「掟十五条」 (1611年に薩摩が琉球に出した15の掟)
項目 事  柄 ね ら い
貿
■薩摩の命令なしで、中国へ品物の注文をしてはいけない。
■琉球から他領(他藩)へ貿易船を出してはいけない。
■薩摩の許可がない商人(他藩)を許してはいけない。
■琉球人を買いとり日本(他藩)へ渡ってはいけない。
琉球の貿易権(主体性)を奪う
貿易の利益独占(他藩・幕府に対して)
琉球人有力者の出現を防ぐ



■三司官をさしおいて、他人につくことはいけない。
■現在官職についていない者には知行をやってはいけない。
■女には知行をやってはいけない。
■個人で人を奴僕としてはいけない。
■諸寺社を多く建立してはいけない。
三司官を薩摩支配の推進者とする
現支配者層を保身に向かわせる
ノロ(神女)や女官の地位低下
琉球人有力者の出現を防ぐ
宗教の制限と統制

■年貢その他の貢物は薩摩奉行の定めた通りに取納すること。
■日本の桝以外用いてはいけない。
王府の内政権剥奪・隷属化
民衆への負担増(搾取の歴史始まる)
(以後、人頭税や貢布、砂糖上納など琉球始まって以来の人民搾取の歴史が始まる)
経済活動の支配(薩摩商人の活動配慮)



■町人百姓等に定めおかれた諸役のほか、
  無理非道を申しつける人があったら薩摩に訴える。
■喧嘩口論をしてはいけない。
■押し売り押し買いをしてはいけない。
■ばくちや人道にはずれたことをしてはいけない。
被支配者意識を植え付ける
お上(支配者)=薩摩=正義
王府の役人=悪逆非道
(王府が無視されている)

※ブラウザの「閉じる」ボタンで閉じてください。


Copyright © 2001-2005 Bali & Okinawa チャンプルー All Rights Reserved.