HOME 基本理念 作品紹介 展覧会 入塾のご案内 美塾日記 お問い合わせ LINKS
<<2012年2月18日~6月4日の日記へ>>
2015年4月8日(水)
久遠路とねばると梱包と

よう お前ら! 俺や・・・!

久しぶりの日記やな!

4/15日から開催される関西写実派展のための梱包をしたんだ。

悪戦苦闘する真砂美塾の人間たち
・・・・・・・
気がついたら俺たちはネバルを梱包しちまっていたんだ

これはひどい

この2~3週間ちかく徹夜が続き、平日の真昼間から何をしていたのかさえわからなくなっていた

そして何を血迷うたか・・・我が後輩の久遠路が亀甲縛りを披露したんだ・・・。

さすが●○漫画家!!!! プロだった・・・

来月のGW世間は休日。。。ぼくらはまた徹夜…
はよ死ぬな こりゃ


本題

辰巳恵理の個展が今日からスタートしました。

身を削り・・・脂肪は削り切れなかったけど、素敵な作品が数多く並んでおります。

どこでやってるかって・・・? 展覧会情報かトップ画面から確認だ!

とりあえずお酒のみたいっすなー


2012年12月23日(日)
今年最後の美塾です

マヤ文明の脅威も去り
今年も残すところあと一週間ほど。
今日は毎年恒例の大掃除&忘年会です♪

この一年、皆さんにとってどんな年でしたか?

真砂美塾はこの春、関東では初の塾展を開催しました。
すでにプロとして発表している塾生だけでなく
これからプロをめざす塾生の登竜門として
この『真流会展』が盛り上がっていけばいいな、とおもいます。

テレビでは「写実」絵画が特集され
巷ではちょっとしたブームになりました。
そんな時流に翻弄されることがないよう
辻真砂はこの一年塾生に問いつづけました。
「君は何が描きたいのか」と。
その言葉をどう受け止め、どう生かすかは各々ですが、
来年の進歩につなげられるといいですね。

一年の終りなので、真面目に日記を書こうとしたら
ポンスケに「いぐまさんガチじゃないですか」とバカにされたので、
大掃除中に地味に嫌がらせしようと思います。
濡れた雑巾投げ渡したる笑

それでは今年も一年お世話になりました。
ホームページをご覧の皆様に
良い年が訪れますように!

2012年12月12日(水)
個展を終えて

おかげ様で4回目の小倉井筒屋の個展も
盛況のうちに終えることができました。

ご来場いただいた皆さま、
会期中支えてくださった百貨店の皆さま、
年末商戦の激忙機に休みをくれたバイトのみんな
(ほんまにすいません-_-;)
そして塾のみんな、本当にありがとうございました。

息つく暇もなく、来年の展覧会に向けて
制作にとりかかります。
とりあえず散らかったアトリエの大掃除から始めます。

それはそうと、前回の日記で「プロジェクト真砂X」などと
あらぬ風呂敷を広げるだけ広げといて
たたむ努力(日記の更新)をしなかった
ポンスケに替わってお詫び申し上げます

今夜はヒロシさんが買ってきてくれたシャンパンで
個展の祝勝会です~(^O^)v

くま


個展会場の様子


小倉井筒屋から見た夜景
2012年10月27日(土)
プロジェクト真砂X  挑戦者たち

2012年12月5日より始まる伊熊さんの個展

第4回目になる小倉井筒屋

しかし今回の個展は違った…。

今年の6月に渋谷東急で個展をした。
成功を収めたが問題が起こった。

個展の締め切りまであと一ヶ月

「まずい!」と思った。

その時プロジェクトに参加していたポンスケ氏は思った。
「伊熊さん大丈夫なのだろうか?」

その当時のポンスケ氏に当時の事を聞いた。
「あの時は流石の伊熊さんでもきびしいんじゃないかと思いましたよ。
ただでさえ6月に東京で個展を拓かれたのに12月の個展なんて
本当に無理かと思いましたよ」

~ プロジェクト真砂X ~ 次回は11月中旬

久々の日記更新です。

朝夜は寒く昼間は暖かい・・・
温暖化が原因なのでしょうか?

日本の四季はどこに行ったのでしょうか

春から夏 夏から秋 秋から冬という季節の移り変わりが無くなりつつ
ある様に思えます。

季節を感じる心も薄れていくのでしょうか?

みんさんは「秋意」という言葉をご存知でしょうか?
意味は、物事に触れて、ふと秋だなと感じる事
という意味です。

季節が無くなると、言葉も消えていくのではないでしょうか?

何故、季節、言葉なんだ と思う方もいるかもしれません

絵を描くという事は、 季節、言葉を大事にしなければならない。
何故なら、絵の情景が浮かばないからである。

- ポンスケ -






2012年9月25日(火)
日本の秋 世屋の郷

お久しぶりです。
ポンです。

22日23日と京都の丹後半島に位置する上世屋で
真砂美塾一同稲刈りに行って参りました。

今年の稲は豊作で沢山収穫できました。

機械も使わず、農薬も使わない、完全無農薬!
その分、手間や時間がかかります。

普通では体験できない様な事を僕たちは毎年体験してます。
絵と関係ないと思われる方もいるかもしれません。
でも僕たちにとっては、ものすごく大切な事なのです。
何故なら、心と体で自然と向き合い、体感する
絵を描く人ならとても重要な体験です。

上世屋はとても綺麗で静かで時間がゆっくり流れているそんな所です

2012年9月8日(土)
久しぶりの日記

え「あずちゃん、宮津どうだった?」
あ「楽しかったよ。
  花火めっちゃきれいやったー」
え「海辺の花火やもんなぁ」
あ「うん。よかったで」
え「海もいったん?」
あ「うん、私は一日だけな」
え「先生 海でめっちゃ焼けてさ
 肌ぼろぼろぉ。黒すぎて 
 余計 国籍不明よな」
と「私も背中焼けちゃって痛くてさぁ
 自分でぬれるとこはぬったんだけど、
 誰も背中ぬってくれないやぁん」
ま「言ってくれれば僕ぬってあげたのに」
と「えーーー?うっそー、ほんとに?」
ま「えり休みなにしてたんだよ」
え「何も?」
と「えーかわいそう~」
え「思ってないくせに・・・ふんっ」
(あ:あずちゃん と:とんちゃん
 ま:まさご先生 え:えり)

夏休み明け。塾も仲良く再スタート
芸術の秋。ま、・・・
とりあえず2週間後、稲刈り
4ヶ月前の小さな苗が黄金色に染まり
私たちを待っている!はず!!
お楽しみぃ~ いぇい (゜▽゜)/

2012年7月11日(水)
第14回真砂美塾展(ギャラリー大井!!仮装大賞)

仮装大賞?!何それ!
真砂美塾ってどんな所なの?!

絵画やってるじゃないの?!

この際言わせていただきます!

絵描くところじゃないです!ここは!
年に1回ある仮装の為に絵を描く塾です。

そして・・・


この暑い中、仮装して大移動ですよ!
茨木からもう仮装で移動です(苦笑)
毎年仮装で何するか悩む塾生たち・・・。
今年も色々ありました。

遅くなりました。
絵には全く関係ない気がする!とか思って
仮装パーティーに出席したポンスケです。

一枚目の写真が今年の塾生の仮装です。
この仮装の為にみんなお金と時間がかかってます。

タイトル通り仮装大賞というからには賞金がでます。
なのでみんな必死に大賞を狙いにいってます。
今年仮装大賞優一位は 山本さんでした。
2位はパンさん!3位は七夕男 いぐまさんです。
毎回いぐまさん 今年も道行く人々に夢を与えていました。

そして仮装大賞だけではりません。

今年真砂美塾(絵画)で頑張った人にもらえる
真砂賞 そして大井賞とあります。

真砂賞は今年はトンさん 大井賞はポーさんです。
※写真左トンさん 右ポーさんです

そしてポーさんのおなかの中には赤ちゃんがいます。
今月7月に出産予定だそうです!
ポーさん塾ではじめてのお母さんになろうとしています!
健康な赤ちゃんを産んでくださいね!

今年はとても賑やかなパーティーでした。

2012年6月23日(土)
卒業式

こんにちはクマです

真砂美塾にも「卒業」があります。
卒業するには条件があります。

ひとつは、静物画、風景画、そして人物画
そのすべてを得手不得手なく、高い次元で描けること―。
絵描きならば誰もが目指すところですね。
                  
そしてもうひとつは、
他の塾生の模範となるような立ち振る舞い、
そして心と技術の飽くなき研鑽。                  
技術だけでは人を打つ絵は描けません。

今日、6月23日をもって、一人の若い画家が
真砂美塾を卒業しました。
彼の名前は山安直志。
その名の通り、素直で志の高い、才能溢れる青年です。

卒業がゴールではありません。
彼は今ようやく、彼の目指すべき道の
スタートラインに立ったにすぎません。                 
この先どんな障害が待ち受けているかはわかりませんが
彼ならば大好きなマルボロをふかしながら、
いつもの飄々とした笑顔で、
乗り越えてくれると信じています!


                 
やすくん、卒業おめでとう!
末永くお幸せに!



…間違えた!
やすくんは独り身だった!


卒業作品の人物画

やすくん
2012年6月15日(金)
個展を終えて

ごぼさた…ンッンッ、ご無沙汰しております。クマです。

おかげさまで渋谷での個展も先日無事終了しました。
ご来場いただいた皆様、応援してくださった皆様、
塾のみんな、そして、ポンスケ…本当にありがとうございました!
写真は会場の様子と僕の絵です(〃ノωノ)

30超えたちっさいおっさんの目には
渋谷はとてもやんちゃな街に映りました
カツアゲされるんじゃないかと思った(-_-;)

サッカー日本代表vsヨルダンの試合を
渋谷のこじゃれたスポーツバーで壮太さんと観戦する予定が
壮太さんの到着がおくれ前半は一人ぼっちに。
点が入るたびにハイタッチで湧き上がる店内、
ひとりでニヤニヤしつつ、涙目でビールをあおりましたwww

そんなちょっぴり寂しい東京小旅行でしたが
(画廊には友人がたくさん来てくれました☆)
帰りに銀座で小川泰弘先生の絵もみれて
めっちゃラッキーでした!

あんないい絵、描ける様になりたいなあ(´・ω・)

 
 
 
 
 
 
 

c2011 All rights reserved by Masago Bijuku