今月のメッセージ





わが民よ、わたしがあなたがたの墓を開き、

あなたがたをその墓からとりあげる時、

あなたがたは、わたしが主であることを悟る。




エゼキエル書第37章13節










わたしたちの誰もが背負っていて、

しかも誰もが乗り越えることのできない弱さがあります。

それはわたしたちがみんな、

墓に向かって歩まなければならないという現実です。

誰もがいつかは死んでしまう。

そこで全てが終わってしまう。

しかし、そんな心を真っ暗にしてしまうような言葉が、

しかも誰に対しても突きつけられているこのような言葉が、

もはや力を持たなくなりました。

 

主イエスが死から復活されたのです。

主もまた一度確かに死なれました。

十字架に磔にされて息絶えられ、墓に葬られました。

けれどもそれで終わりではありませんでした。

よみがえられた。

墓から外へと出てしまわれたのです。

 

復活の主イエスを信じるわたしたちもまた、

よみがえりの望みに生きることができます。

わたしたちの目の前にある墓は、人生の終着点では決してありません。

神がその墓を開き、そこからわたしたちを取り上げてくださる。

死は必ず勝利に飲み込まれる。

死がわたしたちの人生を決定付けるものでなくなってしまった以上、

どのような不安、悲しみ、絶望の中を歩み時にも、

わたしたちから望みが消えてしまうことはありません。

よみがえりの主イエス、墓から出てこられたこのお方が、

どのような中にあってもわたしたちの希望となっていてくださるのです。









戻る