こどもたちの瞳がかがやく秘密がここにある
トエックフリーキャンプセミナー2016
 キャンプ(野外教育)において、指導者に必要なもの(求められるもの)って
いったい何でしょう?
技術、やる気、そしてその人の人としての在り様など、
体験を通してじっくりと考える3日間。
自然スクールトエックが実践しているフリーキャンプのエッセンスを
ギュッと濃縮してお届けいたします。
期日:2016.26日(金)〜228日(日)
講師:伊勢達郎(トエック代表)
    井上基浩・渡邊有紀
対象:学校教育・環境教育・野外教育に興味のある方
   フリーキャンプに興味・関心のある方   18歳以上の方
定員:25
参加費:28,080円(学生24,840円)
開催場所:TOEC農園(徳島県阿南市)

全日程受講された方は
(社)日本キャンプ協会・キャンプインストラクター及び
自然体験活動推進協議会・コーンリーダーの資格が取得可能です。
(申請費別途必要)
■実施内容■  (今回用に企画を練り直します)
1日目 フリーキャンプの基礎を学びます。
 @自分を感じるワーク
   自分、そして他者を感じることでなにが自由かを問い直す。
 Aテント設営及び、野外炊飯
   食育、環境教育の重要性を考える。
 Bフリーキャンプの意図をさぐるワーク
  自由な学びがおこるには?

2日目 フリーキャンプを体験しよう。
 @フリーキャンプ体験
  実際にフリーキャンプを参加者として体験します。
 Aキャンプと社会のつながりを考える。
  キャンパーとして、一社会人として、おこすべきアクションとは
 Bカウンセリングの重要性
  カウンセリングスキル、およびカウンセリングマインドとは

3日目 フリーキャンプをつくってみよう
 @ファシリテーション実習
  実際にフリーキャンプを進める役割を体験します。
 A振り返りとは
  先の実習の振り返りを丁寧に行うことで、シェアすることや
フィードバックの重要性を考えます。
ごいっしょするスタッフよりひと言(2016年)
伊勢達郎
 枠組みをゆるめ、自由にやらせるのが、フリーキャンプではありません。キャンプをとおし、子ども達やスタッフも自由になってゆくところがフリーキャンプです。
フリーキャンプは、確固たる理念と現場実践から生みだされた、ひとつのやり方であり、今の自然スクールTOECの到達点です。セミナーで共に学びあい、その向こう側を見にいきましょう。


井上基浩(ロンリー)
 フリーキャンプは出会いの連続だ。人、自然、そして自分自身。このセミナーでもキャンプ同様、様々な出会いがあるだろう。そのすべての出会いに感謝して深めあいたいと思います。

渡辺 有紀(ふな)
 子どもを信頼すること。目の前におこっている現象を判断・分析せず、まず、そのまま認めること。自分の心の声を丁寧に聞くこと。プログラムのあるなしに関わらず、この2つが身につけば、どんなスタイルの活動であっても、フリーキャンプ同様に子どもの瞳が輝き、そこにいる大人も元気があふれだす場になるはずだ。私も、まだ道の途中。最高におもしろい道をさあ、行こう!
●宣伝●
どっぷり大自然の中でフリーキャンプを楽しみたい方へ
屋久島・大自然の懐に抱かれるフリーキャンプ
2016.3.30(水)〜4.5(火) 
スタッフ:伊勢達郎・渡辺有紀

忙しさに追われている毎日、ちょっと立ち止まって、深呼吸する時間
春のカウンセリング・ワークショップ
2016.3.18(金)〜3.21(祝)
世話人:伊勢達郎・渡辺有紀ほか
お申込み  お問い合わせ  トップページへ

自然スクールトエック 自由な学校 トエック幼児フリースクール 子育て支援 講師派遣