今月のメッセージ

あなたがたがわたしを選んだのではない。

わたしがあなたがたを選んだのである

そして、あなたがたを立てた。


ヨハネによる福音書第15章16節





主イエスがわたしたちを選んでくださったからこそ、

主がわたしたちをそれぞれの生活の場所に立てていてくださるからこそ、

わたしたちは生きていくことができます。

もしわたしたちが自分の力だけで立っていて、

必死で自分の足を踏ん張っているだけだとしたら、

わたしたちは簡単に崩れてしまいます。

 

それは神を信じることにおいても同じです。

わたしが自分で神を選び、この信仰の道を歩む決心をした。

そういう気持ちで、

自分に自信がある間は前に進んでいけるかもしれません。

しかしそういう自分の弱さ、

頼りなさを思い知らされるような経験をしたならどうでしょう。

思いがけない失敗をしてしまう。

年を重ねて、全く衰えてしまった自分の姿に、途方に暮れてしまう。

そんな時にわたしたちは決して自分の力で立ってはいられません。

これまでどんなに輝かしい生き方をしてきたとしても、

いや、かえってそういう過去にこだわるからこそ、

今の自分が余計に惨めに思えてしまう。

 

そんなふうに心が崩れて、もう立ち上がれないと思う時に、

主イエスはわたしたちに語りかけてくださいます。

あなたがわたしを選んだのではない。

わたしがあなたを選んだ。

あなたは自分の力で立っているのではない。

このわたしが、今あなたが生きている場所にあなたを立て、

あなたを支えている。

わたしは決してあなたを離れず、あなたを捨てない。

だから自分の弱さに心奪われるのではなく、

そのあなたを心から愛し、

大切に思っているわたしを見てごらん。

あなたを選び、受け入れ、神の子としてあなたを立たせるために、

わたしは十字架にいのちをささげた。

それほどまでにあなたを愛している。

 

主イエスがそう語りかけてくださるからこそ、

わたしたちはどのような中でも立って歩んでいくことができます。諦めに負けてしまいそうな時に、

それでもなお勇気と希望を持って前に進んでいくことができます。








戻る