今月のメッセージ



風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、

それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。

霊から生まれた者も皆そのとおりである。



ヨハネよる福音書第3章8節







主イエスは年老いたニコデモに言われました。

「あなたは新しく生まれる必要がある」。

けれどもニコデモは答えました。

「こんな年寄りのわたしが新しく生まれるなんて、そんなの無理です。

もう一度お母さんのお腹の中に入るなんてばかげたことを、

あなたは言っておられるのですか」。

するとイエスは言われました。

「新しく生まれるのは、あなたが自分の能力、

自分の経験、自分の努力に頼ってできることではない。

新しく生まれる力を与えてくださるのは、聖霊(神の霊)なのだ。

しかも聖霊は風のように、思いのままに、自由に働く。

どう転んだって自分が新しく生まれるなんて無理だ、とあなたが諦めているとしても、

聖霊はそんなあなたの諦めの気持ちに縛りつけられるようなお方ではない。

あなたの思いをはるかに越えて、聖霊は自由に働くのだ。

あなたも聖霊の働きに自分を委ねてみないか」。

 

どうやったって自分にはできない、

そんな諦めの心がいつの間にか自分の心を支配していることに気づかされる時、

わたしはこのイエス・キリストの言葉をよく思い起こします。

神はわたしたちを心から愛しておられる。

だからこそ神はペンテコステの日に、聖霊を注いでくださいました。

そして今もわたしたちにご自分の霊を惜しみなく与えておられます。

神の霊は今生きておられ、わたしたちの間で力強く働いておられるのです。

どんなに古び衰え、自分の力では決して立ち上がることなどできないと思う経験をする時にも、

わたしたちの思いをはるかに越えて、自由に、聖霊はわたしたちを慰め、助け、

新しい命に生かしてくださるのです。








戻る