久しぶりの比良の冬


北比良峠からコヤマノ岳、武奈ヶ岳を望む
体の具合でしばらく山に入っていなかったのですが、夏のアルプスを目指して少しずつ体を慣らして行こうと思い2月18日(日)に足慣らしのためと久しぶりに雪山気分を味わいたいため比良に行ってきました。


コース イン谷口…大山口…青ガレ…金糞峠…ヨキトウゲ谷…八雲ヶ原…北比良峠(ロープウエイ、リフトを使って下山)
メンバー   「やな坊」「どうまん」「もっちゃん」の男性3人
天気 晴れ

いつもの新快速電車を高槻駅で待っていると、一つ早い快速電車で来た同行者と合流。予定通り8時発の新快速で一路比良へ。車内は登山客とスキー客で結構込んでいる。窓から見た比良は期待通り真っ白で、雪はたくさん積もっている様子だ、8時42分に比良駅到着。

出合山荘 駅は登山客であふれ、近若バスも何台も臨時バスを出している。駅でぐずぐずしていた我々は3台目のバスに乗り込む。イン谷口で下車、今日はゆったりとした予定のためゆっくりと準備をする。出合山荘の写真を撮ろうとデジタルカメラを取り出すと使いかけの電池がもうアウト、今日は暖かいのに大阪と比べればやはり寒いことを実感する。スペアのニッケル水素電池に取り替えて撮影する。


9:20 イン谷口出発。

念のため登山届けを出し登りはじめる。少し行ったところに立派な公衆便所がいつの間にか新設されていたので、環境問題を考えてここで用を足す。大山口までは林道のあまり傾斜もない道だが、もう雪に覆われている。

大山口 9:50 大山口

これからは、登山道になるのでジャケットやセーターを脱ぐ。久しぶりの山道はきつく感じられ、昔元気な頃は鼻歌交じりで登っていた道だが、冬だというのに汗だくになってあえぎながら登る。他のパーティーと追いつき追い越されながら、少しずつ高度を取っていく。


青ガレ 10:50 青ガレ 比良名物青ガレの大きい石も雪で埋まり青ガレならぬ「白ガレ」状態になっている。ここから金糞峠まではきつい登りだ。アイゼンを装着して一歩一歩登る。

雪はもう1メートル以上はあり立派な冬山状態だ。大阪から1時間少しでこんな冬山があるのにはいつもの事ながら驚く。少ししめった雪はアイゼンなしでも滑らない感じで、かえって団子状にくっついて歩きにくい。最後の登りは特にきつく、もうそこに金糞峠だとわかっていても足が動かない自分を励まし登る。


11:50 金糞峠

やっと到着。少し風があるものの峠は平穏そのもの。コースタイムよりだいぶん遅れているが、今日は足慣らし、別にかまわない。

金糞峠金糞峠2


中学生を率いた先生と話をすると「今日は生徒にアイゼンは履かせない」とのこと。今日の山では正解でしょう。が昔、雪が解けてどろどろの金剛山で団体の生徒がみんな軽アイゼンを付けていて異様に思ったこと、を考えるとこの先生の態度は山を知っていて山屋らしく責任もおっているのが、マニュアル通りのことをしないと何かあったときにマスコミや世の中にたたかれる、今のこのご時世の世の中にあっては貴重な気がしました。

金糞峠を少し下った出合で昼食。ここで出会ったパーティーはプロの山岳教室らしく、ラッセルや、わかんを付けての歩き方などを新雪に踏み行っていろいろ教えていた。こちらも基礎から教えてもらったことはないので、食事しながら感心して聞いていました。いわば盗み勉強。ありがたいことです。

春のひさしが見える川

ここから八雲ヶ原までは川沿いの平坦な道歩きです。少し雪が解けて川はもう春の様子か見えて平和そのものです。時々すれ違う人も今はやりのスノーシューズを付けた人や、スキーを着けた人、道はずれで遊んでいる人、時間も早いので山登りの緊張はなく雪遊びそのものです。

13:20 八雲ヒュッテ、今日の登山はこれで終わりです。後は北比良峠まで少し登ってロープウエイとリフトで下りるだけです。ヒュッテでビールで乾杯して大休止、スキーヤーがロープウエイに来る混雑時までに着けば何も問題なし。

八雲ヒュッテ 帰りのロープウェイはまだスキー客が来る前で、登山客ばかりで結構込んでいました。係りの人によると後30分か、1時間遅れるとスキー客で長蛇の列になるとのこと。その前に下りてバスも臨時便がでていてスムースに駅まで着きました。



今日は、少しもの足らないコースでしたが、今の私の実力としてはこんなもので、これから少しずつ足をきたえてできるだけ昔の実力の戻したいと思っています。



登山紀行に戻る    ホームページにホームページに