2003/07/02
今までの舞妓本コレクションはここをクリック


ビデオテープ類
(^^;門外不出です)
舞妓物語
2003年7月2日入手
松竹・皆元洋之助監督作品
1987年松竹ビデオ・92分

岡本舞子 主演
祇園のお茶屋の一人娘が高校を辞め舞妓として独立する話
作品としては、B級映画でおもちゃには劣るが舞妓と現代っ子を
扱った作品として見ることに重点をおけばコレクションとして
価値があると思う、中古ネットより入手
おもちゃ
2003年6月中旬入手
東映・深作欣二監督作品
平成11年1月劇場公開
宮本真希 主演(東京国際映画祭最優秀主演女優賞受賞)
南果歩・喜多嶋舞・魏涼子・富司純子・津川雅彦
99年7月東映ビデオ・VHS 113分

売春禁止法制定直前の昭和30年代の京都の花街を舞台に
おもちゃとよばれた仕込みさんが舞妓に変身していく過程を
ドラマにしたもの。
まだ、旦那と呼ばれたパトロンが幅を利かせてたころの話
あまり、色話が出てくるので現代にはそぐわないが舞妓を
扱った者が少ないだけに貴重な作品といえる。
このビデオはなかなか市場に出ず、やっと中古でさがしあてたもの
The Second Life of
GEISHA
2003年2月頃入手
アメリカ製のビデオ 1999年制作
(現在もAMAZON通販書店などで入手可能)

京都の花街をレポートした内容で、昭和60年代の
頃の京都の花街がメインのようです。
芸妓や舞妓が出てくる。カバーはちと色っぽい感じだが
内容は、色っぽい者は出てない。
ほとんど英語で字幕も出てないがまあ雰囲気は楽しめる


2003年6月末までの入手本
 
京の花街・祇園
2003年5月08日初版 1500円 現販売中
(淡交社・京都)、A5版、杉田博明 著 溝縁ひろし 写真
写真より文章が多い、内容的にはいまいちである
 

はんなり 祇をん甲部
2003年5月15日初版 再販6月中旬 1800円 現発売中
六窓庵 著・新風社 出版
なんとB5版の大きさながら3十数頁しかない。えっもう終わりなのという感じ
自費出版かと思われるが孝蝶さんとか照ひなさんなどが出てる・・・
 
昭和50年12月05日初版 500円 絶版書
駸々堂油ニコンカラー双書 依田義賢 著(写真 浜田 昇)
 
舞妓の四季
2002年末入手

17.4X11.1cmほどのミニ本です(143頁)
写真の割合は3分の1ほど、文字通り舞妓の四季をつづったエッセイがメイン
途中から、一人の架空の舞妓が語ってる風になっている。内容的には普通


母屋に戻る