沖縄の世界遺産

「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、9つの文化遺産が世界遺産に登録されました。
各遺産について、写真を使って紹介します。


Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu

【登録名称】
琉球王国のグスク及び関連遺産群
【遺産】 【読み】 【場所】
今帰仁城跡
座喜味城跡
勝連城跡
中城城跡
首里城跡
園比屋武御嶽石門
玉陵
識名園
斎場御嶽
なきじんじょうあと
ざきみじょうあと
かつれんじょうあと
なかぐすくじょうあと
しゅりじょうあと
そのひゃんうたきいしもん
たまうどぅん
しきなえん
せいふぁうたき
今帰仁村
読谷村
勝連町
北中城・中城村
那覇市
那覇市
那覇市
那覇市
知念村

※遺産名をクリック!

 概要

 グスクとは、沖縄では一般にを意味するが、地域住民にとってそこは単なる城ではなく、聖所としての性格が強いのが特徴的である。そして、城のあちらこちらには御嶽(うたき)と呼ばれる拝所があり、現在も御願(うがん)に来る人々が絶えない。

 この9つの文化遺産は、14世紀後半、沖縄本島に三つの国(北山中山南山)が鼎立していた三山時代から、琉球王国統一後の18世紀末にかけて重要な役割を果たした城や遺跡であり、琉球王国独自の文化を今に伝える貴重なものである。それに加えて、現在も地域住民の精神文化に関わっている重要な遺跡として、2000年11月30日、世界遺産に登録された。

Copyright © 2001-2005 Bali & Okinawa チャンプルー All Rights Reserved.