Ver.12. 1. 0   '17/12/11版

『 BEGIN 』

ビッグコミック・スペリオール (小学館)   連載中!
■ Topics ■ 

「BEGIN」単行本、第3集発売! 
BIG COMICS (小学館) 2017年11月30日 発売
 待望の新作!第3集が発売されました。

 今回発売の第3集の収録作品は、なんと!今年のビックコミックスペリオール24号に掲載されたものまでです。ですから、この第3集を読み終えた人は、1018年1号を開いていただければ、スグに続きが読めることになります。
 
こんなの初めてです。スゴ!

 前回のコミックの発売にあたっても、そのPRに驚きましたが、今回も仕掛けてきました。こういうのは、池上先生の策じゃあないですよね。編集担当さん、すごいです。
 続きはすぐに、今発売中の2018年1号を!
第3集
■ Topics ■ 

表紙!巻頭カラー!&武井壮×史村翔 濃厚ガチ対談 5p!
ビッグコミック・スペリオール 24号 (小学館) 2017年11月24日 発売
 ビッグコミックスペリオールの今年の締めは『BEGIN』でした。しかも、表紙も巻頭カラーも。なんだか得した気分です。

 さらに今号では、第3集の発売を記念して、武井壮氏と史村翔氏の対談が載っています。原作者の史村翔氏からのあつ〜いものが伝わってきます。いい漢たちの話、期待しています。
■ Comics Data ■ 

BEGIN  【1st】
BIG COMICS  (小学館)
第1集 第2集 第3集


『 文藝作品の短編集が発売されました。 』

■ Comics ■ 

「文藝作品集 強力伝」単行本、発売! 
KING LEGEND (少年画報社) 2017年 8月10日 発売
 池上先生が日本の文芸作品を描いて驚かせたのは、1997年に単行本で発表された『近代日本文学名作選』です。が、これ以前にも、文藝作品を原作にコミック化していた昔の作品群が、単行本として発売されました。

 今回、収録された作品は1968年、『週刊少年マガジン』に描かれたされた新田次郎原作の『強力伝』、同じく1969年、『週刊少年マガジン』に描かれた橘外男原作の『ウニデス潮流のかなた』、同原作者の1976年『増刊ヤングコミック』に描かれた『陰獣トリステサ』です。これらの作品は、すでに単行本化されています。

 今回、池上ファンとして注目してもらいたいのは、『まんだら華』。この一本だけが池上先生原作で、初単行本化なのです。なぜこの作品が収録されたのかはわかりませんが、この作品は今回のこの作品集を発売した少年画報社が出版していた『ヤングコミック」で描かれた作品だからではないでしょうか?

 『まんだら華』は
1974年の作品ですから、この作品集の作品は、年代順に並んでいます。1968年から1976年までの8年間に池上先生の描き方がものすごく変わっていることがわかります。描かれるものが多くなり、よりリアルに、耽美に表現されるようになっていきます。この流れは、さらに加速して、1990年代に『近代日本文学名作選』に収録される作品群が描かれ、池上先生は絵師と呼ばれるようになっていきました。

 そうそう、少年画報社さんといえば、池上先生が商業誌にメジャーデビューした出版社さんです。『週刊少年キング』に発表された長編作品である『追跡者』がまだ単行本化されていません!是非、よろしくお願いします。

■ Comics ■ 

「近代日本文学名作選 地獄変」、My First BIG SPECIALで発売! 
My First BIG SPECIAL (小学館) 2017年 7月28日 発売
 御存じ、『近代日本文学名作選』、My First BIG SPECIALからの発売です。

 この作品集が、なぜ、いままで発売されなかったのでしょうか?いろいろ考えられます。
 僕は『近代日本文学名作選』と『肌の記憶』に収録された作品群は、My First BIGのシリーズでは出さないでほしいと願っていいました。BIC COMIC SPECIALだけでよかったです。理由はいろいろあります。

 『近代日本文学名作選』は6本の作品で構成されます。今回、特別扱いになっていた『刺青』が加わり、完全版として発売されました。『近代日本文学名作選』をお持ちで、『刺青』をまだ読まれていなかったら、お勧めです。

 また、将来、『近代日本文学名作選』が発売されるときは、BIC COMIC SPECIAL でのフルカラー完全版をお願いいたします。



『 アダムとイブ 』

ビッグコミック・スペリオール (小学館) 連載終了
■ 作品 Data ■ 

アダムとイブ  2015年
2015年に発表された作品のDataをまとめました。
アダムとイブ  2016年
2016年に発表された作品のDataをまとめました。
■ Comics Data ■ 

アダムとイブ Adam and Eve 【1st】【全2巻】
BIG SUPERIOR COMICS SPECIAL (小学館)
第1集 第2集


『 池上先生、作画テクニックを語る! 』

■ Topics ■ 

『浦沢直樹の慢勉』HPに、追加の動画とインタビュー!要CHECK!
NHK 『浦沢直樹の慢勉』ホームページ
 池上先生が『浦沢直樹の慢勉』に出演!楽しませていただきました。顔出しNGというのは寂しかったですが、描いている池上先生は、かっこよかったですよね。

 番組のほうは終わってしまったのですが、下記ホームページをご覧ください!番組未収録の動画や、インタビューが掲載されています。

      http://www.nhk.or.jp/manben/ikegami/


 まだまだ、楽しませてくれます。


池上先生が『浦沢直樹の慢勉』に出演します! 要Check!
NHK Eテレ 放送:    2016年 9月15日(木) 22:00〜
再放送:  2016年 9月19日(月)  1:10〜 (18日(日)深夜)
 池上先生が『浦沢直樹の慢勉』に出演します。

まずは、NHKのホームページをご覧ください。

      http://www.nhk.or.jp/manben/


 『浦沢直樹の慢勉』は、浦沢直樹氏が漫画家たちとその創作の秘密に迫る番組。今回が「シーズン3」になるようなので、それ以前のシーズンでの他の漫画家さん放送で愉しまれている方も多いのではないでしょうか?もうすでに10名の漫画家さんが紹介されていて、池上先生は、シーズン3の1回目、11人目の漫画家さんです。

 何よりうれしいのは、この秋に連載がスタートする最新作が紹介されるということ、その初回の執筆現場に密着するということ。そして、『「理想の美男美女」を生み出す超精密なデッサンと、新たな主人公を生み出す奮闘の模様が明らかになる!』ということですから、楽しみですね。

 録画をお忘れなく!永久保存版です!


画集『池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方』 発売! 
玄光社ムック (玄光社) 2016年 2月22日 発売
 この本は池上先生が長年の経験を生かし、これからプロの漫画家を目指す人へ作画テクニックを公開したものです。池上先生の絵をものにしたい方への参考書です。
 
 池上遼一ファンとしても楽しめます。たくさんの懐かしい絵が出てきますが、池上先生のコメント付きです。池上先生のこだわりを知ることができておもしろいです。

 詳しくは、[Comics Data]としてまとめましたので、参考にしてください。


 このコーナーでは、池上先生の過去の作品を紹介します。

 その第1段は、連載開始から30年を迎えた『Crying フリーマン』です。なつかしんでくださいね。

『 Crying フリーマン 』

■ 作品 Data ■ 

Crying フリーマン 1986年 No.1
1986年に発表された初出Dataをまとめました。
Crying フリーマン 1986年 No.2 1986年に発表された初出Dataをまとめました。


『 天使は舞いおりた くノ一異聞 』

週刊漫画TIMES (芳文社) 連載終了
■ 作品 Data ■ 

天使は舞いおりた くノ一異聞
2013年から発表されたすべての作品のDataをまとめました。
■ Comics Data ■ 

天使は舞いおりた くノ一異聞  【1st】【全2巻】
芳文社コミックス  (芳文社)
第1集 第2集


『 六文銭ロック 』

ビッグコミック・スペリオール (小学館) 連載終了
■ 作品 Data ■ 

六文銭ロック 2013年
2013年に発表された作品のDataをまとめました。
六文銭ロック 2014年
2014年に発表された作品のDataをまとめました。
六文銭ロック 2015
2015年に発表された作品のDataをまとめました。
■ Comics Data ■ 

六文銭ロック  【1st】 【全4巻】
BIG COMICS (小学館)
第1集 第2集 第3集 第4
六文銭ロック  【2nd】 【全2巻】
My First BIG SPECIAL (小学館)


■ TOP NEWS

  貸本マンガ史研究 第2期04号が届きました。 
貸本マンガ史研究 (貸本マンガ史研究会) 2016年 8月15日 発売
 今号の特集は、『水木しげる

 水木しげるさんが亡くなられました。追悼特集です。
大事な方が亡くなられて、時代がどんどん変わっていく気がします。


 池上先生も寄稿されています。

水木先生のアシスタント時代についてのインタビューが掲載されています。

 レアなファンの方へおすすめします。

 入手は、以下のホームページを参考にしてください。

   貸本マンガ史研究
    http://www.kashihonmanga.com/

■ これ以前の News & Topics は、こちらから 
News & Topics Index
■■ このサイトは、 ■■ ご意見、ご感想はこちらまで ■■ Counter since 1999/06
e-mail ANI otoshibumi@c.email.ne.jp

カウンタ設置日: '99/06
 このサイトは、池上遼一先生ご本人、関係出版社の方とは関係ありません。あくまでも、池上氏の作品に惚れ込んだ個人運営の私設サイトです。
 池上遼一先生からはサイトを運営する事のお許しをいただいています。
 出版社関係の方、申し訳ありません。画像を使わせていただいていています。
 このような形で、メールアドレスを公開しているためにゴミメールが大量に送られてきます。ゴミメールの中から、皆さんからの貴重なメールを選び出すために、以下の約束をお守りいただいて、メールをお送りください

e-mail 作成時に、
件名の最初に、「irdb」と記入してください

お手数をおかけいたします