here Studio Homepage Builder Version 11.0.0.0 for Windows">

アルター バンブーブレード 川添 珠姫 (1/8スケール)

今回は、「バンブーブレード」のタマちゃんこと、川添珠姫ちゃんです。
たまきちゃん、ということで当サイト「TAMAKI's little Treasure」とのゆかりを、一方的かつ勝手に感じずにはいられません。

タマちゃんは、アニメ「バンブーブレード」の主人公です。(…原作コミックは未読なのです)
剣道の道場を開いる家に生まれ子供のころから剣道を習い、天性の素質を開花させつつある女子高生。
また、セリフをそらんじるほどの「超剣戦隊ブレードブレイバー」(特撮番組)好き。
普段はちょっとぼんやりして、とつとつと小声でしゃべる感じの女の子なんですが、
竹刀を持ったり、「ブレードブレイバー」の話題になったりすると、とたんに活性化するお茶目さんです。




タマちゃんは、かなりフィギュア化のチャンスに
恵まれたキャラで、今回は4回目。

このアルター版は、アニメのイメージどおりの表情と、
アニメを超えるリアルな肢体で立体化された、
大変良いフィギュアとなっております。

全身に施された美しいブラシ、
また制服の細いラインや、爪の色など、
細かい部分まで塗装も行き届いています。






欲を言えば、スカートとソックスがなんかツヤツヤしすぎに見えて、素材感に乏しい気がします。
革のスカートと、OL御用達の黒ストのソックスみたいに見えるのです。



竹刀も、ディスプレイ中は見えない裏側の弦や、先革の縫い目までリアルに再現してあります。
ミニチュア竹刀の最高峰でしょうか。

ちなみに、フィギュアと同梱されていた説明書に、この弦のほうをフィギュアに向けて飾ってください、と書かれているのですが、
わたしはこれ全然読まずに、うっかりと前に向けて合成画像を作っちゃいました。orz




実は私はキリノ部長派なので、「タマちゃんの良いフィギュア」というだけでは積極的に購入に踏み切れなかったのですが、
そんな私のハートを撃ち抜いたのがこのおみ足でした。
細からず太からず、張りがありつつ柔らかそうという、すんばらしい造形の脚です。
一流のアスリートの脚は、筋肉質でありながら普段はとてもプニプニしているものだそうですが、
このタマちゃんの脚はまさにそんな感じに見えるのです。
眺めていて飽きません。




それと、足の指にここまで表情を持たせたフィギュアもなかったと思うのです。
足の親指をひねったかんじなど、とてもよく表現されています。足フェチ垂涎の指先です。

最近は使われなくなりましたが、キリリとカッコイイ女性をさして「小股の切れ上がったいい女」という慣用句があります。
実はこの「小股」とはどこか(なにか)ということは、はっきりとはわかっておらず諸説があるのですが、そのなかに、
「小股」とは足の親指と人差し指の間のことで、親指をこのようにひねると脚全体が引き締まり美しく見えるが、
これが「小股の切れ上がった」という状態である
、という説があります。(TVなどの特集ではよくこれを採用しているようです)
であるならば、このタマちゃんはまさに「小股の切れ上がったいいフィギュア」、というわけですね。


ちなみに作家の井上ひさしは、「小股が切れ上がる」とは「土手高な女性」のことだという説を著作で唱えているそうです。
なにをいっているんだ井上…という感じですが、
まあそいう意味だとしても、このタマちゃんフィギュアは「小股の切れ上がったいいフィギュア」、
といえるかもしれません。


おまけフィギュアの、ディフォルメタマちゃん。
個人的にはキリノ部長のマスコットのタマちゃんなら超うれしかったのですが…

本体のフィギュアと同じく、全身に細かくブラシがけがしてあって、
制服の細いラインもきっちり入れてあります。
小さいフィギュアなだけに、本体よりも仕上げが大変そう。

あまりに出来がすばらしいので、
それを喜ぶべきか、
それにもかかわらずマスコットで無かったことを惜しむべきか。
ちょっとリアクションに困ります。





digirama デジラマ 合成画像

さて、


とってもかわいいタマちゃんですが、



ここでちょっと目の色を変えます


digirama デジラマ 合成画像


あと、周りにあやしげな模様も入れました













digirama デジラマ 合成画像


つけ毛(figma関羽の後頭部)を合成して、ツインテールにしてみました





さらに、
ギターを合成すると…





ドッギャアアアアアアアン!

digirama デジラマ 合成画像


何がいいたいかは言わないけれど、いいたいことはわかっていただけたと思います。



我慢できませんでした。アルターさんごめんなさい。




digirama デジラマ 合成画像

気を取り直しまして、合成いきます。
さっそくですが竹刀の向きが反対です…
アルターさんごめんなさい。

体育館の床にぺたりと座り込んで、物思いにふけるタマちゃん。
タマちゃん自体の合成はまあ簡単なんですけど、
いつものとおり床への映りこみの処理が面倒で、そこがまた楽しかったりするのです。


背景は、近所の公民館にある体育館です。
体育館の中の素材写真なんてなかなか撮影できないのでありがたい限り。




digirama デジラマ 合成画像

猫と娘

普通の屋内で竹刀ばかり抱えているのも、なんかシュールな絵になるので、代わりに何を抱かせようかと思案した末、
実家の猫を合成して抱かせました。

フィギュアと実際の猫では、テクスチャーの情報量にかなりの差があるために、画像上でイマイチ馴染みませんが、
この画像のメインテーマはタマちゃんのキュートな足裏なので(そうなのか)、さほど問題ではありません。ありません。




digirama デジラマ 合成画像

縁側でひなたぼっこ

縁側で竹刀の手入れでもしていたところでしょうか。
斜め上から見たタマちゃんもかわいらしいです。
あと、例によって竹刀の向きが逆です…


背景は「江戸東京たてもの園」の移築民家。猫は上と同じく実家の猫で、合成です。
タマちゃんの合成は影を含めて2時間かかりませんでしたが、猫合成は光源の向きがちょっと違うのを修正するのもあって、
4時間ほどいろいろと試すすがめつやってました。
でもやっぱりなんか変です。

ぐぬぬ…、猫合成は難しいのかもしれませんね。



2009年5月31日 5:46:00
TOPへ戻る
INDEXへ
digirama デジラマ 合成画像:アルター 川添珠姫 バンブーブレード たまちゃんdigirama デジラマ 合成画像:タマちゃん (川添珠姫)