お知らせ

主な活動

定期大会定期大会

 新潟大学職員組合(新大職組)の最高意思決定機関です。年に1回の定期大会を開き前年度の総括と新執行部の活動計画や予算案を報告します。また、必要に応じて臨時大会を開くこともあります。
 大会への代表は分会ごとに、その構成員に応じた数の代議員が選出されます。

団体交渉団体交渉(学長・理事交渉)

 大学の法人化に伴い、大学側との労使関係は、労働基準法・労働契約法など民間企業と同様に団体交渉権を手にしました。 新大職組は精力的に大学側と団体交渉をおこない、大学で働く教職員の雇用と労働条件を守り、より良いものとするために力を尽くしたいと思っています。

中央委員会中央委員会

 中央委員会は、定期大会に次ぐ決議機関であり、定期大会から次の定期大会までの間、その決議(予算の追加と修正等)を行うことができます。各分会から選出された中央委員により構成され、年に一回、開催されます。中央委員の数は定期大会より少ない代議員数となっています。

中央執行委員会中央執行委員会

 中央執行委員会は、具体的な組合活動を進める執行機関です。委員は定期大会の前に組合員による選挙によって選出されます。重要なとりくみの際は、より多くの組合員の意思を反映するため、分会代表者会議に諮ります。現在、中央執行委員会は概ね月2回開催されています。

集会・学習会集会・学習会等

  • 旗開き
  • メーデー参加
  • 各種署名活動
  • 押し花教室(医分会)
  • あらまき等斡旋(医分会)

情報発信、福利・厚生情報発信、福利・厚生

  • 新大職組新聞(速報版、かわら版)を活用し組合活動の最新情報を提供します。
  • 組合員の親睦を深めるためレクリエーションを企画運営します。(新大職組コンサート、ボウリング大会、 スキーツアー、日帰り温泉ツアー、キス釣り大会等)