【目次】
川見店主、本番前は緊張してジャンプする。 (2013.01.17)
川見店主が「鑑定士」な理由とは? (2013.01.18)
出演決定と、番組収録当日のこと。 (2013.01.21)
1年がかりの調査が、100年の時を結ぶ。 (2013.01.24)




― ― 「開運!なんでも鑑定団」(以下、「鑑定団」)、
出演おつかれさまでした。

ふぅ・・・・・・緊張した・・・・・・。

― ― ご覧いただいたお客様からは、
「堂々たる鑑定っぷりだった!」
って評判ですよ。

恐縮です。

― ― 緊張してるようには見えませんでしたけれど。

前の日も眠れなかったし・・・・・・。
当日も憔悴(しょうすい)しきってたみたいで、
番組スタッフのみなさんからも
「顔色悪いですよ」「大丈夫ですか?」
って言われ続けてました。

すっごい緊張してたらしい


― ― そんなに。

収録の本番前、私、気がついたら
スタジオの隅で、
ジャンプしてました。

― ― ジャンプ?

その場でぴょんぴょん、跳ねてました。
「あ、現役で陸上競技やってた時にも、
 スタート前にこうやってジャンプしてた!」
って、昔を思い出しました。

― ― レース前にそうやって跳ねてる選手は見かけますけど、
時と場所を選ばないと周囲の人がビックリしますよ。

確かに。
「この人、なんで跳ねてるの?」
って視線は感じましたけれど。

― ― ま、試合に挑むように、収録に挑んだと。

そんな感じです。

― ― 放送の当日、番組がはじまったら、
すでに川見店主が鑑定士の席に座っていて、
その姿が、なんとなくおかしかったです。
「おお、座ってる、座ってる!」と。

 
なんかウケます

 
ずっとカチコチでしたから。
きっと私、
目が点になってますよ。

― ― いや、「座ってて当たり前」感さえにじみ出てます。
「鑑定士の席に
5年前から座ってるみたいやった!」
というご感想もいただいてるくらいです。

そうですか〜。
隣に座っていらっしゃった先生も、
「大丈夫、大丈夫。落ち着いて、落ち着いて」
って小声で励ましてくださってたんですよ。

増田先生(右)に励まされるの図

― ― 「鑑定団」の出演にいたるまでには、
オリンピアサンワーズにも
ちょっとしたドラマがありました。
今回は、その辺のことを語ってもらえたらと思います。

りょーかい。

(つづきます)
(2013.01.17更新)





【第1部】  お店のこと (2009.04.02) 
その1    こんにちは。店主の川見です。
その2    上田のおばちゃん
その3    「店主」になったワケ。
その4    お客様はシューズを選べません?
【第2部】  インソール【アムフィット】のこと (2009.06.03)
その5    正しく「立つ・歩く」ということ
その6    インソール【アムフィット】との出会い
その7    【アムフィット】苦闘の5年間
その8    オリンピアサンワーズから世界へ!
【テレビに出ました編集1】
川見店主、チュートリアルにツッコミをいれる」の巻 (2009.12.01)