3)4,000円 (4)発売:1985年 (5)原型製作:原詠人
      原氏が、15cmサイズで作成したモスゴジ対決セットの幼虫版より。 価格は、対決セットのもの。 再版よりモスラは、尻尾の1匹のみとなった。 '93年の再版価格は、5,900円。


4.X−MAN PROJECT モスゴジ
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)価格不明 (4)発売:1985年 (5)原型製作:不明
      第1回ワンダーフェスティバルに出店したディーラーから発売された、モスゴジ。 プレート付き。 詳細不明。


モスゴジ 5.海洋堂 ミニリアルタイプ モスゴジ
 (1)9cm (2)レジンキャストキット (3)1,800円 (4)発売:1987年 (5)原型製作:原詠人
      原詠人氏が、海洋堂時代の末期に作成した小サイズシリーズの一品。 後に成虫モスラとセットにされて、モスゴジ対決セット成虫版(7,000円)として売られた。 同シリーズにキンゴジがある。


モスゴジ 6.アペンディックス倶楽部 モスゴジ
 (1)7cm (2)レジンキャストキット (3)1,800円 (4)発売:1990年 (5)原型製作:SHU AIHARA
      名古屋のホビーショップ、日本切手(株)のブランド「APPENDIX」から発売された、ミニリアルモンスターシリーズの一品。 ベース付き。


モスゴジ 7.アオシマ文化教材社 怪獣メタルキットシリーズ モスゴジ
 (1)9cm (2)メタルキット (3)4,200円 (4)発売:1990年 (5)原型製作:三枝徹
      アオシマが、1/700の小サイズで展開したホワイトメタル製シリーズの一品。 決戦ゴジラの上向きヘッドもセットされた、コンパーチブルキット。


モスラ対ゴジラ 8.WAVE 大怪獣総進撃シリーズ モスラ対ゴジラより
 (1)5cm (2)メタルキット (3)1,480円 (4)発売:1992年 (5)原型製作:酒井智史
      WAVEが、小サイズで多種リリースを目指したホワイトメタル製のシリーズの一品。 キットでは、以外と少ない成虫との対決セット。


モスゴジ 9.WAVE 大怪獣総進撃シリーズ モスゴジ
 (1)5cm (2)メタルキット (3)1,480円 (4)発売:1992年 (5)原型製作:岡野精一
      WAVEが、小サイズで多種リリースを目指したホワイトメタル製のシリーズの一品。 こちらは、モスゴジ単体モデル。


モスゴジ 10.レッズ ゴジラ’64
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)4,800円 (4)発売:1993年 (5)原型製作:不明
      小サイズジオラマを指向し、ベースや敵怪獣が付いた100mmサイズコレクションの一品。 海面ベースを進む、双子のモスラ付き。


モスラ対ゴジラ 11.ヒルマモデルクラフト モスラ対ゴジラより
 (1)9cm (2)レジンキャストキット (3)4,000円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:ヒルマモデルクラフト
      1995年冬のWFにて販売された、当日版権キット。 岩島でモスラに尻尾を噛まれたバンザイゴジラを立体化した小作品。 モスラ幼虫、ベース付き。


モスラ対ゴジラ 12.ヒルマモデルクラフト モスラ対ゴジラより
 (1)11cm (2)レジンキャストキット (3)30,000円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:ヒルマモデルクラフト
      モスラの卵を襲撃する、モスゴジのシーンを再現したジオラマキット。 卵を入れた温室のフレームは、アクリルレーザーカットによって再現された。 1995年のWFで先行販売され、後にオブロングボックスから一般販売された。 サイズはゴジラの全高、ベースで20*29cm。


モスゴジ 13.KOC モスゴジ
 (1)12cm (2)レジンキャストキット (3)8,000円 (4)発売:2003年 (5)原型製作:茨木彰
      KOCが新たに始めた、12cmコレクションシリーズのNo.4。 名古屋城お堀の、ディオラマベース付き。


モスゴジ 14.タイムトンネル2 モスゴジ対決セットより
 (1)6cm (2)レジンキャストキット (3)4,000円 (4)発売:2004年 (5)原型製作:井坂高士
      WFの常連ディーラー、タイムトンネル2から2004年冬に販売された成虫モスラとモスゴジの対決セットより。 キットは、成虫モスラ、幼虫モスラ2匹との4体セットで、価格はセットのもの。 2005年冬以降の再販では、1,500円で単品販売もされた。


モスラ対ゴジラ 15.YAMAKAWA造型部 モスゴジ
 (1)4cm (2)レジンキャストキット (3)非売品 (4)発売:2007年 (5)原型製作:山川隆生
      某メーカーより発注されて、陽の目を見なかった極小モデルの原型をそのままキット化したもの。 2007年の冬WFで先行発売された、スッポ抜けモスゴジの購入者にプレゼントされた。
*写真は、食玩の童友社製名古屋城とのアレンジ。


モスラ対ゴジラ 16.YAMAKAWA造型部 モスラ対ゴジラ・対決セット ミニ版
 (1)11cm (2)レジンキャストキット (3)12,000円 (4)発売:2013年 (5)原型製作:山川隆生
      2013年の夏WFで先行発売された、モスゴジ引きずりモスラの小スケールモデル。本来25cmサイズモデルのバランスを見るための試作品であったが、モスラの羽幅が大きく飾るのに困るお客さんのため、11cmサイズシリーズの一品として仕上げて販売された。 11cmサイズ、モスラ全幅25cm、ロゴ入りベース付き。


  15cmサイズ:14cm〜18cm

       モスゴジ 1.ボークス JrシネマSFX モスゴジ
 (1)16cm (2)レジンキャストキット (3)4,600円 (4)発売:1985年 (5)原型製作:圓句昭浩
      ボークスが、15cmではじめたJrシリーズの初期の作品。 圓句氏にとっては、初のゴジラ造型作品となる。 下あご可動ギミック付き。


モスラ対ゴジラ 2.イノウエアーツ クラッシュ・オブ・ゴジラ
 (1)17cm (2)レジンキャストキット (3)17,000円 (4)発売:1985年 (5)原型製作:井上雅夫
      井上氏が、映画のシーンを丸ごとキット化した作品を模索した84年のジオラマ作品。 初の、小サイズキットでもある。 再販価格、25,000円。 後にパラダイスより19,800円でソフビキット化された。 その際、モスラの羽はレジンでしか抜けず、しかも抜き屋に断られて井上氏自らが全て抜いていたという逸話が残っている。


モスゴジ 3.酒井ゆうじ造型工房 モスゴジ
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)8,500円 (4)発売:1993年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      酒井氏が造型工房設立初期に立体化した、15cmシリーズの第1弾。 海洋堂と酒井造型工房、両方から販売され、造型工房のイベント版では巨大なプレートが付いた。 再販価格は、9,000円。
この原型は、後にM1号のジオラマセットにも使用された。


モスゴジ 4.YAMAKAWA造型部 モスゴジA
 (1)16cm (2)レジンキャストキット (3)5,000円 (4)発売:1994年 (5)原型製作:山川隆生
      1994年のWFで発表された、YAMAKAWA造型部初のモスゴジ。 1999年のWFでは、モスゴジBの幼虫モスラと新作ベースを付けて9,000円で再販された。
さらに2004年6月、完全復刻版として、同じモスゴジBの幼虫モスラ2体に新造の卵の殻、ロゴ入りベースを付けて一般版権にて再販された。 価格は15,000円で、これで最終販売となった。 (画像は、この完全復刻版のもの)


モスゴジ 5.YAMAKAWA造型部 モスゴジB
 (1)14cm (2)レジンキャストキット (3)7,000円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:山川隆生
      1995年のWFで発表された、モスラ幼虫との対決セット。 完成品も、13,000円で同時発売された。


モスゴジ 6.ボークス Jr東宝大怪獣伝説 モスゴジ
 (1)14cm (2)レジンキャストキット (3)6,800円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:三浦新吾
      10年振りに新人原型師により代替りした、Jrシリーズの作品。


モスゴジ 7.M1号 モスゴジ名古屋城ジオラマセットより
 (1)15cm (2)ソフビキット (3)15,000円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      酒井ゆうじ氏の15cmモスゴジを使用して、ジオラマ仕立てのセットにしたM1号のアイデア商品第1弾より。 アレンジは、ビーグルが担当。 モスゴジは、酒井氏の15cmモスゴジをソフビ化して使用。 童友社製名古屋城のプラモデルを組み合わせ、ベースとシーナリーパウダーや樹木などのストラクチャーもセットされた。(参考:ジオラマ全景


モスゴジ 8.M1号 モスラ対ゴジラ パーフェクトジオラマセットより
 (1)15cm (2)ソフビキット (3)16,000円 (4)発売:1996年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      酒井ゆうじ氏の15cmモスゴジを使用して、ジオラマ仕立てのセットにしたM1号のアイデア商品第2弾より。 モスラの成虫や卵2個までセットされた、その名の通りのパーフェクトジオラマセット。 価格は、セットのもの。 モスゴジは、こちらのセットでは軟質ソフビで成型された。


モスゴジ 9.KOC ゴジラ1964
 (1)17cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:茨木彰
      ボークスから独立した茨木氏が、KOCブランドから発表した1/350シリーズの一品。 初版は、鉄塔、ベース付き。 再販版より、超小型のものに変更された。 再販価格12,000円。


モスゴジ 10.YAMAKAWA造型部 モスゴジDX
 (1)18cm (2)レジンキャストキット (3)9,000円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:山川隆生
      モスゴジ好きの山川氏が、15cmサイズから一回り大きいサイズで立体化したモスゴジ。 A、Bに続き、DXと命名された。 1999年夏のWFでも、再販されている。


モスラ対ゴジラ 11.KOC モスラ対ゴジラより
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)35,000円 (4)発売:1999年 (5)原型製作:山川隆生
      KOCから発売された、YAMAKAWA造型部の山川隆生氏とのコラボレーション作品より。モスラは茨木彰氏、モスゴジと卵は山川隆生氏原型。 成虫モスラを払いのける、動きのあるモスゴジが立体化されている。


モスゴジ 12.YAMAKAWA造型部 名古屋城激突型モスゴジ
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)15,000円 (4)発売:2012年 (5)原型製作:山川隆生
      2012年夏のWFから発売された、動きのあるモデル。 WFでは、童友社「DX城 名古屋城」を使用して、転倒シーンが再現された。 お堀ジオラマベース付き。


  20cmサイズ:19cm〜24cm

       モスゴジ 1.海洋堂 モスゴジ
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)5,500円 (4)発売:1983年 (5)原型製作:速水仁司
      速水氏が、GSVで手がけた20cmサイズのモスゴジ。


モスゴジ 2.海洋堂 20cmモスゴジ
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)6,800円 (4)発売:1985年 (5)原型製作:原詠人
      海洋堂が、ゴジラのラインナップを20cmを中心に展開する中、速水氏から代変わりする形で原氏が造形したモスゴジ。 幼虫モスラと、同時期に発売された。


モスゴジ 3.海洋堂 モスゴジ
 (1)20cm (2)ソフビキット (3)3,500円 (4)発売:1991年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      90年代、酒井版の着ぐるみバリエーションとしてリリースされた20cmシリーズの一品。 成虫モスラと戦うポーズがモチーフ。 同型のモデルに、畜光ソフビ版(1998年 海洋堂)とレジン版(1999年 酒井造型工房 16,000円)がある。


モスゴジ出現 4.酒井ゆうじ造型工房 モスゴジ出現
 (1)14cm (2)レジンキャストキット (3)13,000円 (4)発売:1994年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      イベント限定の名物となった、出現シリーズの第1弾。 倉田浜干拓から上半身と尻尾を出した、モスゴジ出現シーンのジオラマキット。 干拓ベース付。 1999年には、初ゴジ出現等と共に再販された。


モスゴジ 5.SHINZEN造形研究所 モスゴジ
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)8,800円 (4)発売:1995年 (5)原型製作:竹内信善
      WFの常連、SHINZEN造形研究所が、初参加の1995年夏に発表したモスゴジ。 完成品も、1万円にて販売された。


モスゴジ 6.酒井ゆうじ造型工房 続モスゴジ出現
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)15,000円 (4)発売:1996年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      イベント限定の名物となった、出現シリーズのNo.5。 「モスゴジ出現」の翌々年、進攻するモスゴジを、出現シリーズ初の全身像で立体化。 酒井モスゴジ20cmの決定版となった。


モスゴジ 7.YAMAKAWA造型部 230モスゴジ
 (1)23cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:1999年 (5)原型製作:山川隆生
      全高23cmの「230シリーズ」第1弾として、1999年夏のWFでデビューしたモスゴジ。 同時期に作成していたKOCの対決セットとは対極の、静かなポーズで立体化された。 WF当日のおまけには、ロゴ付ベースが付いた。


モスゴジ出現 8.KOC モスゴジ出現
 (1)16cm (2)レジンキャストキット (3)25,000円 (4)発売:2000年 (5)原型製作:茨木彰
      倉田浜干拓から上半身と尻尾を出した、モスゴジ出現シーンのジオラマキット。 干拓ベース付。 ベースを小型にした18,000円の小型タイプも、同時発売された。


モスラ対ゴジラ 9.YAMAKAWA造型部 モスラ対ゴジラ・岩島決戦対決セットより
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)24,000円 (4)発売:2002年 (5)原型製作:山川隆生
      Bセットから7年、2002年のWFで発表された、モスラ幼虫との岩島決戦対決セットより。 1匹が尻尾に噛み付く、バンザイモスゴジがモチーフ。 価格は、ベース付きセットのもの。 ベース無しは、18,000円。


モスゴジ 10.SHINZEN造形研究所 モスゴジ(岩島対決)
 (1)19cm (2)レジンキャストキット (3)22,000円 (4)発売:2004年 (5)原型製作:竹内信善
      一般版権3年目の夏、最もメジャーなゴジラ2体に挑戦して造形されたモスゴジ。 モチーフとなる対決シーンも、最もメジャーな幼虫モスラ2匹との岩島対決が選ばれている。 同サイズのキンゴジと共に販売された。


モスゴジ 11.KOC ゴジラ1964
 (1)21cm (2)レジンキャストキット (3)16,800円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:茨木彰
      近年20cmサイズに力を入れているKOCから、2005年7月に発表された20cmサイズのモスゴジ。 8月21日夏のWFで先行販売された。 初期生産分限定のおまけで、卵モスラプレートが付く。


モスゴジ 12.G−tempest ゴジラ(モスラ対ゴジラ)
 (1)18cm (2)レジンキャストキット (3)10,500円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:渡辺結樹
      2006年5月に発表された、コレクションシリーズの第2弾となるモスゴジ。クリア成型による、目のカバーパーツ付き。


モスラ対ゴジラ 13.YAMAKAWA造型部 テレビ塔尻尾スッポ抜けモスゴジ
 (1)23cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:2007年 (5)原型製作:山川隆生
      2007年の冬WFで先行発売された、つんのめったポーズのモスゴジ。 モスラ誕生と共に発売された。 22*15cmのベース付き。 WF先行販売には、約4cmの極小モスゴジがおまけに付いた。
*写真は、夏に発売されたモスラ成虫セットの卵とのアレンジ。
(参考:成虫モスラとの対決ジオラマ)。


モスゴジ 14.桜前線 モスゴジ
 (1)19cm (2)レジンキャストキット (3)15,000円 (4)発売:2007年 (5)原型製作:石井勝巳
      2007年冬のWFで発売された、当日版権キット。 ウエストケンジで、2005年より同サイズのゴジラ原型を担当する石井氏が、自らディーラーを出店してリリースした、オリジナルキット第2弾。


モスゴジ 15.YAMAKAWA造型部 230モスゴジ2
 (1)23cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:2009年 (5)原型製作:山川隆生
      前回の「230シリーズ」第1弾としてリリースされた230モスゴジから、10年振りに再構築された230モスゴジの第2弾。 2007年のスッポ抜けモスゴジの前のシーンがモチーフ。 ロゴ入りベース付き。


モスゴジ 16.酒井ゆうじ造型工房 モスラ対ゴジラ-静之浦の戦い-
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)38,850円 (4)発売:2011年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      2011年冬のWFで先行販売された、20cmサイズの対決キット。 昭和のモスゴジ成虫対決を、ダイナミックな構図で立体化している。 なお、当日のWF限定販売として、モスラ幼虫1匹を加えたプレミアムセットも42,500円にて販売された。


モスゴジ 17.イマージュ モスゴジ
 (1)21cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:2011年 (5)原型製作:小田雅一たまお
      イマージュが20cmシリーズで展開する、激闘シリーズのNo.25。 造型活動10周年記念ということで、約3年振りに復活した激闘シリーズの復帰第1弾。 全高22cm、ベース付き。


モスゴジ 18.VS ゴジラVer.1964
 (1)23cm (2)レジンキャストキット (3)15,000円 (4)発売:2014年 (5)原型製作:神田瑞穂
      VSから2014年冬WFで発売された、当日版権キット。 神田嬢が、リアルタイプに挑戦した初のモデル。 このWFでは、長岡氏のモスゴジとともにサイズ違いの2体のモスゴジが並ぶことになった。


  30cmサイズ:25cm〜34cm

       モスゴジ 1.ボークス OHS モスゴジ
 (1)32cm (2)レジンキャストキット (3)9,500円 (4)発売:1984年 (5)原型製作:井上雅夫
      井上氏がボークスと提携して、30cmで展開を始めた「オリエントヒーローシリーズ(OHS)」と題した、怪獣(特撮)シリーズの第1弾2番目の作品。 バックル付き。


モスゴジ 2.モンスターファクトリー モスゴジ
 (1)25cm (2)レジンキャストキット (3)価格不明 (4)発売:1984年 (5)原型製作:須合潔貴
      当時、個人メーカーの走りとして活動していた須合氏の大型モデル。 詳細不明。


モスゴジ 3.イノウエアーツ 新モスゴジ
 (1)32cm (2)レジンキャストキット (3)12,000円 (4)発売:1986年 (5)原型製作:井上雅夫
      井上氏が内田模型と提携し、油の乗り切った時期に作製した強面のモスゴジ。 成虫モスラ、砂丘ベースとのジオラマ仕立てにしたかったそうであるが、ボークスのOHSが絶版となったため、単体での発売となった。 同年、ほぼ同スケールの成虫モスラを新作として、続けて発表している。 レジン版再販は18,000円、後にパラダイスからソフビキット(6,980円)としても販売された。


モスゴジ 4.ボークス OHS モスゴジ TYPE2
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)15,000円 (4)発売:1986年 (5)原型製作:川岸敬厳
      ボークスが井上氏と決裂後、多数の原型師を投入して一大シリーズとなるOHSの、原型師を代変わりして発表したモスゴジ。


モスゴジ 5.レッドバロン ハイパーモスゴジ
 (1)25cm (2)レジンキャストキット (3)12,000円 (4)発売:1988年 (5)原型製作:原詠人
      海洋堂を離れた原氏が、レッドバロンから発表したモスゴジ。 顔は、アップ用マペットモデルをモチーフに作られたと思われる。 写真は、村尾ゴジラ氏による作例。


モスラ対ゴジラ 6.パラダイス クモの巣攻撃より
 (1)30cm (2)ソフビキット (3)14,800円 (4)発売:1991年 (5)原型製作:柴田幸房
      エビラの一本背負いに続き、柴田氏が30cmサイズで再現したゴジラ対決キット。 2体の幼虫モスラと戦う、バンザイポーズのモスゴジを立体化している。


モスゴジ 7.ビリケン商会 モスゴジ
 (1)27cm (2)ソフビキット (3)4,000円 (4)発売:1992年 (5)原型製作:須合潔貴
      個人メーカー時代に続いて、30cmサイズで立体化された、須合氏のビリケン商会でのモスゴジ。 須合氏の原型は、あごを引いたモスゴジらしいポーズであったが、キットでは抜きの都合で背筋が伸びた形に変えられた。


モスゴジ 8.酒井ゆうじ造型工房 30cmモスゴジ
 (1)32cm (2)レジンキャストキット (3)27,000円 (4)発売:1994年 (5)原型製作: 酒井ゆうじ
       酒井造型工房、30cmシリーズの第1作。 氏のモスゴジの中でも、最も柔らかい表情のモスゴジとなっている。 海洋堂から6,000円で、ベース無しのソフビキットとしても発売された。


モスゴジ 9.浅井造型 モスゴジ・A作戦放電攻撃
 (1)29cm (2)レジンキャストキット (3)16,000円 (4)発売:1999年 (5)原型製作:浅井篤
       浅井氏が主宰する浅井造型より、1999年夏のWFで発売されたモスゴジ。 鉄道模型のKATO社の高圧鉄塔1基(プラキット)と、塔頂放電機がおまけに付いた。 一般版権移行に伴い、2000年の暮れには、18,000円で単体で再販された。


モスゴジ 10.イーグルCRAFT モスゴジ
 (1)26cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:2004年 (5)原型製作:南田哲郎
       南田哲郎氏が主宰するイーグルCRAFTより、ディーラー初参加の2004年冬WFで発売されたモスゴジ。 表情の豊かなモスゴジから、あごを引いた恐い顔系のモスゴジモデルとなっている。 ベース付き。


モスゴジ 11.浅井造型 モスラ対ゴジラ・静之浦の死闘(後篇)
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)29,800円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:浅井篤
       浅井氏が主宰する浅井造型より、2005年初頭に発売された怪獣フリークス30cmシリーズ No.13のモスゴジ。 No.12の成虫モスラに毒粉攻撃を受ける、劇中静之浦のシーンを再現した対決セットの後編。 ベースが大型化し、価格を押さえるため単体も19,800円で販売された。


モスゴジ 12.モンスターメーカー・28 モスゴジ
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)24,000円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:丹羽俊介
      2005年夏のWFに発売された、30cmサイズの当日版権キット。 丹羽俊介氏が主宰するWFディーラー「モンスターメーカー・28」の、GMKゴジラに続く第2弾作品。


モスゴジ 13.YAMAKAWA造型部 四日市モスゴジ
 (1)33cm (2)レジンキャストキット (3)28,000円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:山川隆生
      2006年の冬WFに合わせて発売された、山川モスゴジ。 地元四日市を侵攻するモスゴジを、30cmサイズで立体化したもの。 WF10セット限定で、倉田浜干拓で発見されたゴジラの皮膚をあしらったベースが付いた。


モスゴジ 14.造型工房キトラ 立て!モスゴジ
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)20,000円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:松本健一
      2006年夏のWFで発売された、当日版権キット。 鮫順こと松本健一氏の、製品化第3弾作品。 モチーフは、成虫モスラに攻撃されてのた打ち回ったゴジラが立ち上がろうとするポーズとの事。 珍しい、片膝立ちのモスゴジとなっている。 逆ゴジ&アンギラス胸像と共に、限定5個で販売された。 胴体のみFRP製。


モスゴジ 15.ダイモス モスゴジ
 (1)28cm (2)レジンキャストキット (3)25,000円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:村上寛
      2006年10月に販売された、東宝見聞録シリーズ其の九。 ダイモス3周年記念作品として、2周年記念のキンゴジに続きビッグネームのモスゴジを村上氏が造型、夏WFで原型がお披露目された。


モスゴジ 16.てんつく工芸 モスゴジ
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)25,000円 (4)発売:2009年 (5)原型製作:松本健一
      2009年夏のWFで発売された、当日版権キット。 前年に参考展示した30cmモスゴジから、尻尾の向きを大きく改修し、尻尾をはね上げて振り返るダイナミックなポーズに変更された。


モスゴジ 17.浅井造型 モスラ対ゴジラ・追撃!岩島最終決戦
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)29,800円 (4)発売:2010年 (5)原型製作:浅井篤
       浅井氏が主宰する浅井造型より、2010年秋に発売された怪獣フリークス30cmシリーズ No.19の対決セットより。 「静之浦の死闘」から5年振り、モスゴジ3作目となる今作は、上陸した幼虫二匹を迎え撃つシーンがモチーフの対決セット。 価格は、三体セットのもの。


ゴジラ1964 18.X PLUS ゴジラ1964
 (1)33cm (2)レジンキャストキット (3)24,150円 (4)発売:2011年 (5)原型製作:不明
      X PLUSが、少年リックサイトで販売した東宝30cmシリーズの一品。 より原型に近い物をとのユーザーの声から、同社のソフビ完成品用原型を使用してレジンキャストキット化したもの。 全高33cm。


モスゴジ 19.クラバート・ガレージ モスゴジ・倉田浜干拓地出現
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)20,000円 (4)発売:2012年 (5)原型製作:竹添展
      前年に、うけけ団から84サイボットゴジラで原型師デビューした竹添氏が、自らのメーカーを興して2012年の冬WFにて販売したオリジナルキット第1号。


モスゴジ 20.モンスターメーカー・28 モスゴジ
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)23,000円 (4)発売:2012年 (5)原型製作:丹羽俊介
      一般版権に移行し、丹羽氏が7年振りに再立体化したモスゴジ。 7月のWFで途中原型が展示され、9月に発売となった。


モスラ対ゴジラ 21.YAMAKAWA造型部 モスラ対ゴジラ・対決セット DX版
 (1)25cm (2)レジンキャストキット (3)35,000円 (4)発売:2013年 (5)原型製作:山川隆生
      2013年の夏WFで先行販売された、モスゴジ引きずりモスラの大スケールモデル。井上氏のクラッシュオブ〜が入手困難となり、常連はもちろん何よりご本人が欲しくて創作したとのこと。 モスラの羽幅が47cmに及ぶ大型のジオラマキットとなり、11cmサイズのミニ版も同時に販売された。 25cmサイズ、モスラ全幅47cm、ロゴ入りベース付き。


モスゴジ 22.T’s Facto GODZILLA 1964
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)25,000円 (4)発売:2013年 (5)原型製作:山脇隆
      2013年10月に発売された、山脇氏のモスゴジ。 あごを引いた、精悍な構えのモスゴジとなっている。 全高30cm。


モスゴジ 23.VS 原子怪獣ゴジラ 1964
 (1)33cm (2)レジンキャストキット (3)25,000円 (4)発売:2014年 (5)原型製作:長岡友吾
      WFで活動を続けるVSから、2014年冬WFで発売された当日版権キット。 リアルホビーのパッケージにも使われた、有名なスチールがモチーフ。 このWFでは、神田嬢のモスゴジとともにサイズ違いの2体のモスゴジが並ぶことになった。


  40cmサイズ:35cm〜44cm

       モスゴジ 1.YAMAKAWA造型部 原子怪獣ゴジラ1964
 (1)42cm (2)レジンキャストキット (3)39,800円 (4)発売:2003年 (5)原型製作:山川隆生
      2001年の中日新聞取材時に造っていたモスゴジ。 本来は胸像にしたかったとの事であるが、ファンの強いリクエストにより、全身像も同時に発売された。


  大型サイズ:45cm〜

       モスゴジ 1.イノウエ工房 バンザイモスゴジ
 (1)60cm (2)FRP製キット (3)7,500円 (4)発売:1982年 (5)原型製作:井上雅夫
      その後、送り手側にも多大な影響を与えた、イノウエ工房、後のイノウエアーツのデビュー作。 当時、自家製キットを領布する動きは他にもあったが、氏をよく知る怪獣マニア氏は、井上氏こそガレージキットの精神的パイオニアと位置付けている。 立体物としては稚拙さも残るが、造形エネルギーが噴出した記念碑的作品。


モスゴジ 2.ボークス 55cmモスゴジ
 (1)55cm (2)FRP製キット (3)25,000円 (4)発売:1983年 (5)原型製作:井上雅夫
      京都のホビーショップ、ボークスが井上氏と販売提携をし、発表された55cmモスゴジ。 60cmのキンゴジと共に、当時ボークスの広告を飾った。 バンザイモスゴジに比べ、ボリュームもあり、格段に良くなっている。 モスゴジをあしらった、NO付きプレートが付いた。 この原型は、バンダイ(ホピー)のでかソフビの原型にも使用された。


モスゴジ 3.海洋堂 45cmモスゴジ
 (1)45cm (2)レジンキャストキット (3)29,000円 (4)発売:1986年 (5)原型製作:原詠人
      原氏が海洋堂時代の絶頂期に発表した、45cmのモスゴジ。 モスゴジだけでなく、原氏の代表作との声が多い。 くねっともだえたような感じが、いかにも原モスゴジである。


モスゴジ 4.海洋堂 ハイパーソフビ モスゴジ
 (1)50cm (2)ソフビキット (3)13,800円 (4)発売:1989年 (5)原型製作: 酒井ゆうじ
       海洋堂の第1回アートプラ大賞入選作となったキンゴジに続き、酒井氏がキット化のため同サイズで原型製作した50cmのモスゴジ。 キンゴジ同様、動きのあるモスゴジとなっている。 再販価格は、18,000円。


モスゴジ 5.M1号 50cmモスゴジ
 (1)50cm (2)ソフビキット (3)23,000円 (4)発売:1994年 (5)原型製作: 酒井ゆうじ
       酒井氏が、約5年振りに50cmサイズで立体化したモスゴジ。 今回は、オーソドックスなどっしりと構えたポーズとなっている。 ソフビは、硬質版軟質版の両方が発売され、90,000円で限定レジン版も販売された。 2008年には、軟質版がWF限定で50体、23,000円にて再販されている。


モスゴジ 6.酒井ゆうじ造型工房 1mモスゴジ
 (1)1m (2)FRP製キット (3)500,000円 (4)発売:1996年 (5)原型製作: 酒井ゆうじ
       酒井氏が、50作記念モデルとして、1mサイズで立体化したモスゴジ。 1mキットは、ビオゴジに続き2作目となる。 ヘッドのみも、完成品で別売された。


モスゴジ 7.造型工房キトラ 振向きモスゴジ
 (1)50cm (2)レジンキャストキット (3)69,800円 (4)発売:2010年 (5)原型製作:岡健之
      2010年夏のWFで発売された、当日版権キット。 50cmサイズのゴジラをたて続けにリリースする、岡氏の2010年作品。 空から攻撃を仕掛ける成虫モスラに対し、振向きざまに反撃する動作を立体化したもの。


  胸像・半身像等

       モスゴジ 1.ゼネラルプロダクツ モスゴジ胸像
 (1)21cm (2)メタル完成品 (3)25,000円 (4)発売:1982年 (5)原型製作:赤井孝美
      ガイナックスの前身ゼネプロの、最初期メタル製胸像。 原型は、DAICONフィルムや『プリンセスメーカー』で知られる赤井孝美氏。 重量6kg、木製台座と金属プレート付き。


モスゴジ 2.ゼネラルプロダクツ ギニョールゴジラ
 (1)30cm (2)軟質ソフビ (3)7,800円 (4)発売:1989年 (5)原型製作:不明
      ゼネプロの、アイデア製品。 実際に手を入れられる、モスゴジのハンドパペットモデル。


モスゴジ 3.M1号 モスゴジヘッド
 (1)スーツサイズ (2)FRP製キット (3)価格不明 (4)発売:1991年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      映画のプロップも多く扱うM1号から、プロップ風に作成された、スーツサイズのゴジラヘッドシリーズの一品。 原型は、酒井ゆうじ氏が担当した。


モスゴジ 4.不明 モスゴジ胸像
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)価格不明 (4)発売:1996年 (5)原型製作:河合伸泰
      1996年のJAF−CONで売っていた、個人メーカーの一発抜きキット。 可愛い顔のモスゴジ。 確か3,000円前後だったと思う。 原型師の方は、モデルアート社刊「AUTO MODELING」誌にも車のジオラマを提供していた人。 ネットでは、'60年代の匂いのするサイト「荻窪東宝」の支配人をされている。


モスゴジ 5.京商 東宝ヘッドラインシリーズ モスゴジ
 (1)30cm (2)ソフビキット (3)4,800円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:増田剛
      RCベルグが企画・製作し、怪獣無法地帯が原型を担当した胸像4体の内の一品。 手首は、レジンキャストの別パーツ。 メタルプレートや、塗装しない人のための目のシールが付いた。


モスゴジ 6.酒井ゆうじ造型工房 1mモスゴジヘッド
 (1)20cm (2)FRP (3)89,000円 (4)発売:1997年 (5)原型製作: 酒井ゆうじ
       酒井氏が、50作記念モデルとして作成した1mモスゴジのヘッドのみを、販売したもの。 限定30セットの他、歯はFRPのまま本体をラテックスに置き換えた、スペシャル版も12万円にて5体のみ販売された。


モスゴジ 7.M1号 モスゴジヘッド2
 (1)スーツサイズ (2)ソフビキット (3)22,000円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      映画のプロップも多く扱うM1号から、プロップ風に作成された、スーツサイズのゴジラヘッドシリーズの一品。 原型は1に続き、酒井ゆうじ氏が担当した。 2009年にはビオゴジヘッドと共に、軟質版が23,000円にて少数復刻販売されている。 全高約33cm。


モスゴジ 8.酒井ゆうじ造型工房 ミニ胸像・デスクコレクション ゴジラ1964
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)2,700円 (4)発売:1999年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      酒井造型工房の、ミニ胸像デスクコレクションの一つ。 25cmサイズ相当の、ネックアップモデル。


モスゴジ 9.アトリエG−1 ゴジラ胸像12体セット〜ゴジラ1964
 (1)9cm (2)レジンキャストキット (3)18,000円 (4)発売:2002年 (5)原型製作:奥田茂喜
      アトリエG−1が、2002年冬のWFから販売したゴジラ胸像12体セットより。 35〜40cmサイズ相当の頭部モデル。 価格は、12体セットのもの。


モスゴジ 10.YAMAKAWA造型部 モスゴジ40cmモデル・半身像
 (1)30cm (2)レジンキャストキット (3)24,000円 (4)発売:2003年 (5)原型製作:山川隆生
      2001年の中日新聞取材時に造っていたモスゴジ。 山川氏初の胸像タイプで、プレート付きの台座も彫刻された。 クリアレジン製眼球カバー付き。 口を開いた全身像も、同意に発売された。


モスゴジ 11.celtic sign モスラ対ゴジラ 頭像
 (1)20cm (2)レジンキャストキット (3)8,000円 (4)発売:2007年 (5)原型製作:ヒロシ
      2007年夏WFに、初参加のディーラーより販売された当日版権キット。 全身像も、同時に参考展示された。


モスゴジ 12.ギニョール造形工房吉埜 モスゴジ ギニョール2
 (1)70cm (2)ラテックスモデル (3)300,000円 (4)発売:2008年 (5)原型製作:吉埜茂
      2008年冬のWFに販売された、当日版権のワンオフモデル。 自家製ギニョールの上半身モデルとなっている。 キンゴジやガイラの上半身モデルと共に販売された。


モスゴジ 13.ギニョール造形工房吉埜 モスゴジスモールヘッド
 (1)25cm (2)ラテックスモデル (3)100,000円 (4)発売:2008年 (5)原型製作:吉埜茂
      2008年夏のWFに販売された、当日版権のワンオフモデル。 キンゴジのスモールヘッドとともに、1体ずつ販売された。


モスゴジ 14.GOWROW モスゴジ胸像
 (1)40cm (2)FRPキット (3)35,000円 (4)発売:2009年 (5)原型製作:當幸宗
      當幸宗氏主宰のGOWROWより、2009年夏WFでイベント限定販売された、胸像シリーズの第3弾作品。


モスゴジ 15.イマージュ モスゴジ
 (1)18cm (2)レジンキャストキット (3)9,800円 (4)発売:2010年 (5)原型製作:たまお
      2010年7月に販売された、半身像シリーズのNo.2。 イマージュの店長、たまお氏の原型による一品。 30cmサイズ相当の、モスゴジ上半身モデル。 今作より、下の専用ベースも200円で別売された。


モスゴジ 16.酒井ゆうじ造型工房 モスゴジ胸像
 (1)18cm (2)レジンキャストキット (3)27,300円 (4)発売:2011年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      実に15年振りに復活した、胸像シリーズの第7弾。 70cmサイズ相当のヘッドである。 2011年冬のWFでお披露目され、3月に発売された。 モスラ誕生シーンのロゴプレート付き。


モスゴジ 17.BLACK HEART ENTERPRISES GODZILLA 1964 Wall-Hanger
 (1)33cm (2)レジンキャストキット (3)180ドル (4)発売:2011年 (5)原型製作:Bill Wieger
      アメリカ製GK。 詳細不明。


モスゴジ 18.celtic sign モスゴジ胸像2
 (1)11cm (2)レジンキャストキット (3)3,000円 (4)発売:2012年 (5)原型製作:ヒロシ
      2012年冬WFに販売された、celtic signの当日版権キット。 40cm半身像も、同時に参考展示された。


モスゴジ 19.怪物屋 1964 モスゴジ
 (1)17cm (2)レジンキャストキット (3)4,000円 (4)発売:2013年 (5)原型製作:デミ
      2012年夏WFで販売された、当日版権キット。 50cmサイズスケール相当のヘッドモデル。 スタンド込み全高17cm、エッチングネームプレート、専用樹脂スタンド付き。


  デフォルメ・モデル その他

       モスゴジ 1.海洋堂 モスゴジ
 (1)5cm (2)レジンキャストキット (3)500円 (4)発売:1983年 (5)原型製作:セリカ
      海洋堂GK初期の、デフォルメシリーズのさきがけとなったセリカ(瀬里花)氏の作品。


モスゴジ 2.海洋堂 歩きごじら
 (1)5cm (2)レジンキャストキット (3)500円 (4)発売:1983年 (5)原型製作:速水仁司
      海洋堂GK初期に外川、速水両氏を中心として展開した、デフォルメシリーズの一品。 先行してセリカ氏のモスゴジがあるためか、本作にはモスゴジの表記はないが、外観からモスゴジとした。


モスゴジ・プレート 3.ボークス 55cmモスゴジ・プレート
 (1)12*27cm (2)レジンキャスト (3)25,000円 (4)発売:1983年 (5)原型製作:井上雅夫
      ボークスが井上氏と販売提携をし、発表された55cmモスゴジのプレートより。 プレートを抱える形で、モスゴジが彫刻されている。 背面には、通し番号がカービングされている。
価格は、55cmモスゴジキットのもの。


モスゴジ・プレート 4.ボークス モスゴジ・各種プレート
 (1)5*8cm (2)レジンキャスト (3)各1,000円 (4)発売:1984年 (5)原型製作:不明
      OHSに着手する前、オリジナルとして並べられたレリーフの小品。 広告には「バッチやベルトのバックルにもなる」と紹介され、会員向けのプレゼント品やキャンペーン品として使われた。 画像は2種だが、全体で何種類あったか不明。


モスゴジ・バックル 5.ボークス OHSモスゴジ・バックル
 (1)5.5*8.5cm (2)レジンキャスト (3)9,500円 (4)発売:1984年 (5)原型製作:不明
      OHSのモスゴジに、おまけとして付いたバックル。 上記と同サイズのシリーズだが、「INOUE ARTS」「1984.4」の刻印がされたOHSおまけ専用に作り起されたもの。 ガイガンでは「INOUE ARAZU」などと刻印されており、井上氏の作ではない。 価格は、OHSのキットのもの。


モスゴジ・プレート 6.海洋堂 モスゴジプレート
 (1)4.5cm (2)レジンキャスト (3)価格不明 (4)発売:1984年 (5)原型製作:原詠人
      おまけやイベント品に使われたと思われる、海洋堂のゴジラプレート。 単体販売されたかは不明。 直径45mm、レリーフというよりフル立体を半裁した仕様で、首の下は丸められているが頭部はかなり盛り上がっている。 ゴジラのロゴは、某プラキットからの流用。


7.ボークス オリエント保育園シリーズ モスゴジ
 (1)7cm (2)レジンキャストキット (3)価格不明 (4)発売:1985年 (5)原型製作:畑中正義
      畑中氏の、プロ原型師デビュー作に当るシリーズ。 イベントで配られたり、少数販売されたもようだが、詳細不明。


モスラ対ゴジラ 8.海洋堂 モスゴジ対決セット
 (1)6cm (2)レジンキャストキット (3)1,500円 (4)発売:1985年 (5)原型製作:片山浩
      海洋堂GK初期から展開したデフォルメシリーズに、新たに加えられたアイテム群の一品。 キンゴジ対決セットに続き、ゴジラ対成虫モスラがリリースされた。


モスラ対ゴジラ・プレート 9.酒井ゆうじ造型工房 モスラ対ゴジラ・プレート
 (1)10*4cm (2)レジンキャスト (3)2,500円 (4)発売:1996年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      酒井造型工房の、プレートコレクションの一つ。 続モスゴジ出現と共に、リリースされた。 フル立体の、ミニ幼虫モスラが付く。


モスゴジ 10.SHINZEN造形研究所 デフォルメモスゴジ出現
 (1)9cm (2)レジンキャスト完成品 (3)1,500円 (4)発売:1996年 (5)原型製作:竹内信善
      WFの常連、SHINZEN造形研究所から発表された、モスゴジ出現。 鉢植えタイプの小モデル。 表記は1996年の完成品のもの。 翌年のWFでは、2,000円でキット形態で再販された。


モスゴジ 11.X−O FACTO 大トカゲ・ボブの胸像
 (1)13cm (2)レジンキャストキット (3)55〜65ドル (4)発売:1996年 (5)原型製作:ジョン・タッキー John Tucky
      アメリカ製GK。 版権の都合から、製品前は「BOB THE GIANT LIZARD」となっている。 1964年頃の「ボブ」だそうであるが、別名のプレート付き。 O社のマスクを参考にしたのか、アメコミのようなデフォルメが施されている。 詳細不明。


モスラ対ゴジラ 12.VS モスゴジ成虫対決セットより
 (1)7cm (2)レジンキャストキット (3)7,500円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:長岡友吾
      WFで活動を続けるVSから発表された、モスゴジ成虫対決セットより。 寝転がったかっこうが、愛らしい。


モスゴジ 13.KOC マグネットヘッド ゴジラ1964
 (1)5cm (2)レジンキャスト (3)2,500円 (4)発売:1997年 (5)原型製作:茨木彰
      マグネット・クリップ、4種の内の1つ。 上記価格は、茨木氏による塗装済み品のもの。 この他に同型で、ペーパーウエイト仕様のメタル製1,600円、ブロンズ仕上げ、透明レジン、ポリストーン製が1,200円で発売された。


モスラ対ゴジラ 14.SHINZEN造形研究所 デフォルメモスゴジ対決セット
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)2,500円 (4)発売:1998年 (5)原型製作:竹内信善
      WFの常連、SHINZEN造形研究所から1998年冬のWFで発表された、幼虫モスラとの対決セット。 モスゴジは、まゆ玉状態とノーマル(全高9cm)のコンパチキットになっている。


モスゴジ 15.SHINZEN造形研究所 DFモスゴジ出現大
 (1)16cm (2)レジンキャストキット (3)5,000円 (4)発売:1999年 (5)原型製作:竹内信善
      WFの常連、SHINZEN造形研究所から発表された、大型デフォルメモデル。 砂地という事からベースに鉢植えを使い、この年のブースにはビオランテと共に鉢植えが並んだ。


モスゴジ 16.造形工房ミアキス デフォルメ・モスゴジ
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)2,500円 (4)発売:2000年 (5)原型製作:吉井淳之
      初参加の2000年冬のWFに発売された、当日版権キット。 円形ベース付き。 2000年夏には、JAF・CON、WFにて再販された。


モスゴジ 17.ウルトラやホビー デフォルメ・モスゴジ
 (1)13cm (2)レジンキャストキット (3)3,500円 (4)発売:2000年 (5)原型製作:ウルトラやホビー
      2000年夏のWFに、キンゴジと共に発売された当日版権キット。


モスゴジ 18.ゆーじ鯛(鯛兄堂) モスゴジ
 (1)4cm (2)レジンキャストキット (3)7,500円 (4)発売:2001年 (5)原型製作:TinyKid
      2001年夏のWFで売られた、デフォルメの小品。 単体売り無しの、5体セットで販売された。 価格は、初代ゴジラ、モスゴジ、総進撃ゴジラ、デスゴジ、平成版メカゴジラのAセットのもの。 2002年には、単体でも再販された。


モスゴジ 19.YAMAKAWA造型部 DFモスゴジ
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)3,000円 (4)発売:2001年 (5)原型製作:松本隆行
      2001年夏のWFで売られた、当日版権キット。 山川氏の知人が造型したものを、YAMAKAWA造型部より版権申請し販売したもの。


モスゴジ 20.ウルトラやホビー デフォルメ・モスゴジ
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)3,500円 (4)発売:2002年 (5)原型製作:ウルトラやホビー
      2002年冬のWFに成虫モスラと共に発売された、15cmデフォルメシリーズの当日版権キット。


モスゴジ 21.造形工房ユウ DFモスゴジ
 (1)9cm (2)レジンキャストキット (3)2,000円 (4)発売:2003年 (5)原型製作:佐々木佑介
      2003年の夏WFに発売された、当日版権キット。 尻尾に噛み付くモスラの幼虫、ベース付き。 ベースの連結できる、DF成虫モスラと共に販売された。


モスゴジ 22.イマージュ ミニデフォルメ・モスゴジ
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)3,000円 (4)発売:2004年 (5)原型製作:小田雅一
      2004年夏WFで先行販売された、イマージュのミニシリーズNo.9。 お城ベース付き。


モスゴジ 23.モンスターショップ&深海流 モスゴジ
 (1)14cm (2)レジンキャストキット (3)4,500円 (4)発売:2004年 (5)原型製作:茂木栄一
      2004年夏のWFで売られた、デフォルメの作品。 キンゴジに続く、デフォルメゴジラの第3弾。 原型は、M1号のパーフェクトセットでモスラを手がけた茂木栄一氏。


モスゴジ 24.ウエストケンジ リアルデフォルメ・モスゴジ
 (1)13cm (2)ソフビキット (3)2,500円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:森茂雄
      2005年の冬WFより発売された、ソフビキット。 ミニソフビシリーズの一品。 イベント価格は2,000円。


モスゴジ 25.D−tech 万歳モスゴジ
 (1)14cm (2)レジンキャストキット (3)8,000円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:村上寛
      D−techのデフォルメシリーズ第9弾。 キンゴジに続き、人気のモスゴジを村上氏がデフォルメ化した一品。 2005年冬のWFで先行販売された。 ベース付き。


モスゴジ 26.羽沢組 モスゴジ
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)8,000円 (4)発売:2005年 (5)原型製作:はざわまさと
      2005年夏のWFに販売された、当日版権のデフォルメキット。 羽沢組、WF参加第1弾となる作品で、初代ゴジラと共に発売された。 翌2006年夏には、初代ゴジラと共に一般版権商品として販売された。


モスゴジ 27.VS☆C-PROJECT☆ 激突モスゴジ
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)8,800円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:外川祐
      2006年冬のWFで発売された、当日版権キット。 外川さんいわく「名古屋城を前にして、足元が崩れて顔面からおもいっきり激突しちゃった、あのシーンです(笑)」を立体化。 半壊名古屋城、ベース付き。


モスゴジ 28.VS with ☆Mぷろじぇくと☆ デフォルメ・モスごじ
 (1)6cm (2)レジンキャストキット (3)4,500円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:神田瑞穂
      VS長岡サイドと活動を共にする☆Mぷろじぇくと☆から、2006年冬のWFで発売された、当日版権キット。 幼虫モスラが尻尾に噛みつく岩島決戦仕様で、モスラ二体が付く。


モスゴジ 29.イマージュ ミニデフォルメDX モスラ対ゴジラ
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)12,000円 (4)発売:2006年 (5)原型製作:小田雅一
      2006年夏に販売された、イマージュのミニシリーズNo.17。 激闘シリーズ20作記念の84ゴジラと共に7月末に発売された。 卵、ベース付き。


モスゴジ 30.イマージュ ミニデフォルメDX モスラ対ゴジラ 最終章岩島決戦
 (1)8cm (2)レジンキャストキット (3)6,300円 (4)発売:2007年 (5)原型製作:小田雅一
      イマージュの、ミニデフォルメシリーズNo.19。 前作の成虫対決バージョンに続き、双子の幼虫対決バージョンが、激闘シリーズ21作の飛びギドラと共に発売された。 幼虫モスラ、ベース付き。


モスゴジ 31.M−ARTS SRDモスゴジ
 (1)13cm (2)コールドキャストキット (3)7,350円 (4)発売:2008年 (5)原型製作:茨木彰
      茨木彰氏が造形部長として就任したM−ARTSから販売された、SRD(スーパーリアルデフォルメシリーズ)の一品。 デフォルメベース付き、全高15cm。


モスゴジ 32.イマージュ DFおみやげモスゴジ
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)6,000円 (4)発売:2008年 (5)原型製作:たまお
      2008年夏のWFで販売された、イマージュのおみやげシリーズ第1弾。 ベース付き、イベント限定品。


モスゴジ 33.ウルトラやホビー デフォルメ・モスラ対ゴジラ
 (1)15cm (2)レジンキャストキット (3)8,000円 (4)発売:2008年 (5)原型製作:ウルトラやホビー
      2008年夏のWFに販売された、15cmデフォルメシリーズの当日版権キット。 対決セットで、幼虫モスラ1体付き。


モスゴジ 34.酒井ゆうじ造型工房 造型工房15周年記念レリーフプレート
 (1)5.5cm (2)レジンキャストキット (3)3,780円 (4)発売:2009年 (5)原型製作:酒井ゆうじ
      造型工房15周年を記念して発売された、モスゴジ、キンゴジの円形プレート2枚セット。 直径5.5cm、厚み1.8cm。 先行販売された2009年2月のトレジャーフェスティバル限定で、ブラックメタリック成型色も同額で販売された。


ロゴ入りミニレリーフ 35.YAMAKAWA造型部 ロゴ入りミニレリーフ・モスゴジ
 (1)7*9cm (2)レジンキャスト (3)1,000円 (4)発売:2010年 (5)原型製作:山川隆生
      2010年夏のWFで販売された、お土産向け小作品。 メカ逆ゴジラと共に、前年の5作に追加された。


モスゴジ 36.SHINZEN造形研究所 珠(たま)シリーズ モスゴジ
 (1)10cm (2)レジンキャストキット (3)5,000円 (4)発売:2012年 (5)原型製作:竹内信善
      たまビオゴジに続き、2012年夏WFから販売されたデフォルメモデル、珠(たま)シリーズ第1弾4作のうちの一つ。



関連アイテムページ

  幼虫モスラ

  成虫モスラ


登場するキャラクターは、各社の著作物です。
(C)TOHO Co. And copyright of each maker. All photograph by each maker, Masato Matsumoto, Toshio Miyake, and quote from Hobby Japan co. published 'HOBBY JAPAN', Bandai co. published 'KAIJU HAND BOOK 1-3'.