ホットトイズ ムービー・マスターピース 
1/6スケールフィギュア 「エンジェルウォーズ」 ベビー・ドール


HOT TOYS Movie Masterpiece - 1/6 Scale Fully Poseable Figure: Sucker Punch - Baby Doll



去年公開された映画「エンジェルウォーズ(原題:Sucker Punch)」のヒロイン、ベビードールさんを
ホットトイズがムービーマスターピースシリーズでフィギュア化しました。
生々しいまでのリアル造形が特徴のこのシリーズですが、ベビードールさんもとても生っぽい出来栄えです。
公式サイトはこちら HOT TOYS Sucker Punch - Baby Doll

ヘソ出しセーラー服+ニーソ+武装、というヒロインが戦うこの映画を作ったのはザック・スナイダー監督です。
その前に撮った男映画「300」よりも、ある意味で漢気あふれる映画と申せましょう。
こんな感じのコスプレ女子が5人も出てくる映画ですが、内容はなかなかダークでハードです。
さまざまなシチュエイションで彼女たちは死闘を演じるわけですが、そのどれもがいちいちクライマックス仕様で、
その熱い戦いぶりには思わず息を呑んでしまいます。


  

武装はハンドガンとサブマシンガンと日本刀。
ほかに小物として劇中で使用されていた地図ケースや鍵、レシーバー。
ミニスカートから絶対領域を経てニーソにいたるラインとコントラストがとても美しいフィギュアです。




肌が浅黒いともっぱらの評判ですが、写真に撮るとそうでもないのが面白いところ。
これくらいの色のほうが白く飛ばず、撮りやすかったりします。
ただ表情のほうは、最初に出た見本の顔のような、可憐な印象のほうがよかったですね。
商品のほうは、ちょっとたくましい感じです。





服のほうも良く出来てはいるのですが、セーラーカラーは端で縫う構造上どうしても厚みがでてしまうので、
このようにもっさりとした感じになってしまい、どうしても劇中のイメージと離れてしまいます。
そこはしょうがないのですが、胸のリボンがゴム紐止めなので、縮む力でセーラーカラーを絞り上げて、
襟がどんどん立ってきてしまう不具合は何とかしてほしかったです。




大きさ比較

ねんぷちの顔よりも一回り大きく、ねんどろいどの顔よりも小さいくらい。
すごい塗装精度ですね。

良く見ると、ちょっと斜視ぎみですが…




さて、合成画像のほうですが、ものがリアルなだけになんだかコスプレ写真みたいになっております。
「不気味の谷」に落ち込んでなければいいですけど。






背景は、ショッカー基地もあったという横須賀の猿島です。
横須賀の三笠公園から小型クルーザーで渡りましたが、
島についてしばらくしたらデジカメが壊れるというアクシデントがありました。orz
幸いにもサブで持っていったコンデジで撮影を続けられましたが、アレには参りました。

この画像のベータ版は三週間ほど前にtumblrに上げているものですが、
色味や明るさを少しいじっている以外は、あまり変わってません。







背景は山の奥、ではなく新宿御苑です。
都会のど真ん中にもかかわらず、雨の降る日の御苑は人けもなく静かで、とても贅沢な場所でした。

この画像は背景とポーズがうまく嵌ったような気がします。
ヒジが90度までしか曲がらないので、思ったほどいいポーズが取れなかったり。

あと右手首はバンデージを巻いたようなカバーがあり、球状の関節パーツが隠れて見栄えはいいのですが、
おかげで可動範囲が狭められてしまって、やはりポーズが決めずらいです。
両立は難しいのでしょう。






照明の色などは合成時にうまく反映できたものの、やっぱりこのポーズはないよね〜という画像がこちらになります。

4方向から別々に光を当ててフィギュアを撮影し、それらを重ね合わせて1枚の画像にしています。
それぞれの方向の光の色を変えてレタッチすると、夜景などの複雑な光の環境に合わせるのが簡単になるのです。
あと、髪の毛やハンドガンのストラップが下を向かないよう、フィギュアを傾けて撮影してみたりと、いろいろな工夫があるんだよ?


でもやっぱりこのポーズはないよね…
腰から胸の可動とかはすごく良いんですが、あまりポーズに活かせないのも私のポーズ付けスキルの低さの現われ。






背景は雨の新宿御苑。
シャッタースピードの関係で雨粒みたいに速いものは写らないので、水滴は全て合成です。
遠景の水滴はCG。
大きめの水滴は、噴水から吹き上がる水を短いシャッタースピードで撮影したものを横向きに合成したものです。
向かって画面右が、噴水の上のほうですね。
実際はもっといく筋も水が吹き上がっていたのですが、要らない部分は消しました。

最初のイメージでは、剣の軌道の水滴が血で赤く染まっている感じだったのですが、
実際に赤く色をつけたら、あまりにスプラッター過ぎたのでやめました。






背景は浅草付近の隅田川。
黒い川面に映えるネオンが美しいところでした。

こちらは2方向から照明を当てたものを別々に撮影し、合成して色を合わせております。
それでもちょっと合わなかったので、背景を青く明るくして髪の毛の照らされ具合と合うようにしてみたり。(ずっこい)

照明の加減か、ベビードールさんの目が潤んでいるように見えます。


2012年8月3日 20:26:14
TOPへ戻る
INDEXへ